ハウスメーカーで注文住宅を建てたサラリーマンのブログ

注文住宅ブログ|ハウスメーカーを比較

家を建てたい方、必見!!業者選びが一番重要

私の家づくり体験談

当ブログでは私自身の家づくりの経験を活かして、これから家を建てたい方注文住宅で家を建てるコツ基礎知識、正しい見積もりの方法などを紹介していきます。

 

土地スケ
家を建てるのにそんな知識とか、正しい見積もりとか必要?インターネットで検索して調べればいいんじゃないの?
コトー
絶対必要だよ!!人生で一番の買い物と言っても過言ではないので家づくりは慎重にね。

 

ネームバリューやネットの口コミ評判だけで安易に業者選びをして、家づくりに失敗してしまった友人を何人も知っています。

 

もちろん大手ハウスメーカーは信頼できる企業も多いですし、ある程度名前が通っている工務店であれば、ボッタクられたり、欠陥住宅を売られたりするリスクは低いです。

 

ただ、大手に依頼すれば「あなたの理想の家を建てられるか?」というと、それは間違いです。実は大手に依頼すれば安心だ、名前が通っている工務店に任せれば安心だという考えは非常に危険です。

 

コトー
大手に任せれば理想の家を実現できる!!という考えは捨てましょうね

 

家づくりで味わった失敗実例をご紹介すると...

  • 値切ったら標準装備がしょぼくなった
  • 同じ値段なのにグレードに差が出た
  • デザイン外観が気に入らない
  • 生活動線に支障が出る間取りになった
  • 日当たりが非常に悪い
  • キッチンが非常に使いにくい
  • デッドスペースが多い

など、様々です。

 

最悪の場合、欠陥住宅や耐震構造に問題ありの家が出来上がったりしますので、業者選びは非常に重要なのです。

 

有名どころ(テレビCMを流している企業)であれば欠陥住宅が出来上がる心配はないと思いますが、「デザインや間取りの問題は大手に頼んだからと言って安心か?」と問われると答えはNOです。

 

上記であげた問題は大手だろうが、地元の工務店だろうが、起こりうる問題なのです。

 

念押してお伝えしておきますが、家づくりは慎重に!そして、業者選びは慎重に!当サイトでは注文住宅で実際に家を建てた私の体験を元に、失敗しない家づくり方法基礎知識正しい見積もりのとりかたをご紹介していきます。

 

ほとんどの人が業者選びのコツを知らない

家を建てる時の業者選びのコツ

 

家を建てるという経験は人生で1度だけの方がほとんどです。相当なお金持ちか、震災などで家を壊されたり、火事などで家を失った場合は別ですが、基本的には1度きりだと思います。私も、もちろん1度しか家を建てた経験がありません。

 

初めての経験ですので、業者選びのコツを知らないのは当然のことなので慌てないでくださいね。私は他の人よりも注文住宅の基礎知識や業者選び、情報収拾をかなり時間をかけて行ったので詳しいだけで、普通の人が業者選びのコツを知らないのは当然のことなのです。

 

土地スケ
僕が無知なのかと思ったよ...。
コトー
ハウスメーカーや工務店に勤めていれば話は別だけど、ほとんどの人が知らないから安心してね。

 

「家を建てよう!」と思った方が一番最初に行うことは、テレビCMをしているハウスメーカーに電話や資料請求したり、地域に特化した工務店さんに問い合わせをしたりすることだと思いますが、実はこの行為はかなり危険です。

 

業者選びのコツは、たくさんの業者を比較することです。ほとんどの方が、最初から1〜2社に絞って業者選びをしてます。実はこれめちゃめちゃ危険です。

 

ちなみに私は業者20社に問い合わせや資料請求をして、しっかり家族で会議を重ねて、家を建てました。1〜2社まで絞るのに約2年の年月をかけてます

 

土地スケ
時間かけ過ぎだし、業者多すぎない??
コトー
時間をかけて、よりたくさんの業者から選んだから家づくりに成功したんだよ。

 

なぜ複数の業者で比較をする必要があるか

家を建てる際に複数業者を比較する理由

 

では、なぜ複数の業者で比較をする必要があるかというと、あなたの理想の家を建ててくれる業者を見つけるためです。「大手に頼めばいいのでは?」と思った方もいると思いますが、大手だからと言ってあなたの理想を叶えられるかどうかはわかりません。

 

業者には得意な分野、苦手な分野があります。もし、あなたが絶対に譲れない部分を苦手とする業者に当たってしまったら大変です。想像とは全く違った家が出来上がってしまうかもしれません。

 

複数の業者を比較すると、理想の家を建ててくれそうな業者にきっと巡り会えるはずです。1〜2社しか比較せず妥協して1社に絞って満足いかない家を建てるよりも、じっくり時間をかけてたくさんの業者の中から業者を絞った方が確実なのです。

 

