住友林業の坪単価の相場は?実際に建てた人の費用や他社比較

※当ページの文章・画像・構成等は全てオリジナルコンテンツです。コンテンツ一部あるいは全部を無断転載及び複製等する違法行為は固く禁じます。

住友林業 坪単価目安

住友林業の坪単価の相場は?実際に建てた人の費用や他社比較

 

住友林業の坪単価は約60万円〜100万円と言われています。木造建築のイメージが強い住友林業、企業名に「林業」と入れているのですから当然ですよね。

 

ローコス犬
木のぬくもりを感じる、暖かで解放感のある家を建ててくれそうです。

 

木の家=住友林業を思い浮かべる方も多いと思います。

 

この記事では、

  • 住友林業の展開する商品の特徴と坪単価がわかる
  • 実際に住友林業で家を建てた方の坪単価を知れる
  • 各商品の特徴や価格帯を知ることできる

 

公式サイトではわかりにくい説明は噛み砕いてわかりやすく紹介していきますので、ゆっくりご覧になってくださいね!

 

注文住宅の見積もりや間取りプラン請求をご検討の方
≫注文住宅の相見積もりや比較サイトの正しい使い方を解説

 

紹介前に電話やLINE・ZOOM相談も可能です!!

 

住友林業の坪単価は60万円〜100万円が相場

 

住友林業の坪単価は60万円〜100万円が相場

 

住友林業の坪単価は60万~100万円程度です。

坪数 本体価格 総額費用
20坪 1,200〜2,000万円 1,600〜2,666万円
25坪 1,500〜2,500万円 2,000〜3,333万円
30坪 1,800〜3,000万円 2,399〜3,999万円
35坪 2,100〜3,500万円 2,799〜4,666万円
40坪 2,400〜4,000万円 3,199〜5,332万円
45坪 2,700〜4,500万円 3,599〜5,999万円
50坪 3,000〜5,000万円 3,999〜6,665万円

 

自社で育てたヒノキを使用した自然を感じられる注文住宅は、多くの人から定評を受けています。坪単価は100万円の大台に乗せていますが、予算に合わせた幅広い商品が用意されているので安心してください。予算と要望に合わせた住まいを実現します。

 

アンケート結果では、住友林業で家を建てた人の約97%以上が満足しているとありました。 坪単価の負担を上回るパフォーマンスが住友林業にはあります。

ココがポイント

  • 家づくりをサポートする専任チーム
  • 3DCGの活用により、設計段階での完成イメージが確認しやすい
  • 木の質感
  • BF構法の安心感
  • アフターサービスの充実
  • 耐用年数の高さ
  • 営業マンの対応力

 

家づくりはほとんどの人が初めてです。住友林業では、初めての家づくりをサポートする用意があります。「住み心地」「デザイン」「アフターサービス」「営業マン」など、すべての面において高評価を受けているハウスメーカーです。

 

坪単価以上の価値がある注文住宅が期待できます。住まいに自然を取り入れた人には、おすすめのハウスメーカーです。

 

\完全無料/
まずが夢を叶えるカタログを

人気ハウスメーカーとの坪単価比較

 

人気ハウスメーカーとの坪単価比較

 

住友林業の坪単価を大手ハウスメーカーを比較してみましょう。

住宅メーカー名 構造 坪単価
住友林業 60万〜100万
アイダ設計 木造 30万〜60万円
アキュラホーム 木造 30万〜70万円
クレバリーホーム 木造 30万〜75万円
ヤマト住建 木造 40万〜70万円
一条工務店 木造 45万〜80万円
積水ハウス 木造・鉄骨造 50万〜100万円
セキスイハイム 木造・鉄骨造 60万〜110万円
三菱地所ホーム 木造 60万〜120万円
ダイワハウス 木造・鉄骨造 65万〜150万円
スウェーデンハウス 木造 65万〜183万円

 

住友林業の坪単価60万~100万円は、他のハウスメーカーと比較をすると高額とまでは言えません。ローコストをウリにするアイダ設計の上値と住友林業の下値は同額です。ローコストハウスメーカーと同じような金額で建てられる可能性もあります。

 

住友林業は高額なイメージを持たれますが上値だけです。ローコストハウスメーカーで思ったよりも高額だった人は、住友林業で一度相談をしてみましょう。大差のない価格で素晴らしいパフォーマンスに出会えるかもしれません。

 

各ハウスメーカーの坪単価を知りたい方はこちら
≫ハウスメーカーの坪単価比較【全53社】

 

住友林業はこんな人におすすめ

 

住友林業はこんな人におすすめ

 

住友林業は木造住宅の最先端を行くハウスメーカーです。木の温もりを求めている人はもちろんのこと、自由度の高い間取りを求めている人にもおすすめをします。

 

