アキュラホームの坪単価と総額は?リアルな価格相場はズバリコレ

アキュラホーム 坪単価目安

アキュラホームの坪単価と総額は?実際に建てた方の実例と価格相場

 

アキュラホームと言えば「坪単価が低い!」と真っ先に話す人もいるのではないでしょうか。相場よりも価格が安いことが有名なハウスメーカーです。家の建築を検討中の人ならば、どれぐらい安いのか気になりますよね。価格が安い理由や、商品の特徴なども気になるところです。

 

そこで今回はアキュラホームの商品別坪単価について解説をします。アキュラホームの特徴と、どうして価格を抑えることができるのかも解説をするので参考にしてください。

 

こちらもチェック

注文住宅の相見積もりサイトまとめ

 

クリック移動【目次】

アキュラホームの坪単価は約30万〜70万円【総額目安】

 

アキュラホーム全体の坪単価は30万〜70万
アキュラホームの坪単価は30万~70万円程度です。そんなアキュラホームでは、幅広い商品を扱っているのが特徴です。最新技術を積極的に用いていて、機能性の高い家を建ててくれます。

 

ローコス犬
高性能な家をこの坪単価で建ててもらえると考えると、アキュラホームの家はとてもコストパフォーマンスがよいといえるでしょう。

 

坪単価が30万円〜70万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

坪数本体価格
【総額目安】
20坪600万〜1,400万円
25坪750万〜1,750万円
30坪900万〜2,100万円
35坪1,050万〜2,450万円
40坪1,200万〜2,800万円
45坪1,575万〜3,150万円
50坪1,500万〜3,500万円

 

アキュラホーム言えば元大工で有名のカンナ社長、匠の心で魅力的な住まいを実現します。ローコスト住宅の先駆けとして、設立当初から有名でした。低い坪単価を見ると、当時のローコスト住宅は今もなお引き継がれていることがわかります。ただ高値の坪単価70万円は一般的な金額です。最近のアキュラホームは、ローコストだけにこだわるのではなく、幅広い希望に応えるハウスメーカーになったことが坪単価から伝わってきます。ただし、適正価格を掲げる志に変わりはありません。

 

ココがポイント

  • アキュラシステムの採用
  • ジャーブネット(JAHBnet)の主宰
  • 直接施工
  • 計画配送
  • 施工の合理化

 

アキュラシステムとは、独自に開発されたシステムです。アキュラホームは、家づくりに関する約2万項目をデータベース化し、人件費と材料費を丹念にバランスよくなるよう見直しました。高品質な住まいを適正価格で建てる仕組みです。ジャーブネットは、全国約250社による日本最大級の工務店ネットワーク、資材を大量一括共同仕入れすることで適正価格を実現します。

 

またアキュラホームでは、下請け孫請けを採用しません。直接施工か提携協力業者による施工体制です。中間マージンをカットする体制を整えています。
計画配送もコストを抑える仕組みのひとつです。搬入回数を削減することで輸送費を抑えます。あらかじめ加工された材料を計画配送することで、現場の作業効率を図り人件費を抑える仕組みです。

 

アキュラホームでは合理化も重視しています。ドアの上部に壁を作らずハイドアにする工夫など、職人の手間を削減する施工体制も特徴のひとつです。アキュラホームの坪単価が低いのは努力をした結果、適正価格の理由を見ればコストパフォーマンスに優れていることがわかります。

 

 

▼資料請求や展示場見学前にすべきこと▼

\完全無料/
間取りプランが豊富に届く

【実例紹介】アキュラホームで実際に建てた方の価格目安

 

実例1:2,300万円(30坪)/坪単価76万円

 

実例1:2,300万円(30坪)/坪単価76万円

 

お客様の声

こちらのハウスメーカーに関して口コミを書いていきたいと思います。まずこちらのハウスメーカーですが社長さんがもともとだったこともあり昨日家を作るのがとても上手なハウスメーカーだと思います。ですのでそこに妥協がないので昨日家と言うとすごくいいと思います。そして坪単価ですが他のハウスメーカーに比べるとそこまで安くも高くもないと思います。平均的な金額でやってくれるのでいいと思います。そして家のクオリティーがとても高いです。