比較すると業者の特徴が見えてくる

20社以上も業者を比較すれば嫌でも業者の特徴が見えてきます。例えば、以下の例をご覧ください。

 

A社 建築費用は高いが、アフターサービス充実。デザインのバリエーションが多く、営業が熱心。気に入ったデザインは今のところなし。価格交渉は難しそう。
B社 営業が少ししつこい。建築費用は予算内。キッチンやトイレ設備のグレードが高く、平屋住宅を得意としている。デザインはまあまあ。
C社 営業が丁寧だし、親身になって話を聞いてくれる。建築費用はやや高めだが、デザインは非常にいい。間取りプランが豊富でカスタマイズも自由。
D社 営業がいい加減。その他の項目は完璧。
E社 テレビCMをバンバン売っている大手ハウスメーカー。知名度と実績は抜群。デザインのバリエーションが豊富で耐震構造に自信あり。予算500万近くオーバー。

 

このように、複数社の情報をしっかり比較すると、業者選びのヒントになりませんか?

 

実は、この比較の作業はめちゃめちゃ重要です。1〜2社しか比較対象にないと得られる情報も少なく、「んじゃB社の方が良さそうだし、B社にしよっか」と更にいい業者に巡り会う前に業者を選ぶことになってしまいます。

 

土地スケ
業者によってこんなに差が出るなら、しっかり比較した方がいいよね。
コトー
比較する業者の数が多ければ多いだけGOOD。

 

>>まずは複数の業者からカタログ請求する

 

繰り返しになりますが、業者には得意・不得意があり、お金を積めばあなたの理想を叶えられるというものではありません。あなたの理想を叶える業者を探すには、複数の業者(できれば20社以上)を比較することです。

 

一覧表にして、例を挙げたように、業者によって特徴が全く違います。複数の業者の特徴(得意な分野)があなたの理想にマッチしたら、その業者を候補として残しておきましょう。

 

時間をかけて情報を集めると業者の弱みが見える

時間をかけて情報を集めると業者の弱みが見える

 

私の場合、1〜2社まで絞るのに約2年の年月がかかったという話をしましたが、この期間は長いのか短いのかはわかりません。ただ、周りの話を聞くと長い方だと思います。

 

私の家づくり成功はこの2年の期間があったからだと感じてます。2年間、情報収拾したり、業者とやりとりをする中で業者の弱みがどんどん見えてきたのです。

 

土地スケ
弱みって最初の段階でだいたいわかるでしょ?
コトー
カタログや資料はいいことしか書いてないし、最初の段階で弱みを把握することは困難だと思うよ。

 

カタログや資料に会社の弱みを書く業者はまずいません。弱みを知るにはインターネットの情報収拾か、実際に担当営業とやり取りをして感じとるしかないのです。

 

特に、後者の担当営業から感じ取ることは非常に重要です。最初は熱心に対応していたのに、時間が経つと手のひらを返したような対応になる営業マンも多いです。営業マンの役目は数字を追うことですので仕方ありませんが、お客の立場からすると「契約が終わったら対応が変わるんじゃ...」と不安になるものです。

 

営業マンの力量費用や間取りプランの提案に差が出ることもありますので、業者選び然り、営業マン選びも重要なポイントになるでしょう。

 

営業マンの態度や力量を測るという意味でも、時間をかけて付き合って、慎重に家を建てる業者を選ぶことが重要なのです。

 

効率よく見積もりと比較する方法

効率よく業者を見定める方法

複数のハウスメーカーや工務店に問い合わせるのって面倒ですよね?特にスマートフォンで毎回個人情報を入力して問い合わせをするのは本当に地獄だと思います。スマートフォンはパソコンのように、キーボードが付いていないので、入力も大変ですし、誤操作にイライラするケースも多いと思います。

 

■資料請求する業者の数だけ個人情報の入力が必要

業者の数だけ個人情報入力が必要

20社に問い合わせ・資料請求をしましょうという話をしましたが、直接業者に問い合わせをする場合、20回個人情報の入力をしなければいけないということになります。しかも、業者によって入力内容がバラバラで、非常に効率が悪いということがわかりますね...。

 

  • 業者の数だけ問い合わせの入力フォームが待っている
  • 毎回違うことを聞かれてイライラする
  • スマホで入力する場合、かなり手間だし時間がかかる
  • パソコンやスマホが苦手な方にとって地獄だ

 

このように、企業ごとに問い合わせることはストレスですし、時間の無駄です。

 

土地スケ
20回も同じ作業するの無理だよ。5回で限界。
コトー
1社1社問い合わせすることは時間と労力の無駄です。

 

業者探しは賢く、効率的に!ということで、私が実際に利用して、知人にもおすすめしているのが一括資料請求サイトです。

 

一括資料請求サイトの場合、20社に請求を依頼しても個人情報などの入力は1回きりです。つまり、上記の例と比較すると20分1の時間と労力でOKということです。

 