自然素材である木の恩恵を受けたい人

 

住友林業と言えばやはりこだわり抜かれた木で作られた住まいです。木造を求めている人ならば、住友林業を検討から外すことはできません。木造住宅が持つ魅力は次のとおりです。

ココがおすすめ

  • 木造が家全体を優しい雰囲気にするためリフレッシュ効果が高い
  • 温かみと調湿性の高さが心地よさを生む
  • 耐久性が高い

 

木が持つ温もりや香りが嫌いな人はいません。無機質なコンクリート住宅とは違い、心と体に良い影響を与えます。調湿効果のある木はウイルスの蔓延を防ぐ働きもあり、これからの生活に必要です。人は、木の触り心地や香りから落ち着きを得られます。リラックス効果や、睡眠不足解消にも期待ができる素材です。

 

住友林業では木造が持つメリットを最大限に発揮した銘木を採用しています。他社よりも木を知り尽くしているのがポイントです。木の恩恵を最大限に得たい人は、住友林業をおすすめします。

 

間取りに高い自由度を求めている人

 

住友林業の特徴は、住む人の理想をかなえる自由設計の住まいです。住む人の間取りへの想いに耳を傾け、一邸一邸を丁寧に作り上げます。設計満足は総合で97.9%、多くの利用者が自由度の高い間取りに満足をしている状況です。

 

中でもビッグフレーム構法の自由度は、大手ハウスメーカーと比較してもトップクラス、560mmのビックコラムが耐震性と自由度を高めてくれます。木質梁勝ちラーメン構造のため、通し柱の制約がありません。各階で自由に壁の配置を選択できます。天井高の標準設定は2.4m、床下げなどを採用すれば最大3.52mの高さが実現できるほどの自由度です。

 

ココがポイント

  • 窓の位置が理想と違う
  • 開放感がもっとほしい
  • お気に入りの家具を設置したい

 

間取りに求める想いは家族によって違います。必要なのは、制約による制限の幅にゆとりがあること、住友林業のビッグフレーム構法は耐震性を維持したまま各階を自由に設計できるのです。自由度の高い間取りを求めている人は、住友林業のビッグフレーム構法をおすすめします。

 

充実したアフターサービスを求めている人

 

住友林業はアフターサービスにも定評があります。初期保証は30年、その後指定の有料メンテナンスを受けることで最大60年まで無料点検が実施されるサポート力です。初期が10年保証のハウスメーカーも多い中、住友林業のメンテナンスプログラムは助かります。坪単価が高額と思われるかもしれませんが、メンテナンス費用も含めて考えれば安いです。

 

最大60年保証の他にも、充実したサポート内容がそろっていいます。

さらに詳しく

  • 24時間365日のコールセンター対応
  • ライフスタイルの変化に伴うリフォームや外構対応
  • 賃貸や売却時の対応

 

耐久性の高い木造住宅だからこそ、長年にわたるサポートが必要です。住友林業では、住み続ける上で起きる可能性のある状況に対応できるだけの用意があります。充実したアフターサービスを求めている人は住友林業がおすすめです。

 

設計前に支払う5万円が気にならない人

 

住友林業は、間取りの提案を実施する前に5万円の支払いが必要なのは有名なお話です。住友林業が指定する地盤調査を受けなければ、間取りの提案を受けられません。敷地調査を無料で実施するハウスメーカーもあることから、5万円の支払いに納得ができない人もいるようです。しかも住友林業で契約をしない場合でも、敷地調査実施後は返金されません。どうしよかと悩む気持ちも理解ができます。

 

しかし住友林業は敷地調査で利益を得ようと考えてはいません。無料の業者よりも本格的な敷地調査を実施してくれます。専門業者に10万円を支払って受けられるような調査結果が得られるのです。細かい敷地調査が、より良い間取りを実現します。

 

他社にはない5万円の支払いは気になりますが、満足できる間取りを手に入れるためには仕方がありません。5万円が気にならない人は住友林業へ相談をしましょう。

 

住友林業の標準装備は?仕様をどこよりもわかりやすく解説
住友林業の標準仕様は?装備をどこよりもわかりやすく解説

続きを見る

 

【住友林業】商品別の特徴と坪単価を紹介

 

住友林業の提供する商品はかなり豊富で、通常の2階建て住宅以外にも3・4階建て住宅、平屋住宅などさまざまです。2020年現在住友林業の主力となっているラインナップ製品は以下の通りです。

 