大工さんがみんな社員と言うのはとてもいいと思います。自社の社員がやっているので責任感を持ってとても良いものを作ってくれます。

 

実例2:平屋の家 1,200万円(30坪)/坪単価40万円

 

実例2:平屋の家 1,200万円(30坪)/坪単価40万円

 

お客様の声

確か坪単価は40万円でした。実家の母と姉が住む家の建て替えで、1階建ての家を建てました。オプションなどはほとんど付けずこの単価でした。こちらから何か注文をすると、規格外になり追加料金がかかると説明してくれたのである意味親切だと思いましたが、ちょっとしたことでもお金がかかることから、そこは担当者の器量でなんとかしてほしいという気持ちにもなりました。

完成してかれこれ2年が経過しますが、使い勝手の良さと空間使いのうまさを改めて感じます。この価格では十分では無いかと思います。担当者、工事業者の対応は普通でした。

 

実例3:超空間の家 2,000万円(30坪)/坪単価66万円

 

実例3:超空間の家 2,000万円(30坪)/坪単価66万円

 

お客様の声

坪単価としては高くもなく安くもなくという感じでした。アキュラホームさんはCMが面白くて印象に残ってたんですが、元は埼玉の会社さんだったんですね。あまり関西では馴染みがなかったんでどうかなと思ってたんですが、全体的な安さは満足してますがいまいち安っぽい材料が多くて本格的ではなかったですね。とはいえ開放的で気持ちいいです。

これから家を建てようとしてるのであれば、やっぱりある程度のネームバリューというか大手の方がしっかりと作るし使う材料は選べていいです。予算との兼ね合いもあるので一概には言えませんが、家だけは安さを求めない方がいいと思いました。

 

実例4:木の家 1,700万円(33坪)/坪単価51万円

 

実例4:木の家 1,700万円(33坪)/坪単価51万円

 

お客様の声

アキュラホームの木の家は、良質な木材を使用されており、断熱性も良く、住みやすい家になるのですが、総額がわかりにくいところが欠点です。自分の場合は、初期段階では予算内だったのですが、結果的には予算を少しだけオーバーしていました。初期段階で予算内を提示しているのだから、なんとか工夫して予算内にしてほしいと感じました。

担当者も、家の知識があるのか、ないのか、よくわからない感じで、こちらが聞くと、わからないことは他の営業マンに聞くと言った感じだったので、しっかりとした営業指導と家の知識をつけてほしいと思いました。

 

実例5:趣味を活かす家 1,750万円(33坪)/坪単価53万円

 

実例5:趣味を活かす家 1,750万円(33坪)/坪単価53万円

 

お客様の声

太陽光パネルの設置やキッチン、お風呂などの水回りにこだわったため、坪単価は約53万円と想定以上に高くなりましたが、出来上がった建物は非常に満足度の高いものになりました。これから家を建てる方へのアドバイスは「選択する際は可能な限り現物を確認すること」です。家づくりを進めていく中でキッチンやお風呂、お手洗い、窓やドア、照明など現物を見ずにカタログから商品を選択する機会が多々あります。

カタログと現物では印象が異なるものが意外と多く、家を建ててからでは変更もできないため、後悔をしないためには各商品のメーカーの展示場を可能な限り見に行き、現物を確認した中で選択することをおススメします。

 

人気ハウスメーカーとの坪単価比較

 

アキュラホームの坪単価を人気ハウスメーカーと比較します。

住宅メーカー名構造坪単価
アキュラホーム木造30万〜70万円
秀光ビルド木造30万~55万円
タマホーム木造35万〜80万円
アイダ設計木造30万〜60万円
クレバリーホーム木造30万〜75万円
アイフルホーム木造35万〜100万円

 

ローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーと比較をしても坪単価に大きな差はありません。ただアキュラホームは「わかりやすい商品コンセプト」と「サポート体制の充実」に優れています。わかりやすい商品コンセプトで気になる住まいが見つけやすいです。

 