■1度の入力で複数社に資料請求や見積もりができる

1回の個人情報入力でOK

スマホやパソコンが苦手な方でも、1回の入力で複数の企業に資料請求や見積もりができるのでありがたいですよね。上記で紹介した非効率な例と比較すると、どれだけラクなのか想像できるはずです。

 

  • 1回の入力で複数の業者に問い合わせ可能
  • スマホが苦手な方でも効率的に業者探しが可能
  • 10分程度の作業でOK

 

何度もお伝えしていますが、家を建てる際の業者選びは非常に重要です。その業者選びで躓いてしまっては、家づくりに不安を覚えることになるでしょう。効率よく・確実に業者を探すには一括請求サイト利用が一番いい方法なのです。

 

土地スケ
ゲームの裏技みたいなものだね。
コトー
その通り。この方法を知らないまま家を建てる人も多いんだよ。非常に勿体無い。

 

家を建てる際に欠かせない一括サービス

 

実際に一括請求サービスを利用して家を建てて成功させた私にとって、一括請求サイトは家づくりにおける業者選定に欠かせないものですし、皆さんにも堂々とおすすめできるサービスだと思っています。

 

外観デザインの比較

家のデザインに対する好みは本当に人それぞれです。カタログや資料に掲載されているその業者が建てる家のイメージ写真を見ればデザインが好みか、そうでないのかが確認できます。カタログに乗っている写真が全てではありませんが、参考になると思いますよ。

 

対応スピードの比較

一斉に資料請求するわけですので、スタートは一緒のはずです。しかし、業者によっては資料請求から1ヶ月近く音沙汰なし...という業者もいるようです。対応スピードがあまりにも遅い業者は仕事がいい加減なことが多いのです。

 

担当者の比較

カタログ請求で気になった業者がいた場合、実際にあって話を聞いたり、電話でお話ししたりする機会も出てくると思います。その際の営業マンの対応力を意識して見てみましょう。「この人は、私の家づくりに熱意を持って対応しているのか?」「この人に任せて本当に大丈夫なのか?」など、考えながら接してみるといいでしょう。

 

業者によって営業マンの対応力、力量、性格、対応スピードが全く違うことに気づくはずです。どんなに有名なハウスメーカーでも、営業マンの対応次第では契約を考え直すべきです。それほど担当する営業マンは大事です。

 

見積もり・建築費用の比較

カタログ請求だけじゃなく、建築費用の見積もりを出してくれるサービスもあります。業者の商品のことだけじゃなく金額を知りたいという方は、見積もりまでしっかり出してくれる一括請求サービスを利用しましょう。サービスは後ほど紹介します。

 

業者選びで予算を重要なポイントにあげている方が多です。年齢や職業、勤続年数や年収に応じてローンを組める金額が変わってきますからね。予算に上限を決め、その予算を元に業者を選ぶと効率的です。

 

お金を気にしている方は、業者から出た見積もりを中心に、金額、デザイン、設備、間取りなどを総合的に判断、比較して業者を絞り込むといいでしょう。金額の割に理想に近い家を建ててくれそうな業者が見つかるかもしれませんよ。

 

間取りプランの比較

利用する一括請求サイトによっては、無料で間取りプランまで作ってくれるサービスもあります。間取りプランがあると、部屋数や生活動線が何となくイメージできますね。家族が増える予定がある場合には、子供部屋や隠居スペースの確保をするなど、問い合わせの時点で業者に伝えましょうね。

 

土地スケ
一括サービスって本当に便利。でも利用料高そう...
コトー
いやいや。一括請求サービスは無料で利用できるんだ。だから、うまく活用しない手はないよ!

 

コトーがおすすめする注文住宅専用一括請求サイト

おすすめの注文住宅一括比較サービス

 

管理人コトーがおすすめする一括請求サイトは以下の2つです。

一括請求サイトって思った以上にたくさんありますが、上記のどちらかを利用すればまず間違い無いと思います。上記の2つのサービスは同じ一括資料請求サービスではあるんですが、それぞれ特徴が全く違います

 

ざっくり説明すると、まずは資料請求・カタログ請求したいという方はLIFULL HOME'S注文住宅見積もりやプラン提案までしっかりと受けたいという方はタウンライフがいいでしょうね。ちなみに、両方のサイトとも無料で利用可能です。

 

LIFULL HOME'Sはここ最近勢いのあるサービスで、手軽に資料請求ができるのがメリットで、タウンライフは資料の質が高く実績があるという点がメリットでしょうかね。ちなみにコトーはタウンライフを利用しましたが、先述した通り、家づくりに対する熱というか、「家を建てようか悩んでいる=LIFULL HOME'S」か「家を建てると決めていて業者で悩んでいる=タウンライフ」で使い分けるといいと思います。

私の家づくり体験談

更新日:

Copyright© 注文住宅ブログ|ハウスメーカーを比較 , 2019 AllRights Reserved.