商品名(業者名) 坪単価
THE Forest BF 60万円〜70万円
GRAND LIFE 70万円〜80万円
PROUDIO 60万円〜70万円
REMIUM TREE 50万円〜70万円
和楽 70万円〜100万円
konoka 60万円〜100万円
DUE CLASSO 60万円〜100万円
ikiki 60万円〜100万円
Resilience Plus 60万円〜100万円
BF Gran SQUARE ask
BF-耐火 60万円〜100万円

 

などがあります。他にもインテリアにこだわる家、子育てや家事のことをしっかり考えた家など、コンセプトやライフスタイルに応じた家づくりが可能です。家づくりの事例も豊富で、1,000通りの間取りから選べる点が特徴です。

 

二世帯つくし君
1,000通りってすごいね!これだけ数があれば、理想の間取りがきっと見つかるね
間取り決めは家づくりの中でもかなり重要なポイントだから、候補が多いといいよね!
ローコス犬

 

注文住宅の見積もりや間取りプラン請求をご検討の方
≫注文住宅の相見積もりや比較サイトの正しい使い方を解説

 

The Forest BFの坪単価と商品の特徴

 

The Forest BFの坪単価と商品の特徴

参照元:The Forest BF公式サイト

 

The Forest BF(ザ・フォレストBF)の坪単価は「60万円から70万円程度」です。坪数に応じた建築費用の目安は下記の通りです。

 

20坪の家 1,200万〜1,400万円
25坪の家 1,500万〜1,750万円
30坪の家 1,800万〜2,100万円
35坪の家 2,100万〜2,450万円
40坪の家 2,400万〜2,800万円
45坪の家 2,700万〜3,150万円
50坪の家 3,000万〜3,500万円

 

住友林業のホームページで最初に紹介をしている商品なので、一押しの家ではないでしょうか。高級感を味わえる設備に注目が集まります。

 

ここがポイント

  • 住友林業が誇るBF構法の採用で耐震性が高い。
  • 自由度の高い間取り設計が可能。
  • 高級感のある内装デザイン。

 

主な特徴は次のとおりです。

 

The Forest BFの主な特徴

 

コンセプトは、「四季の愉しみと出会える家」です。日本の美しい四季を暮らしに招き入れ、自然の「風」「光」「緑」を家のデザインの一部にします。それらを含めた家族の想い、The Forest BFは最高の形をデザインにしてくれる商品です。

 

The Forest BFの魅力は、設計力にも見られます。住む人の理想に近づける間取りの自由度の高さは折り紙付きです。さらに安心にも抜かりはありません。住友林業が自信を持って提供する「BF構法」を採用しています。自由度の高い間取りの実現は、BF構法があるからこそのものです。

 

ワイド560mmのビッグコラムが、耐震と耐久性に優れ、大開口や大空間の間取りを実現してくれます。強く、そして自分の理想が反映できる家、それが住友林業のThe Forest BFです。

 

ローコス犬
坪単価から見た価格は、相場から見ても適性と言えます。

 

The Forest(ザフォレスト)BFの価格や間取りは?住友林業の人気商品の評判
The Forest(ザフォレスト)BFの価格や間取りは?住友林業の人気商品の評判

続きを見る

 

GRAND LIFEの坪単価と商品の特徴

 

GRAND LIFEの坪単価と商品の特徴

参照元:GRAND LIFE公式サイト

 

GRAND LIFE(グランドライフ)の坪単価は「70万円から80万円程度」です。坪数に応じた建築費用の目安は下記の通りです。

20坪の家 1,400万〜1,600万円
25坪の家 1,750万〜2,000万円
30坪の家 2,100万〜2,400万円
35坪の家 2,450万〜2,880万円
40坪の家 2,800万〜3,200万円
45坪の家 3,150万〜3,600万円
50坪の家 3,500万〜4,000万円

 

ローコス犬
住友林業のなかでは割高ですが、それだけの価値のある質の高い住まいです。

 

大手ハウスメーカーが手掛けているので、高額な坪単価を見るとワンランク上のイメージを抱きます。グランドライフはそのイメージ通りの商品です。それは住友林業の「大地に護られ、緑に包まれる、贅沢な人生をはじめませんか」という言葉からも伝わってきます。

 

ここがポイント

  • 住友林業が誇るBF構法の採用で耐震性が高い。
  • 平屋住宅の家。
  • 基礎工事が広く必要のため坪単価が上がる。

 

主な特徴は次のとおりです。

 

GRAND LIFEの主な特徴

 

グランドライフの特徴は平屋住宅です。フラットにつなげた間取りは段差がないため、誰にでも使いやすい優しさを持っています。ワンフロアに住人全員が感じられる家、程よい距離感が家族のきずなをさらに強固にするのではないでしょうか。

 