まずはお手軽に資料請求から始めたい人

≫ローコスト住宅専門のカタログ・資料請求

 

わかりやすい商品コンセプト

  • 新生活様式の暮らし
  • ペットと暮らす家
  • 2世帯の暮らし
  • 大収納の暮らし
  • 3階建ての暮らし
  • 平屋の暮らし
  • 賃貸併用の暮らし
  • 家事楽・収納充実の暮らし

 

コンセプトがわかりやすく、相談がしやすいのが特徴です。比較したハウスメーカーよりも分かりやすく商品を販売しています。またローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーは、サポート体制が乏しいといったデメリットがありますが、アキュラホームは充実しているのが特徴です。

 

アキュラホームでは、「永代家守り」を掲げています。末永く家族の安心・快適な暮らしを守り抜くサポート体制です。24時間365日緊急対応をしてくれます。大手ハウスメーカーではよくあるサービスですが、ローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーでは珍しいサポート体制です。

 

 

アキュラホームはこんな人におすすめ

 

アキュラホームは、コストパフォーマンスに優れた住まいを求めている人におすすめのハウスメーカーです。

 

ローコストで高いデザイン力を求めている人

 

アキュラホームの建てる住まいはデザイン性に優れています。各拠点に配置されたたデザイナーが一邸一邸に設計監修を行うのです。住まいを美しく見せるプロが監修をしてくれます。

 

アキュラホームの建てる住まい

  • 住まいを美しく見せるための100を超える独自のデザインコード
  • 広がりが満喫できるリビングデザイン
  • 景色との調和を踏まえた外観デザイン
  • 木の温もりがあふれるのびやかな佇まい

 

アキュラホームのデザイン力は自画自賛しているわけではありません。グッドデザイン賞により認められています。
アキュラホームは2020年度にグッドデザイン賞を受賞したことで、「9年連続累計25作品グッドデザイン賞受賞」の快挙を成し遂げたハウスメーカーです。デザイン性の高さは受賞歴からもわかります。

 

ローコストでデザイン力を求めているのならばアキュラホームがおすすめです。

 

ローコストで自由度の間取りを求めている人

 

アキュラホームは自由設計の住まいにこだわりを持つハウスメーカーです。木造軸組工法により、コストパフォーマンスに優れた自由度の高い住まいを実現します。

 

ココがポイント

  • 1mm単位で調節するアキュラホーム独自のパーソナルモジュール設計
  • ずっと快適に暮らせるかを考えた提案
  • ライフステージの変化に対応した設計

 

アキュラホームは、各室の扉の高さや幅の設定などを住む人の好みで調整できる1mm単位の自由設計を実現します。場所ごとに組み合わせのできるパーソナルモジュールの設計です。

 

30帖の無柱大空間など、いろいろな要望に応えてくれます。営業、設計、コーディネーター、現場監督がひとつのチームになって理想の住まいを建てくれます。ローコストで自由度の高い住まいを求めているのならばアキュラホームがおすすめです。

 

ローコストで耐震性の高い住まいを求めている人

 

アキュラホームは標準仕様で耐震性の高い住まいを建てくれるハウスメーカーです。耐震性が高い理由は次のとおりです。

 

耐震性が高い理由

  • 接合部を強固にするメタルウッド工法の採用
  • 床のねじれを抑えるトリプルストロング床の採用
  • 業界最強の壁、アキュラホーム独自開発の8トン壁を採用

 

上記の技術で自由設計と耐震性の高い住まいをローコストで実現します。地震の不安を少しでも和らげたい人はアキュラホームがおすすめです。

 

【アキュラホーム】商品別の特徴と坪単価を紹介

 

アキュラホームの大収納のある家の坪単価と商品の紹介

 

アキュラホームの大収納のある家の坪単価と商品の紹介

参照元:公式ホームページ

 

アキュラホームの商品のなかでも特に人気が高いのは、大収納のある家です。こちらの坪単価は30万円~50万円とされています。コストがあまりかからない点も人気の高い理由のひとつといえるでしょう。

大収納のある家の坪単価は30万円~50万円

大収納のある家の坪単価より、おおよその建築費用を算出してみました。

20坪の家600万〜1,000万円
25坪の家750万〜1,250万円
30坪の家900万〜1,500万円
35坪の家1,050万〜1,750万円
40坪の家1,200万〜2,000万円
45坪の家1,575万〜2,250万円
50坪の家1,500万〜2,500万円

 

荷物が多い方、収納がたくさん欲しい方にぴったりの家ですね。荷物がフロアに出ていると、見栄えがよくないので、収納をうまく活用すると綺麗・スッキリ空間が生まれますよ!

