家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

レオハウスの坪単価は?商品ごとに2019年最新の費用や相場を解説してみた

レオハウス 費用・価格

レオハウスの坪単価は?商品ごとに2020年最新の費用や相場を解説してみた

 

人気のハウスメーカーであるレオハウスで家を建てたいならば、坪単価の問題が気になるものです。さまざまな商品があり、どのくらいの坪単価で建てられるのか知りたい人は多いでしょう。そこで、レオハウスの坪単価を商品ごとにまとめました。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

レオハウスの坪単価は25万〜50万が相場

 

レオハウスの坪単価は25万〜50万が相場

 

レオハウスはお得に家を建てることができるハウスメーカーとしてよく知られています。そんなレオハウスの坪単価は、25万〜50万円程度です。ローコストの住宅を提案しているのがレオハウスの特徴です。費用を抑えて一戸建てを建てたいと考えている人に最適です。

 

レオハウスの商品別費用・相場を紹介

 

レオハウスの各商品の価格比較(坪単価)

 

まず、レオハウスが提供している商品の坪単価を見ていきましょう。

商品(クリックで詳細)坪単価
Coco約45万~60万円
CocoLife(ココライフ)約25万〜35万円
CoCo W約40万〜50万円

 

坪単価25万円はローコスト住宅ハウスメーカーの中でも最安の値段ではないでしょうか?地域や仕様、オプションなどによって変動しますのであくまで目安とお考えください。

 

CoCoの坪単価と商品の特徴

レオハウスCocoの特徴

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

レオハウスを代表する商品がCoCoです。こちらの坪単価は約45万~60万円程度とされています。

 

CoCoの特徴は基本仕様があって、それにこだわりをプラスできることです。さまざまなアイテムが用意されているため、そのなかから自分たちの好みを選んでいくだけでも楽しめるでしょう。家族の数だけ住まいに対する価値観や好みは異なっているものです。それぞれの違いに対応して、希望にフィットした選択ができるスタイルの家づくりを実現しています。自由設計の注文住宅であり、それぞれの暮らしのニーズに合わせたプランを考えてもらうことが可能です。

 

ココがポイント

フルオーダーの自由設計であり、細かいところまで自分たちの希望を実現できるでしょう。家族の絆を深めたい、家事の時短を実現したい、収納の悩みを解決したいなど、それぞれが希望する範囲は広いです。それぞれの家族の暮らしをもっと豊かにできるような提案を心がけています。

 

外観にもこだわっているのが特徴です。さまざまなバリエーションのスタイルに対応しています。ミニマルモダンスタイルから和モダンスタイル、ナチュラルデザインにまで対応します。外観についてはCGシミュレーションで提案してもらったり、設計者によるスケッチを出してもらったりすることが可能です。完成イメージを実際に目で見て確認できるため、自分たちの希望を形にして提案を受けられます。

 

さまざまなこだわりを盛り込むことができるのが特徴です。たとえば、和テイストを盛り込むことができます。家族の安全を守るためにホームセキュリティを入れてもらうことも可能です。ペットと快適に過ごせるような環境にしてもらうこともできます。自然素材にこだわってもらうことも可能です。ほかにも、さまざまなこだわりに対応できるように、豊富なメニューが用意されています。

 

ローコス犬
インテリアテイストのコーディネートを受けることもできます。住まいの設備は機能性や使いやすさを重視したものばかりです。最新モデルを含めて豊富なラインナップから選択できます。

 

レオハウスのCocoの特徴は?価格帯や評判をご紹介します!
レオハウスのCocoの特徴は?価格帯や評判をご紹介します!

  コストは抑えても納得のいく住宅を手に入れたいという方はレオハウスがぴったりです。ローコストだけど自由設計という点が話題を呼び、全国での引渡棟数が20,000棟を超えるなど実績も充分です。 ...

続きを見る

 

CoCo Lifeの坪単価と商品の特徴

 

レオハウスCocoLifeの特徴

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

レオハウスは安い住まいを建てたいという需要に応えてCoCoLifeを提案しています。こちらは坪単価が約25万〜35万円程度とされていて、かなり安いです。安いだけではなく、できるだけ質を高める努力をしているため、コストパフォーマンスがとても高い住まいといえます。

 

ローコストで家を建てることができ、2階建てだけではなく平屋にも対応しているのが特徴です。無理のない資金計画で家を建てたいという需要に応えています。豊富なプランが用意されていて、そのなかから大きさや間取りなどを選べるようになっています。自由度の高い設計ができることも魅力であり、ローコスト住宅であるにもかかわらず、自分たちの希望を叶えやすいです。

 

【2020年坪単価】ローコスト住宅ハウスメーカー比較!!各業者・商品毎にレビュー
【2020年坪単価】ローコスト住宅ハウスメーカー比較!!各業者・商品毎にレビュー

  ローコスト住宅を扱うハウスメーカーをまとめて比較したページです(結構頑張ったw)。2020年令和2年の最新情報ですので、これから家を建てたい方はぜひ参考にしてくださいね!   ...

