家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

ハウスメーカー 費用・価格

ハウスメーカー最安値まとめ!新築は安くていくらで建てれるの?

 

ハウスメーカーは全国に何社も存在します。ハウスメーカーの坪単価をまとめた記事でも何社かピックアップしていますが、紹介しきれないほど数があります。家を建てるならハウスメーカーで建てたいと考えている方も多いと思います。ハウスメーカーを選ぶに当たってやはり費用は重要ですよね。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

省エネ猫
予算内で家を建ててくれるハウスメーカーを探したいな
ハウスメーカーによって費用は全く違うからね!
ローコス犬

 

需要があるかはわかりませんが、ハウスメーカーの最安値を一覧化してみました。憧れのハウスメーカーでも最安値の商品であれば手が届くかもしれませんよ!

 

注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?
注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?

  ネットで簡単に注文住宅の見積もりができるサービスがあるのをご存知ですか?気になるハウスメーカーに電話をかけたり、お問い合わせをしたり、展示場に足を運んだりする手間が掛からず、自宅で簡単に ...

続きを見る

 

住宅ハウスメーカーの最安値まとめ

 

ハウスメーカー最安値まとめ

 

各ハウスメーカーの最安値をまとめてみました。気になる住宅メーカーがあれば直接公式サイト(商品紹介ページ)に飛べますので、ご活用ください。最安値の金額は公式サイトの情報、住宅ポータル情報サイトの情報を参考にしていますが、家を建てる地域や商品、家の広さによって上下しますので、参考程度にお考えください

 

ハウスメーカー
(最安商品名)
最安値(目安)特徴など
レオハウス
(大人気の家 CoCo)
1,070万円〜完全自由設計の住まいを売りにしている。全国で24,000棟以上/年の実績があり、「金額の納得感」 No.1を3年連続獲得するなど、ユーザーの評判もいい。
ウィザースホーム
(クララ KuLaLa)
1,200万円〜安心子育てや家事などをする主婦の声を参考に作られた商品。女性が使いやすい空間を実現。1,000万円台〜。
アイダ設計
(888万円の家)
888万円〜888万円の家という商品名の通り、888万円〜家を建てることが可能。CMで話題になった555万円の家をグレードアップした商品。
セルコホーム
(プレミアムブリックスタイル)
1,640万円〜輸入したおしゃれ家具が似合うレンガの家。個性重視の外観の家に住みたい方はお手頃価格でGETできる!
クレバリーホーム
(CXシリーズ)
1,200万円〜外観タイルが魅力的。家事、子育てなど、住む人の願いを形にする自由設計。値段以上の価値のある家を建てれる。
アエラホーム
(PRESTO~さきがけ~)
1,517万円〜最新のシステムキッチン、システムバスルームを標準装備。外張W断熱を採用し、快適な空間を実現。坪単価39.8万円。
トヨタホーム
(LQエルキュー)
1,600万円〜選べるデザインでかっこいい家を建てよう。トヨタホームは「鉄骨ラーメン構造」を採用。世界のトヨタの技術があなたの家を守ります。
タマホーム
(木麗な家)
1,200万円〜耐震等級が最高ランク「等級3」。タマホームの中でもコスパ最高の家と言われている。夢を叶える自由設計。
アイフルホーム
(i-Prime7)
700万円〜基本本体価格が1000万円以下という破格の値段のi-Prime7シリーズ。どこにいても家族の気配を感じられる空間を提供。
アキュラホーム
(1,000万円台)
1,000万円〜収納たっぷりの家、狭小地を活かす家、庭にこだわる家など、条件・こだわりに対応可能。建築実例集などを参考に選ぶいいでしょう。
エースホーム
(アンディ)
1,240万円〜エースホームの次世代住宅。地震に強く、デザインもおしゃれ。最⾼ランクである耐震等級3。
ユニバーサルホーム
(フェリーチェロ)
1,200万円〜明るい外観と木彫のウッドデッキが特徴的な家。地熱床システム、高性能外壁材ALC、発砲ウレタンフォームなど低予算で充実した内容の家が手に入る。
住友不動産
(シティハウススタイル)
1,800万円〜マンションスタイルの戸建て住宅をイメージ。内観のカラーバリエーションは合計3つ。高級マンションで使われている装備を標準に。
富士住建
(完全フル装備の家)
1,700万円〜関東エリアだけで注文住宅7,000棟の実績。ハイグレードデザインキッチン、テレビ付システムバスなどが標準で装備。しかも、自由設計。
桧家住宅
(スマート・ワン)
1,295万円〜生活スタイルに合わせて2シリーズから選べる。デザイン性、快適性を重視した標準仕様は、気にいること間違いなし。
ロイヤルハウス
(comuni)
1,385万円〜キッズデザイン賞を受賞するなど、子育てに適した家を提供してくれる。センターキッチンやチャットボードなどが充実。
アルネットホーム
(CREA STYLE)
1,300万円〜基本プランが150以上。好みの間取りを選んでオリジナルの家づくりができる。毎日使う設備やこだわりのインテリアをグレードアップ可能。
東栄住宅
(趣暮SHUKURA)
 1,000万円〜注文住宅と分譲住宅をいいとこ取りした住宅。グループ力を駆使して、膨大な土地情報の紹介も可能。年間36,000棟の戸建住宅供給実績あり。
ヤマト住建
(エネージュIP)
1,600万円〜価格が明確で安心。豊富に取りそろえた最新の設備・仕様が自由に選べる。アフターサポートも充実。
イシンホーム
(夢現未来)
1,600万円〜圧倒的な標準装備と高性能ソーラー発電が魅力の夢現未来。好みのスタイルを選んだら、テイストにマッチするようにコーディネイトしてくれる。
一条工務店
(セゾン)
1,800万円〜ヨーロピアンデザインと天然素材にこだわった家。上質感のある外観デザインは人の目を引くに違いありません。
土屋ホーム
(New ネオ レジェンド)
1,650万円〜24時間空調システムを採用し、エアコン一台で全室冷暖房する住まい。ライフスタイルに合わせた全70プランを用意。
日本ハウス
(Jステージ・シリーズ)
1,800万円〜多彩なプランを用意。コストパフォーマンスに優れた家を建てたい方におすすめ。気密・断熱性能も充実の家。
イザットハウス
(ソラシア)
1,790万円〜家計に優しい、太陽光発電、エコキュート、外断熱を採用したZEH住宅。35年の光熱費で1,000万円以上差が出ることも。
オーガニックハウス
(キーストン)
2,000万円〜大きなガラス面の出窓が特徴的。イザベル・ロバーツ邸をモチーフにデザインは街の注目住宅となるでしょう。