アキュラホームの大収納のある家の特徴
大収納の家では広々とした空間を使えるように、収納に関してさまざまな工夫をしているのが特徴です。

 

ローコス犬
大収納を実現することによって、ものをキレイに片付けることができ、その結果として室内に広い空間が生まれて、広々とした暮らしができます。

 

たとえば、リビングに大収納を設置することで、パーティーなどをしたとしても、後片付けが簡単にできるようになるのです。インテリアを収納しておき、季節ごとに部屋の模様替えを楽しむこともできます。

 

たとえば、階段の踊り場に大収納を用意して、そこにいろいろなものをしまっておけます。リビングは天井高3.8mの吹き抜けとなっていて、それが大収納を実現させています。間口が限られていたとしても、アキュラホームでは大収納のある家を建てることが可能です。敷地面積の限られている都市生活であっても、大収納のある家によってゆとりのある暮らしを実現できるでしょう。さまざまな間取りのプランに対応しています。

 

アキュラホーム大収納のある家の特徴は?間取りや価格帯などの評判
アキュラホーム大収納のある家の特徴は?間取りや価格帯などの評判

続きを見る

 

アキュラホームのZEHの家の坪単価と商品の紹介

そもそもZEH住宅とは?

参照元:アキュラホーム公式ページ

アキュラホームの展開するZEHの家坪単価は55万円~65万円程度です。エネルギー収支が0になるのが特徴の家です。さまざまな技術を結集させることによって、ネット・ゼロ・エネルギーハウスを実現しています。

アキュラホームのZEHの家の坪単価は55万円~65万円程度

具体的には、高断熱化を実現して、さらに省エネルギーの設備を整えているのが特徴です。これらに加えて、再生可能エネルギーを利用することで住まいでエネルギーを生み出してそれを利用する仕組みがあります。

 

ローコス犬
これらによって、毎月のエネルギー消費量を0、あるいはマイナスにすることができるのがZEHのメリットです。

アキュラホームのZEHの家の特徴

エネルギー消費の無駄を省くための工夫が満載であり、エネルギーを多く生み出して利益を得られる可能性もあります。毎月の光熱費の負担を抑えることができ、家計にやさしいです。また、地球環境にとってもやさしい生活を送れる家となります。

 

基本的にオール電化であり、消費電力を抑えるための工夫があります。システムによって、住まいのなかのエネルギー使用の状況を一括管理することも可能です。高気密で高断熱な家のため、冷暖房の効率がよく、どんな季節でも快適な空間で過ごせます。このような高性能な家を安い費用で建てられます。

 

アキュラホームのZEH住宅の特徴は?断熱性や価格帯をご紹介
アキュラホームのZEH住宅の特徴は?断熱性や価格帯をご紹介

続きを見る

 

アキュラホームの平屋の家の坪単価と商品の紹介

 

平屋の家の特徴

参照元:アキュラホーム公式ページ

アキュラホームから出ている平屋の家坪単価は45万円〜65万円となっています。一般的に平屋の家のほうが坪単価は高くなりやすいです。それでも、アキュラホームであれば、できるだけ坪単価を抑えて建てることができるでしょう。

アキュラホームの平屋の家の坪単価は45万円〜65万円

そんなアキュラホームの平屋の家は、さまざまな間取りを実現できるのが特徴です。たとえば、リビングをとても広い空間にすることができます。間仕切りを少なくして、間口を大きくし、開放的な空間にできるでしょう。和室を設置して、そこを寝室にして使うという間取り例があります。和の雰囲気のなかで毎日リラックスして就寝できます。