続きを見る

 

規格住宅はどうしても似たりよったりなイメージになりやすいところを、レオハウスは豊富な選択肢を用意することでオリジナリティを出しやすくしています。外観カラーや内装カラーを選ぶことができ、各種設備に対応しています。それぞれの好みを追求することができ、どの色にするのか選ぶだけでも楽しめるでしょう。明るい色からシックな雰囲気の色まで揃っています。

 

標準仕様はとても優れていて、豪華な設備が揃っています。各メーカーの優れた設備を整えているため、快適な暮らしを実現できるでしょう

 

レオハウスのCocoLife(ココライフ)の特徴は?二階建て、平屋住宅も自由自在
レオハウスのCocoLife(ココライフ)の特徴は?二階建て、平屋住宅も自由自在

  レオハウスのCocoLife(ココライフ)はライフスタイルに合わせた形で間取りの提案が可能で、二階建て住宅も平屋住宅も実現できる商品です。   二階建てパンダCocoとはどのよ ...

続きを見る

 

CoCo Wの坪単価と商品の特徴

 

CoCo Wは人気の高い商品です。坪単価は約40万〜50万円程度とされています。こちらはダブル断熱を採用しているのが大きな特徴です。これによって、温度差を減らすことができるため、冬場であっても寒さを感じにくいです。血圧変動を抑えることができ、ヒートショックを防ぐことができて、身体の負担が小さくなります。子供や高齢者の健康を守ることができる住まいです。また、カビや結露の発生を防ぐことができ、家を守ります。冷暖房の効率を高めることができ、電気代を節約することにもつながるでしょう。人にも環境にもやさしい住まいであり、省エネライフを提案します。

 

また、2×4工法を採用しているのも大きな特徴です。耐震性や耐火性能に優れているため、万が一の災害に対しても家族の安全を守ることができます。グローバルに評価されている工法であり、多くの国で高い評価を受けているため、信頼性のある工法です。地震や台風が起きたとしても、家と家族をしっかりと守ってくれるでしょう。

「理想の家」を「理想の価格」で手に入れる方法

 

家を建てた後に後悔したという声が結構多いです。

  • 思った以上に費用がかかってしまった
  • 使いにくい間取りになってしまった。
  • 家を建てる場所を間違えた(日当たりや駅からの距離)。
  • 業者の対応が酷く最後までイライラした。
  • 外観デザインが気に入らない。

 

などなど、

 

ローコス犬
後悔したポイントは人それぞれ違いますが、何千万円も支払って建てるわけですので、後悔や失敗はなるべく避けたいですよね?

 

そして、家づくり初心者の方にとって、家を建てることは初めて経験することばかりで「何していいのかわからない...」という方が非常に多いです。

 

そのような方は、私の経験談(マンガで解説)でも紹介していますが、LIFULL HOME'S注文住宅を利用するといいでしょう。

 

LIFULL HOME'Sって?

家づくり業者からの一括資料請求サイトです。外観デザイン、間取り、見積もり、土地情報などの比較ができるので、業者選定の良質なヒントが得られます。もちろん無料です。

 

HOME'Sを利用することで

  • 理想のデザインの家を建てれる業者がわかる
  • 予算内で家を建ててくれる業者がわかる
  • 好立地の土地情報が多数手に入る
  • 間取りプランを比較できる

 

つまり、数あるハウスメーカー・工務店の中からあなたの理想とする外観、間取り、土地情報、価格帯に近い業者はどこなのか?を調べることができます。

 

 

HOME'Sで得られた情報を元に業者を比較すると、一番条件のいい業者が簡単に見つかります万が一見つからなかった場合でも、無料ですし、HOME'Sを利用したからといって必ず契約をしなければいけないということは一切ありません

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内の一部を紹介します。

カタログ・パンフレット

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

間取りプラン

 

業者によって、カタログや手書きの資料、間取りプランの参考資料、展示場の案内などさまざまで、業者の色や対応の丁寧さも比較できて非常に業者選びに役に立ちます。不要なら捨てるだけなので、リスクもありません。

 

あ、言い忘れてましたけどHOMES'Sは強引な電話営業や訪問営業はありません。僕は電話が苦手だったので「電話や訪問での営業はご遠慮ください」(これ重要)と記載しました。電話が苦手な方は一言添えれば架かってきません。

 

私の赤裸々体験談マンガを読む

まずは試しにHOME'Sのカタログをもらう

 

-レオハウス, 費用・価格

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.