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

ハウスメーカーで安く家を建てる方法

 

この記事をご覧になっているあなたは、どうしてもハウスメーカーで家を建てたい!と思っているのではありませんか?そんなあなたのために、ハウスメーカーで少しでも安く家を建てる工夫をご紹介します。

 

ローコス犬
小さなコストカットでも、それがたくさんあれば大きく価格を下げることができます。「塵も積もれば山となる」の精神で、一つ一つコストカットしていきましょう!

 

ハウスメーカーで安く家を建てるために、主に6つのコツがあります。早速、見ていきましょう!

 

シンプルなデザイン、間取りにする

 
シンプルなデザイン・間取りにする
同じ総床面積であっても複雑な形をしていると、作業工程や外壁の面積などが増え、費用が高くなってしまいます。なるべく凹凸を無くした、正方形に近いシンプルなデザイン、間取りにすることでコストを抑えられます

 

2階建てにする

 
二階建てにする
一番コストパフォーマンスが良いのは2階建てです。平家は基礎部分や屋根の面積が大きくなるため、意外と割高なのです。
2階建ての家は、コスト面だけでなく、耐震性や耐熱性など機能面でも優れているので安心ですね。

屋根の形は、切妻屋根や片流れ屋根が一番ローコストです。
正方形で、2階建て、そして切妻屋根か片流れ屋根の家が、価格を抑える上では理想的な形と言えますね。

 

外壁でコストダウン

 
外壁でコストダウン
面積の大きい外壁は価格に大きく影響します。こだわりがなければ、既製品の安いものを使うと価格がグッと抑えられますよ

 

内装のデザインをシンプルに

 
内装のデザインをシンプルに
フローリングやクロスも統一すると、材料費の節約になります。
また、お洒落で見栄えが良いですが、作り付けの家具や収納もコストカットのためには最低限にしましょう。同じものであっても、既製品の方が1/3ほどの価格で済むそうです。

 

住宅設備や建材料はローコストなものに

 
住宅設備や建材料はローコストなものに
床材や窓、水回りやキッチンなど、様々な種類があり迷ってしまうポイントだと思います。

見た目が良く機能的なものは魅力的ですが、グレードアップすると追加費用がかかり、簡単に総工費が跳ね上がってしまいます。こだわりがなければ、ここの価格を抑えておくことで、大きなコストカットに繋がるでしょう。

 

水回りをまとめる

 
水回りをまとめる
トイレ、お風呂、洗面所、キッチンがバラバラの場所にあると、配管が長くなってしまうので、工事費や材料費が高くなってしまいます。
水回りのまとめることで効率の良い配管工事ができ、コストカットになりまよ

 

以上、ハウスメーカーで家を安く建てる6つのコツをご紹介しました。とは言え、せっかく家を建てるのだから色々とこだわりたい気持ちもありますよね。

お金をかけるところと、コストカットしても良いところをしっかりと決め、ローコストで、かつ納得のいく家造りを目指しましょう!

 

この記事が、少しでもあなたのお役に立ちましたら嬉しいです。

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-ハウスメーカー, 費用・価格

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.