アキュラホームの平家の家の特徴

平屋にすることによって、子供からお年寄りまでが暮らしやすい家となります。バリアフリーの住まいにすることができ、段差がなく、階段もなく、毎日快適に過ごすことができるでしょう。必要なものがすぐ手の届く範囲にあって、ゆったりとした暮らしを実現できます。最低限の部屋数でよいという人におすすめです。

 

アキュラホームの平屋住宅、平屋の家の特徴は?間取りや坪単価を解説
アキュラホームの平屋住宅、平屋の家の特徴は?間取りや坪単価を解説

続きを見る

 

アキュラホームの二世帯同居の家の坪単価と商品の紹介

二世帯同居の家の特徴

参照元:アキュラホーム公式ページ

アキュラホームの提案する二世帯同居の家坪単価は45万円から55万円程度です。ほかのメーカーよりも比較的ローコストとなっています。

アキュラホームの二世帯同居の家の坪単価は45万円から55万円程度
二世帯同居の家では、それぞれの世帯が程よい距離を保ちながら生活できる空間を提案しています。親世帯と子世帯とでは価値観が異なり、ライフスタイルも違います。そのため、トラブルが生じる可能性が高いのですが、二世帯同居の家であれば、お互いをいたわりながらの暮らしを実現できるでしょう。

アキュラホームの二世帯同居の家の特徴

さまざまな間取りの事例があります。自由なデザインを取り入れることが可能であり、それぞれの世帯の希望を満たした間取りにすることが可能です。難しい要望であっても、伝えればできる限りそれを盛り込んでくれるでしょう。

 

アキュラホームの二世帯同居の家の特徴は?価格や間取りを解説
アキュラホームの二世帯同居の家の特徴は?価格や間取りを解説

続きを見る

 

ココイエ(Coco-ie)の坪単価

 

とことんこだわれる自由なデザインをうりにしているここちいい家ココイエは今、一番アキュラが推している商品です。名前が非常にキュートですね。ZEHにも対応可能な高気密・高断熱で、しかも耐震等級は最高ランクです。

ココイエ(Coco-ie)坪単価目安は30万円〜50万円前後とされています。

ココイエ(Coco-ie)の坪単価は30万円〜50万円
ココイエの最大の特徴は自由設計可能という点です。収納やキッチン、洗面所、居室などの内部空間は、1ミリ単位で設計可能です。

 

ローコス犬
1mmって凄いな!
プロ集団だからできる技だね!きっと。
省エネ猫

ココイエ(Coco-ie)の主な特徴

快適・愛着、安心・強さ、永続・住継...住宅において重要な要素を全て抑えているココイエは、家族に素敵な空間を提供してくれること間違いありませんね。

 

ココイエの坪単価より、おおよその建築費用を算出してみました。

20坪の家600万〜1,000万円
25坪の家750万〜1,250万円
30坪の家900万〜1,500万円
35坪の家1,050万〜1,750万円
40坪の家1,200万〜2,000万円
45坪の家1,575万〜2,250万円
50坪の家1,500万〜2,500万円

 

かなりコスパが良さそうですね。40坪前後でお考えの方は土地代金+2,100万〜でマイホームが手に入るので、全国平均よりもだいぶ安いですね。

 

アキュラホームの賃貸収入のある家の坪単価・特徴

 

投資物件や賃貸物件として扱うことができる家が「賃貸収入のある家」です。こちらは坪単価が50万円程度とされています。

アキュラホームの賃貸収入のある家の坪単価は50万円

こちらは可変性のある間取り設計を取り入れていて、自宅として使う部分とは別に賃貸として利用できる部分を用意することが可能です。

賃貸収入のある家の活用例
将来の家族構成の変化に応じて住まいのスペースを広げることもできます。あるいは、将来的には住まいを丸ごと賃貸にすることも可能なのです。さまざまな間取りプランを用意していて、いろいろなニーズに対応してくれます。