平屋だからこそ、高い天井や大開口の窓から解放感を存分に得られます。制約が多くなる2階建て以上の家では得難いものです。木のぬくもりを感じながら解放感のある大きなリビングに住めるのは、住友林業のBF構法だからこそのたまもの、耐震性に関しても問題ありません。

 

グランドライフは、平屋のため基礎工事の範囲が広くなることから坪単価は高めです。しかし、得られる解放感を見ると相場通りの価格と言えます。

 

住友林業の平屋住宅、GRAND LIFE(グランドライフ)家の特徴は?間取りや坪単価を解説
住友林業の平屋住宅、GRAND LIFE(グランドライフ)家の特徴は?間取りや坪単価を解説

続きを見る

 

PROUDIOの坪単価と商品の特徴

 

PROUDIOの坪単価と商品の特徴

参照元:PROUDIO公式サイト

 

PROUDIO(プラウディオ)の坪単価は「60万円から70万円程度」です。これまでの坪単価と比べると、リーズナブルな価格となっています。

 

ここがポイント

  • 住友林業が誇るBF構法の採用で耐震性が高い。
  • 都市部で条件の厳しい土地にも対応が可能。
  • 間取りに地下室を入れることも可能。

 

主な特徴は次のとおりです。

 

PROUDIOの主な特徴

 

プラウディオの特徴は3階・4階建てです。「強く、自由に、美しく。」という言葉どおり、BF構法を採用して強さと解放感と自由を実現しました。3階建て以上になると、間取りの自由度が低下しそうなイメージを持ちます。しかし、ンセプトにもあるように、自由な間取りをかなえる設計対応力をプラウディオは持っているのです。都市部で土地を確保するのは大変なこと、限られた敷地の中に、できるだけ広い家を建てたと思うのは当然のことではないでしょうか。

 

ただ、解放感のない家にはしたくありません。プラウディオは、吹抜けという発想で、解放感のあふれるリビングを間取りに入れることができます。さらに地下室にも対応している商品なので、カラオケルームを作ることも可能です。間取りへの夢はどんどん膨らみます。すべては、住友林業が誇るBF構法と、設計対応力のおかげです。相場から言っても坪単価は非常にリーズナブルな価格と言えます。

 

【住友林業】後悔した・失敗したことまとめ!実際に家を建てた方からのアドバイスあり
住友林業の後悔した・失敗したことまとめ!実際に家を建てた方からのアドバイスあり

続きを見る

 

konokaの坪単価と商品の特徴

 

konokaの坪単価と商品の特徴

参照元:konoka公式サイト

 

konoka(コノカ)の坪単価は「60万円から100万円程度」です。リビングを中心にした間取りを提案するコノカ、女性の理想を求めた家づくりを実現する商品となっています。

 

ここがポイント

  • 女性目線で考えられた商品
  • ココリビングを採用。
  • たくさんのオリジナルアイテムを用意。

 

特徴は次のとおりです。

konokaの主な特徴

 

女性目線の商品だからこそ、たくさんのオリジナルアイテムを用意しました。「ファッション」や「インテリア」を選ぶような、こだわりのある、個性を叶える家づくりを実現させます。

 

コノカの特徴は、なんといっても「kokokiving(ココリビング)」による、こだわりのリビングです。忙しい毎日、だからこそリビングで寛げるときは好きなものに囲まれたと願います。気軽にママ友を呼んで、ちょとしたおしゃべりができるようなリビングを考えるだけでもワクワクしませんか。コノカのココリビングの発想が、女性目線の提案を実現に近づけてくれるのです。

 

家族の幸せは母親の笑顔から始まるもの、家がそれを手助けしてくれます。コノカはそんな商品です。

 

ローコス犬
女性の理想を叶える家づくりができるのがkonokaです。

 

ikikiの坪単価と商品の特徴

 

ikikiの坪単価と商品の特徴

参照元:ikiki公式サイト

 

ikiki(イキキ)の坪単価は「60万円から100万円程度」です。住友林業で二世帯住宅の家を建てるのならば、イキキを検討しましょう。

 

ここがポイント

  • 二世帯住宅に特化された商品。
  • 平屋から3階建てまで幅広く対応が可能。

 

特徴は次のとおりです。

 

ikikiの特徴

イキキでは、「2階建て隣居タイプ」「2階建て独立タイプ」「平屋独立タイプ」「3階建て独立タイプ」など、家族に合わせた二世帯住宅の提案ができます。コンセプトは「ほどよい距離感の二世帯住宅」です。ほどよい距離感は、第三者には分かりません。決められるのは、一緒に住む世帯同士です。どれほどの距離感が必要なのかをみんなで考え、建てるタイプによって保つことができます。交流スペースを設けた間取りも可能です。

 