たとえば、賃貸併用タイプが可能です。賃貸住戸は1kでコンパクトな部屋にして、自宅は機能的な2LDKにするというプランを実現できます。同じ家の中に自宅部分と賃貸部分を持つことができて、持ち家で生活をしながら、賃貸として貸し出すことができます。

単身者タイプとして建てることも可能です。この場合は、シングル向けの部屋を多数用意することができます。それらをすべて賃貸として貸し出すこともできます。あるいは、いくつかの部屋を賃貸として貸し出し、残りを自宅として利用することも可能です。

それぞれのニーズに応じて最適なプランを提案することができるのが「賃貸収入のある家」の特徴です。

 

アキュラホームの三階のある家の坪単価・特徴

 

アキュラホームが提案する「三階のある家」坪単価が50万円から70万円程度です。

アキュラホームの三階のある家坪単価は50万円〜70万円

都市生活を100%楽しむことをコンセプトとして設計された家です。都市部特有の狭い土地を生かしたプランとなります。敷地が狭かったとしても三階建てにすることで広々とした住まいを実現できます。たとえば、三階建てで38坪の家を建てることが可能です。

三階のある家の主な特徴
それぞれのニーズに応じてさまざまな間取りプランを工夫することができます。

たとえば、縦長のスリットガラスを取り入れて、室内にやわらかな光を差し込ませることができます。ウォークインクロゼットを取り入れることで部屋をスッキリさせて落ち着ける空間にすることも可能です。

リビング内に階段を設置することができて、家族のコミュニケーションの機会を増やして、絆を深めることができます。二階のホールに書斎を設置したり、趣味の空間を配置したりすることも可能です。

 

アキュラホームの太陽光発電の家の坪単価・特徴

 

アキュラホームの「太陽光発電の家」坪単価が55万円程度です。

アキュラホームの太陽光発電の家の坪単価は55万円
こちらは太陽光発電システムとオール電化を組み合わせているのが特徴となっています。地球に優しくてとても経済的な暮らしを実現できるでしょう。太陽光発電によって二酸化炭素を排出せずにエネルギーを生み出すことができます。それが地球環境保護にも大きく寄与するのです。

太陽光発電の家の主な特徴
オール電化となっているため、節電することができます。また、二酸化炭素を排出せずにさまざまな家電を利用することができます。料理をしたり、お風呂に入ったりするのにも二酸化炭素が生じないため、とても地球に優しいです。

 

IHクッキングヒーターを設置することができて、火を使わずに料理できるため火事の心配がなく安心できます。火を消し忘れたとしても自動的に消えます。安全なエコキュートを設置していて、少ないエネルギーで効率的にお湯を生み出してくれます。

 

高性能な断熱材を用いて住まいを建てることができるため、より少ないエネルギーで生活できます。冷暖房の効率がとても高く、光熱費を大幅に削減できるでしょう。太陽光発電によって、光熱費を0にすることも夢ではありません。

 

また、HEMSが設置されていて、住まいのエネルギーの消費を見える化することができます。いつどこでどのくらいの電気が使われているのかをリアルタイムで確認できるのです。かしこく電気を使いながら暮らしていけるでしょう。節電意識も高まります。

 

大空間の家の坪単価・特徴

 

アキュラホームの提案する大空間の家は坪単価が50万円程度の住まいです。開放的なデザインを取り入れて、なおかつ最高性能を実現しています。

 

大空間の家はこれまでの木造住宅のイメージを一新することに成功しています。独自開発した耐力壁を用いることによって、大開口で大空間な住まいを実現しているのです。業界でもトップクラスの性能を誇る壁を用意しているため、自由な住まい設計を可能にしています。鉄骨を使わずに大空間、大開口を実現しているため、まさに新世代の木造住宅をいえるでしょう。小さい敷地であってもさまざまな間取りを実現することができます。2階建てだけではなく3階建てにも対応することが可能です。大型の車を2台以上駐車できるビルトインカーポートも実現できます。大きな地震や強風にもしっかりと耐えることができる強固な住まいです。

 