いろいろな理想をかなえるため、坪単価の幅も広がっています。二世帯住宅を検討している人は、まず相談をしてみましょう。

 

住友林業の二世帯住宅「ikiki(イキキ)」の特徴や価格
住友林業の二世帯住宅「ikiki(イキキ)」の特徴や価格

続きを見る

 

和楽の坪単価と商品の特徴

 

和楽の坪単価と商品の特徴

参照元:和楽公式サイト

 

和楽の坪単価は「70万円から100万円程度」です。木をふんだんに利用した日本の伝統文化を継承する佇まいの外観は、見るものに懐かしさと優しさを与えてくれます。

 

ここがポイント

  • クラシックスタイルとモダンスタイルの2種類が準備されている。
  • 伝統的な和風の家。
  • 自然素材をふんだんに利用した家。

 

特徴は次のとおりです。

 

和楽の主な特徴

 

和楽のコンセプトは「自然の恵みと美しさを住いに採り入れ、心地良い日本の暮らしを」です。自然素材から醸し出される表情や感触、繊細さや温もり、これらが日々の暮らしのなかで一息休ませてくれる安らぎを与えてくれます。まさに自然素材からの恩恵ではないでしょうか。

 

和楽のタイプは「クラシックスタイル」と「モダンスタイル」の2種類です。日本の伝統を受け継いで表現をする家が理想ならば、クラシックスタイルの「雅」を検討しましょう。和の心地よさを保ちつつ、現代にアレンジしたい人はモダンスタイルの「華」がおすすめです。柔軟な対応ができる住友林業の「和楽」は、坪単価から見ても相場どおりの適性価格商品と言えます。

 

住友林業の和風モダン住宅・和の家「和楽」について解説
住友林業の和風モダン住宅・和の家「和楽」について解説

続きを見る

 

MyForest[GS]マイフォレストの坪単価と商品の特徴

 

MyForest[GS]マイフォレストの坪単価と商品の特徴

参照元:My-Forest[GS]公式サイト

 

My-Forest[GS](マイフォレストGS)の坪単価は「70万円から80万円程度」です。自由設計で建てることができるマイフォレストGSは、注文住宅商品となっています。

 

特徴は次のとおりです。

 

ここがポイント

  • 自由設計でつくる注文住宅。
  • 暮らしやすさを考えた間取りが実現できる家。

 

住友林業の設計力があるからこそ実現をした商品です。玄関周にウォークスルークロゼットを設置することで、室内はごたごたしません。リビングにポケットスペースを設けることで、多目的でちょっとした自由な空間ができます。動線に優れたキッチンは、家事の一助になること間違いなしです。

 

これらの理想を、かなえてくれるのが自由設計で建てる、注文住宅のマイフォレストGS、なんでもわがままに提案をしてみましょう。住友林業の設計力が理想に近づける間取りを提案してくれるはずです。

 

BF Gran SQUAREの坪単価と商品の特徴

 

BF Gran SQUAREの坪単価と商品の特徴

参照元:BF GranSQUARE公式サイト

 

BF GranSQUARE(BFグランドスクエア)の坪単価は「150万円から200万円程度」です。今までの坪単価と比べても倍以上に高い商品となっています。

 

ここがポイント

  • 広くて大きな邸宅(屋敷)の家。
  • 立方体創り出す上質な家。
  • 住宅建築の豊富な経験と見識を持つ建築士が設計。

 

特徴は次のとおりです。

 

BF Gran SQUAREの特徴
坪単価と特徴から見てもわかるように、ワンランク上どころかだいぶ上の商品です。家ではなく、邸宅、もしくは大邸宅を建てるときりの商品になります。邸宅なので、最低でも100坪は必要ではないでしょうか。坪単価150万円として100坪の家ですから、最低でも1億5千万円がひつようになる計算です

 

ローコス犬
。とびきりの建築士が付くのもうなずける商品となっています。

 

住友林業は値引きしない?

 

住友林業は値引きしない?

 

住友林業は値引きが期待できるハウスメーカーです。口コミを確認すると、500万円以上の値引きに成功したという内容も見られました。
しかし最近は値引きも厳しくなっているようで、高額な値引きは難しいようです。口コミから平均すると5~17%程度ということがわかりました。状況や担当した営業マンによって値引き金額は変動しています。

 

住友林業の値引き項目は主に次の3種類です。

  1. 住友林業を利用した施主からの紹介:15万円程度のオプションが付く
  2. グループ提携値引き:住友林業と提携している企業で勤めている人が対象
  3. 出精値引き:営業マンの努力値引き

 

グループ企業に勤めていると間違いなく値引きがされます。住友林業のモデルハウスに行くと「提携企業にお勤めの方は値引きができます」と記載されていました。マイホームの推進と、福利厚生の一環から値引きが行われています。