また、大空間の家は新世代木造住宅供給システムの認定を受けています。国からのお墨付きをつけていて、家づくりにおける合理化やコスト低減化に成功しています。そのため、高品質な住まいを適正価格で提供できるのです。大空間の家は木で広々とした空間をつくっていて、開放感があり、自然の光や風を取り込むことができて、とてもリラックスした暮らしを送れるでしょう。

 

ココがポイント

断熱性に優れているのも大空間の家の特徴です。家のどこにいたとしても温度差が少ないため、快適に過ごすことができます。冬場になっても温度差が少ないためヒートショックを防ぐこともできます。

 

大空間の家では家を建てたあとにも充実したサポートを受けることが可能です。長期無料点検やリフォーム、メンテナンスのサポートなども受けられます。

 

ペット共生の家の坪単価・特徴

 

アキュラホームのペット共生の家は坪単価が40万円から50万円程度の住まいです。ペットと共生することができる住まいであり、人だけではなく愛犬にとっても住みやすい家を実現しています。

 

ペットと共生を果たすことを重視して間取りやニオイ、掃除のしやすさなどが考えられています。傷がつきにくい素材を採用しているため、ペットを飼っていても安心できます。ペットを飼っているとお金がかかってしまうため、予算のことが気になるかもしれませんが、その点も十分に配慮しているのがペット共生の家です。

 

ペットと暮らしていくことを念頭におきながらも、人にとっても快適な住まいを実現することができます。さまざまな要望に対応してくれるため、気軽に希望を伝えると良いでしょう。

 

アキュラホームの値引き事情

 

適正価格やローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーは値引きをしない傾向があります。アキュラホームで建てた人の口コミを調べると、やはり値引きは0だったという声も見られました。しかし中には値引きが成功した人もいるようです。口コミを総合するとアキュラホームの値引き率は0~8%程度でした。ただ基本的には値引き交渉を断るスタンスのようです。値引き交渉を成功させた人の内容を紹介します。

 

ココがポイント

  • 決済値引き
  • オプション値引き
  • キャンペーン抽選による設備のプレゼント
  • ベネフィットステーションの値引き

 

オプション値引きの声が最も多く見られました。ベネフィットステーションとは、業界最大の福利厚生サービスです。勤めている会社が福利厚生として採用をしているのならば3%の値引きが受けられます。たまに、新規来場特典でクオカードプレゼントの特典を用意していることもあるので、ログインができる人は確認をしてからアキュラホームを利用しましょう。

 

アキュラホームで家を建てた方のブログまとめ【実際の坪単価も記載】

 

注文住宅で建てた詳細を紹介するブログはいろいろとあります。その中でも特に参考となりそうなアキュラホームで家を建てた方のブログを集めました。現在注文住宅で悩まれている人の教科書になるようなブログばかりです。

 

ホテルライクで大空間の家を建てる(施工:アキュラホーム)blog

 

ホテルライクで大空間の家を建てる(施工:アキュラホーム)blog

 

(参照元:ホテルライクで大空間の家を建てる(施工:アキュラホーム)blog)

 

「ホテルライクで大空間の家を建てるblog」は、マイホームに趣味を満喫するための大空間を実現させた「りょうくん」が運営するブログです。アキュラホームでキッチンが1カ所の二世帯住宅を建てています。

 

サイト名ホテルライクで大空間の家を建てる(施工:アキュラホーム)blog
坪単価約60万円(本体工事費のみ)

 

「りょうくん」はアキュラホームに決定する前、合計12社のハウスメーカーと相談をされています。「ホテルライクで大空間の家を建てるblog」では、相談したハウスメーカーの内容も紹介しているので参考にしましょう。積水ハウスや住友林業など、大手ハウスメーカーと相談した状況が描かれています。

 

ブログの内容

  • 着工までの打ち合わせが詳細に描かれている
  • アキュラホームが建てた家の住み心地について書かれている
  • アキュラホームの定期点検やアフターサービスがわかる

 

建て替えに伴い、アキュラホームと契約をされています。着工までの打ち合わせには、解体工事も含まれていました。同じような状況で注文住宅を検討されている人はいませんか。解体工事に関するトラブルも書かれています

 