 

また、営業マンの努力で値引かれる内容もあるようです。決算月や年内の引き渡し棟数増加への協力など、いろいろな名目を付けて値引きをしてくれます。住友林業に依頼をする場合は、営業マンとの付き合い方も考えなければいけません。横柄な態度で打ち合わせをするのではなく、営業マンに「値引きをしてでも家を建ててほしい」と思われるような態度が必要です。

 

住友林業の値引き額は年々下がっていると言われていますが、値引きが0のハウスメーカーではありません。交渉をすれば値引きをしてくれるハウスメーカーです。

 

住友林業の最大の特徴は国内に社有林を所有

 

最初に、住友林業の特徴を把握しておきましょう。

 

自由設計で理想をかなえるためサポートチームを結成

 

自由設計で理想をかなえるためサポートチームを結成

 

住友林業は、住み続ける家で重要になる「住み心地・住まいやすさ」「外眼デザイン」「内観デザイン」で、利用者から高い満足度を得ているハウスメーカーです。満足度が上がる理由は自由設計で理想がかなうから、そしてその理想をかなえるために住友林業では、専任チームを結成しています。

 

大手ハウスメーカーにとっては、多くの客の中の一軒です。しかし、建てる人からすれば、かけがえのない一軒なのは言うまでもありません。営業マンは口だけならなんとでも言えます。「大切な家を一生懸命対応します」と言われても、どこまで信じでいいのか分かりません。信じられるのは、専属プロジェクトチームを結成するような一丸となったサポートをしてくれる事実ではないでしょうか。

 

ローコス犬
サポートチームは、設計した間取りをイメージしやすいように、3DCGでプレゼンをしてくれます。

 

建ててみないと日当たりがわからないなんてことは起きません。利用者にとってありがたいサービスなのは確かです。

 

住まいを彩る銘木へのこだわり

 

住まいを彩る銘木へのこだわり

 

住友林業は、国内に社有林を所有しているハウスメーカーです。木材へ拘りを強く持っています。利用者のからは「木の質感」で選んだという声もありました。

 

ココがポイント

「ウォルナット材」「チーク材」「チェリー材」「ジャパニーズオーク材」「マホガニー材」など、理想の間取りに合わせて選ぶことができます。

 

木へのこだわりは住友林業の特徴です。

 

安心して暮らすことができる性能と耐震性

 

安心して暮らすことができる性能と耐震性

 

ローコス犬
地震が多い日本だからこそ、耐震性は重要視しなければいけません。

 

住友林業は、耐震性能を証明するために、東日本大震災を超える揺れで実証実験を行い、それをクリアした実績があります。断熱性能は、高性能な断熱材や窓で熱の出入り口を遮断、快適な室内を実現しました。耐久性能は、湿気やシロアリ対策を施した木を使用することで、品質や美しさを保ちます。耐火性能は、一般の木造住宅よりも火災保険を安く抑えられる事実から、性能の高さがわかるはすです。

 

住友林業は、優れた性能を持つ家を建てる特徴を持っています。

 

満足ができる保証とメンテナンス対応力

 

満足ができる保証とメンテナンス対応力

 

住友林業は、建てたら終了という放置はしません。建ててからのロングサポート体制が充実している特徴を持っています。条件はありますが、最長で60年保証を受けることができるので、定期メンテナンスをうっかり忘れる心配もありません。

 

建てた後も家に対しお金はかかります。坪単価が反映されない保証やメンテナンスの考慮も大切です。

 

住友林業の家「いくらで建てた?」実際の声

坪単価は住友林業の中では高い方のラインナップ

商品名:My forest BF

建築費用:3,000万円/坪数33坪

坪単価:90万円

坪単価は住友林業の中では高い方のラインナップでした。私の記憶の限り、もっと坪単価の低いラインナップもあったと思います。予算に応じて決めるのが普通の流れだと思いますが、私たちは打ち合わせ中に結構金額が上昇しました。結婚式みたいな感じで上昇していったので注意が必要です。個人的にですが事前にSNSなどを活用して情報を収集し、実現させたい設備やデザインや照明について整理しておくことである程度の金額上昇を予想することが可能かなと思います。思っている以上にオプション項目が多いのでドンドン上がっていきますよ。

洗練されたおうちができました

商品名:スマート木達

建築費用:2,400万円/坪数33坪

坪単価:72万円

高いハウスメーカーのイメージがあっても、最初から近寄らない、と決めない方がいいと思います。実際に相談してみると営業さんや設計さんがとても親身になって一緒に考えてくださり、削るところは削り、ゆずりたくないところはゆずらない、洗練されたおうちができました。今住んで7年目で、床には少し傷がついたりしていますが、とても愛着のある、住むごとに味のあるおうちになったと思います。

家づくりは一生に何度もないことだと思うので、あまり妥協はせず、納得いくものに少しでも近づくよう色々なハウスメーカーさんを見学して見て欲しいです。

家内も平屋で良かったと言っています

商品名:GRAND LIFE Terrace Style グランドライフ テラススタイル

建築費用:1,800万円/坪数20坪

坪単価:90万円

他の業者のことは分かりませんが決して安いと思いません約90の坪単価ですがしっかりとした家が出来たと思います。将来を考え平屋建てなので部屋数、間取りは狭いですが老後のことを考えると平屋の結論になりました。家内も平屋で良かったと言っています。

2階建で寝室が2階の場合もし夫婦のどちらかが倒れた場合1階に病人を下すのがとても大変なTVを見たので危険を避けるために平屋建てにしました。狭いので子育て時代は大変ですが夫婦二人になるととても快適です。少し庭が有るととても使い勝手が良いので暮らしやすいと思います。

各メーカーの比較的ハイスペックなものが標準

商品名:The Forest BF

建築費用:8,000万円/坪数63坪

坪単価:126万円

坪単価が高いと聞きますが、高さだけのことはあると思います。木材や断熱剤にこだわり、ビッグフレーム構法という独自の構法で広いリビングや大きな吹き抜けを造ることができます。また丁寧なしっかりとした造りで機密性が高く、地域差はありますがオプションの床暖房を使用するだけで真冬でも外の気温を感じさせないほど快適に過ごせます。トイレやお風呂などの水まわりは各メーカーの比較的ハイスペックなものが標準になっています。

キッチンはキッチンハウスとのコラボ商品もあり、通常よりお得にキッチンハウスをいれることができます。営業、設計士、インテリアコーディネーターの方々もニーズをしっかりととらえてくださり、大満足な家づくりができました。

国から補助金が出たのも良かった

商品名:平屋

建築費用:3,800万円/坪数34坪

坪単価:111万円

断熱性が非常に優れていて、冬でも日中は暖房器具を使ったことがありません。床は無垢材で、素足で歩くとほんのり温かくすべすべで気持ちが良いです。坪単価は高いと思いますが、光熱費などは非常に抑えられると思うので、長年住むことを考えると初期投資として高い額を払うのは納得です。また、なにか不具合が生じたときの対応も、さすが大手、素晴らしいです。ZEH適用の家を建てたので、環境にも優しく、住みやすく、国から補助金が出たのも良かったです。地盤の調査から工事までも徹底していて、地震にも非常に強い家だと思います。

 

将来的なライフプランを考えて建てることが必要

商品名:グランドライフステージ

建築費用:3,500万円/坪数61坪

坪単価:57万円

坪単価で言えば、高いとは思います。ですが、将来的に機能性とデザイン性の両方を変えることのできるプランですから、今だけを見るのでなければ、相当ではないかと思っています。これから注文住宅を考えるのであれば、今だけ快適な住まいづくりではなく、子供ができて、巣立ち、自分たちだけになる将来的なライフプランを考えて建てることが必要だと言えます。

実際に、広々とした坪数ですが、子供が増えれば、部屋数も必要になりますから、手狭になるかもしれませんが、そんなときにも壁を取り払える、平屋から2階建てにすることができるので、坪数うんぬんではないと思っています。

 

打ち合わせ中に総額が上昇するケースが大半

商品名:The Forest BF

建築費用:2,900万円/坪数30坪

坪単価:97万円

坪単価はおそらく家の形や間取りによって変動します。打ち合わせ中に総額が上昇するケースが大半だと思いますが仕方ないことだと思いますので、提示された金額よりも1割程は上昇する前提で構えておく方が良いと思います。またこれからお家を建てる方へ、メーカーはたくさんあり、特徴はそれぞれです。

あまりたくさん回っても混乱するだけなので、いわゆるsuumoカウンターのような総合カウンターで絞り込んでから見学をスタートすることをオススメします。またSNSなどを活用し好きなデザインや間取りを考えておくことも良い準備となると思います。

多少高くても良いものを選ぶのが賢い

商品名:The Forest BF

建築費用:3,650万円/坪数82坪

坪単価:45万円

場所によって変わるとは思いますが、住友林業は他のメーカーより坪単価がやや高めだと感じました。ですが、家としては素晴らしい構造や建築物を持っているとも感じられたので、坪単価が多少高くてもそれに見合ったものだったと思います。家を建ててしまうとなかなか変更することが難しいので、住人が納得できるものを考えることとそれを実現させてくれるメーカーを選ぶことが大切だと感じました。