アキュラホームで建てた住まいの住み心地も参考にしましょう。採用された窓についても、詳しく書かれています。結露の状況など、写真付きで説明しているのがポイントです。住み始めてからの情報は助かります。

 

また、ブログには住み始めてからのアフターサービスについても書かれているので、確認をしておきましょう。注文住宅で家を建てた人の中には、アフターサービスの後悔を口にする人が多く居ます。アキュラホームのリアルが確認できるブログです。

 

「ホテルライクで大空間の家を建てるblog」は、カテゴリーわけもしっかりされていて見やすくなっています。内容も上手に描かれているので、読みづらさがありません。参考にしやすいブログです。

 

アキュラホームで大空間の家づくり

 

アキュラホームで大空間の家づくり

(参照元:アキュラホームで大空間の家づくり)

 

「アキュラホームで大空間の家づくり」は、貯金ゼロからマイホームを実現させた「たろうさん」が運営するブログです。家づくりのほか、マイホーム資金をためるための法則なども紹介されています。

 

サイト名アキュラホームで大空間の家づくり
坪単価約80万円(初回提示)

 

「たろうさん」は、アキュラホームで契約をする前に、多くのハウスメーカーと相談をされています。相談時の体験談や詳細な内容も記載されているので参考にしましょう。住友不動産や積水ハウスなど、大手ハウスメーカーとのやり取りが書かれています。

 

ブログの内容

  • 申込金の返金状況について書かれている
  • アキュラホームとの打ち合わせ状況がわかる
  • 初回提示の際のリアルなやり取りがわかる

 

アキュラホームと関係はありませんが、「アキュラホームで大空間の家づくり」ではハウスメーカーとの返金トラブルが書かれています。高額な買い物なだけに、同じような状況が起こるかもしれません。どのような対応をされたかを確認しておきましょう。またアキュラホームの魅力についてもリアルな体験談で書かれています。「他の人ってどんな風に打ち合わせを進めているのだろう」と気になっている人はいませんか。打ち合わせの状況が分かりやすく描かれています。

 

初回提示されたときの状況も参考になりました。アキュラホームから提示された金額は大手ハウスメーカーと大差がありません。比較表なども書かれており、見比べることができます。比較をするときの参考になるので、確認をしておきましょう。

 

「アキュラホームで大空間の家づくり」は読みやすいブログです。いろいろなハウスメーカーとの打ち合わせ状況は参考になります。リアルな体験談が、まるで自分が体験したような感覚にしてくれるブログです。

 

アキュラホームの概要

 

会社設立1978年10月
構造木造軸組工法
居住タイプ2階建て、3階建て、平屋など
新築引渡し実績数19,221棟以上
保証期間初期保証10年(延長保証で35年)
公式サイトアキュラホーム公式

 

アキュラホームは40年以上の実績を持つハウスメーカーです。長年の実績から低コストでありながらも主要5項目で最高等級に対応します。

  1. 耐震等級(損傷・倒壊防止)
  2. 耐風等級
  3. 劣化対策等級
  4. 維持管理対策等級
  5. ホルムアルデヒド発散等級

 

上記主要5項目の最高等級に標準仕様で対応するハウスメーカーです。住みごこちのいい家をオプション仕様なしで建ててくれます。長年の実績が住まいの性能に反映されているのです。ただ残念なポイントもあります。対応エリアが狭く関東、東海、関西、中国の一部地域のみでしか対応をしていません。全国展開をしていないのがデメリットです。

 

まとめ

 

アキュラホームの商品別坪単価を解説しました。相場よりも安い価格ですが、安全面の手抜きはありません。素晴らしい受賞歴が認められている証拠です。さらにアキュラシステムによる、コストダウンの実現がわかりました。

 

低価格で家を耐えるのならば、アキュラホームを検討するハウスメーカーの中に入れるべきです。商品もわかりやすいコンセプトを持っていることから、自分のライフスタイルに合わせやすいことでしょう。確かに派手さはありません。ただ、安さと実績のあるハウスメーカーです。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

【PR】タウンライフ家づくり

-アキュラホーム, 坪単価目安

© 2022 みんなの注文住宅