長く住む家なので、長期の保証や耐久性等も大切です。住みやすい環境はお金にかえられるものではないですし、多少高くても良いものを選ぶのが賢い選択だと感じました。

坪単価が安いという理由だけで、ハウスメーカーを決めてしまうのはとても危険

商品名:The Forest BF

建築費用:2,500万円/坪数30坪

坪単価:83万円

各ハウスメーカーで、坪単価を発表していますが、気を付けたいのは、カウント面積がはいえな によって異なることです。あるハウスメーカーは、バルコニーがカウントされていますが、別のメーカーはカウントされないという事例があります。 あらかじめ、確認しておいた方が後々トラブルになることはないでしょう。

また、坪単価が安いという理由だけで、ハウスメーカーを決めてしまうのはとても危険なことです。 ハウスメーカーにより得意とするデザインが異なるのは、もちろんですが、建築工法も異なります。 通常の一軒家であれば、木造建築と軽鉄骨がありますが、木造建築は火災に強く、軽鉄骨は地震に強いです。木造建築の中には、ツーバイフォーなどの建築工法もあります。

住友林業としては、安めに抑えることができました

商品名:The Forest BF

建築費用:3,000万円/坪数40坪

坪単価:75万円

坪単価で75万円でした。住友林業としては、安めに抑えることができました。安く、頑丈な家にしたいと思い、正方形の家にしました。二階がリビングの間取りです。実家が一階リビングのため、最初は抵抗がありましたが、間取りを考えていくと、玄関が不要なので、スペースを広く使えるし、周りの視線も気になりません。景色も遠くまで見えるので開放感があります。北東の角地ですが、朝日もしっかり入ります。朝は心地がいいです。

一階には、洋室が3部屋と、WIC、書斎までつけることができました。書斎は、2.5帖程度ですが、テレワークに大活躍です。設計士の方がしっかり考えて頂いた結果です。営業の方、設計の方、インテリアコーディネーターの方、外構の方それぞれ専属でついて頂き、皆すごく親身になって、こちらの要望をしっかり設計に落とし込んでくれる良い方ばかりでした。

 

住友林業の口コミ・評判まとめ
住友林業の評判は?実際に建てた人の感想や口コミもご紹介しています

続きを見る

 

住友林業の概要

 

住友林業の概要

 

住友林業は東京都千代田区大手町の一等地に本社を構える優良企業です。詳しい概要を解説します。

会社設立 1948年2月(創業:1691年)
構造 マルチバランス構法(木造軸組)、ツーバイフォー構法、ビッグフレーム構法
居住タイプ 2階建て、3階建て、4階建て、平屋など
新築引渡し実績数 約7,726件(2020年3月期)
保証期間 初期保証30年(延長保証で60年)
公式サイト 住友林業公式

 

住友林業は、住宅建築事業の他に「資材環境事業」「木材建材事業」「生活サービス事業」なども手掛けている大企業です。国内に総面積約4.8万haの社有林を保有しており、適切な森林管理を行っています。木材として使用するだけでなく、植えて育てる木の循環をしっかりと回しているハウスメーカーです。住友林業と聞くと大手ハウスメーカーのイメージが先行しますが、林業全体の活性化も目指しています。

 

構造に関しては3種類を用意、それぞれに特徴があり住む人の希望に沿った対応が特徴です。

  1. マルチバランス構法(木造軸組):耐震性の向上
  2. ツーバイフォー構法: 快適性の向上
  3. ビッグフレーム構法:開放感の向上

 

選べる構造が、住む人の要望に合った住まいを実現します。また、初期保証30年も魅力です。坪単価は高額かもしれませんが、充実したサービスが満足度の高さに比例をしています。

 

住友林業の坪単価まとめ

 

住友林業の商品ごとに坪単価を解説しました。坪単価は目安になります。ただ坪単価がすべてではありません。標準仕様やメンテナンス内容など、ハウスメーカーごとにサービス内容は異なります。坪単価が安いからと言って飛びつくと、サービス内容が薄く、結果的に相場よりも高くなることがあるので注意をしてください。坪単価だけを見ても、条件が同じでないので、比べることはとても困難です。坪単価は、目安として参考にする程度がちょうどいいかもしれません。

 

住友林業は、誰もが知る老舗のハウスメーカーです。依頼をすれば、ほとんどの人が満足をします。しかし問題は予算です。予算がクリアできれば、住友林業で家を建てることをおすすめします。それは、性能が高くサービスが行き届いているハウスメーカーだからです。気持ちよく家を建てるのならば、住友林業は検討の中に入れておくことをおすすめします。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

 

展示場や窓口で強引な営業を受けることなく

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

-住友林業, 坪単価目安

© 2021 みんなの注文住宅