家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

レオハウスのCocoの特徴は?価格帯や評判をご紹介します!

ハウスメーカー レオハウス

レオハウスのCocoの特徴は?価格帯や評判をご紹介します!

 

コストは抑えても納得のいく住宅を手に入れたいという方はレオハウスがぴったりです。ローコストだけど自由設計という点が話題を呼び、全国での引渡棟数が20,000棟を超えるなど実績も充分です。

 

ローコス犬
予算はあまりないけど、自由設計でオリジナルの家が欲しいという方にぴったり!

 

この記事では「レオハウスのCoco」の特徴や、価格帯について紹介していきます。

 

  • レオハウスのCocoの特徴を知りたい
  • レオハウスのCocoの価格帯を知りたい
  • レオハウスのCocoの自由設計について知りたい

 

少しでも興味のある方は、参考にしてくださいね!

 

注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?
注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?

  ネットで簡単に注文住宅の見積もりができるサービスがあるのをご存知ですか?気になるハウスメーカーに電話をかけたり、お問い合わせをしたり、展示場に足を運んだりする手間が掛からず、自宅で簡単に ...

続きを見る

 

レオハウスCocoの特徴

 

レオハウスCocoの特徴

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

一生に一度の買い物といわれる住宅ですから、自分の思いをできるだけ反映したいですよね。そんな理想となる家づくりを実現できるのが、ローコストメーカー「レオハウス」が主力商品としている「大人気の家CoCo」です。

 

ローコストというと、数種類の決まった間取りから好みに近いものを選ぶというイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

ローコスト住宅のイメージ

  • 間取りの自由度がない
  • 決まった仕様しか選べない
  • こだわりが反映できない
  • 見た目が同じになる

 

ローコス犬
予算を抑えることができる反面、何かしら我慢をしなくてはいけないイメージがありますね....。

 

ローコスト住宅だけど自由設計

 

しかし「大人気の家CoCo」は、ローコスト住宅へのイメージを覆して、「自由設計」を採用し、間取りの自由度を手に入れ、住宅設備の仕様も数多く選べるようにしています。

 

そのため、必要な部分にのみ、好みの部材を採用することから、ローコストを実現しつつ、こだわりのある世界に一つだけの住宅を作ることに成功しています。

 

大人気の家CoCoのイメージ

  • 間取りは自由設計
  • 好みの住宅設備が選べる
  • こだわりが反映できる
  • 世界に一つだけの家になる

 

CoCoの家づくりの特徴は、顧客に合わせた設計や予算により「軸組工法」もしくは、「2×4工法(ツーバイフォー)」という2つからお客様に適した工法を提案してくれます。

 

ハウスメーカー顧客満足度ランキング1位

 

従来のローコスト住宅ではありえなかった自由度の高さを兼ね備えたCocoをメイン商品とするレオハウスは、顧客から高評価を獲得するのに、そう時間はかかりませんでした

 

その証拠に、毎年オリコンが発表する「ハウスメーカー顧客満足度ランキング」のコスパの良いハウスメーカーとして全47社中第1位を3年連続で獲得しているんです。

 

二階建てパンダ
3年連続1位はハンパないな!!!!

 

メモ

【オリコンハウスメーカー満足度ランキング】

  • コストの妥当性、見積りの正確さ:第1位(2016年版)
  • 金額の納得感:第1位(2017年版、2018年版)

 

 

レオハウスのメリット&デメリットまとめ!好み・予算に合わせて商品を選べる
レオハウスのメリット&デメリットまとめ!好み・予算に合わせて商品を選べる

  この10年で引き渡し棟数は「23,000棟以上」(平成29年12月現在)という実績を作り上げており、まさに今急成長をしているのがレオハウスです。     目次レオハウ ...

続きを見る

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

CoCoの標準仕様について

 

CoCoには基本的に3つの仕様が用意されています。

  1. ベーシック
  2. Vセレクト
  3. Dセレクト

 

二世帯つくし君
3つから選べるのはいいね!

 

メモ

例えば「ベーシック」を選んだ場合

  • 外壁:エクセレージ・親水14
  • 屋根:コロニアルクァッド

 

が標準仕様。

 

メモ

例えば「Dセレクト」を選んだ場合

  • 外壁:東レACE・ケイミュー・LIXIL(旭トステム)・ニチハの4メーカー300種類以上
  • 屋根:コロニアルクァッド・ガルバリウム鋼板・瓦

 

から選択可能。というように、選べる仕様が異なります。

 

もちろん、外壁と屋根だけではなく、キッチンやトイレなども選択するグレードによって、選べるメーカー数や品数など選択できる幅が変わってきます。

 

他のグレードの商品を取り入れることが可能

 

さらにCoCoの自由度の高さを裏付けるのが、基本となるグレードを選択したとしても、他のグレードの商品を取り入れることが可能という点です。

 

例えば...

ベーシックを選択していて外壁はそのままで、屋根はDセレクトの瓦を選択することができる。こんな感じでグレード間の設備をセレクトすることが可能です。

 

もちろん、設備ごとにグレードアップをすれば、その分の追加費用は避けられませんが、全体のコストを抑えつつ、欲しいところだけをグレードアップするようなことが可能です。

 

ローコス犬
これが一般的なローコスト住宅では、グレード間の設備移動ができないという融通が利かないところがほとんどです。

 

ただ、あまりにもグレードアップする項目が多いようだと、最初からVセレクトかDセレクトにしておいた方が、パッケージ化されていることもあり、お得になるようです。

 

標準でヒノキを採用

 

構造の標準仕様としては、軸組工法を例にすると、土台にシロアリに強いといわれる「ヒノキ」4寸角(約12㎝)を採用。柱に関しては「集成材」4寸角を採用しています。

 

ローコスト住宅では3.5寸角(約10.5㎝)を採用するところが多い中、CoCoでは4寸角を採用することで構造が肉厚になり、耐震性や耐久性が上がるほか、断熱性能をグレードアップしたいときに、より厚みを増して断熱施工ができる点も魅力です。

 

また、地震に対する建物の変形を軽減するための制震システム「L-SAV」を標準採用している点は、他ローコスト住宅にはない点でしょう。

 

ローコス犬
あまり話に出てくることがありませんが、3つのグレード以外に最上級のP(プレミアム)セレクトも存在するようです!

 

レオハウスの商品ラインナップ

主力商品であるCoCoは、予算や住宅性能に特化した、商品タイプも用意しています。

  • 「CoCo Life」ローコストにこだわった規格住宅
  • 「CoCo ZEH」省エネ性能にこだわったZEH住宅

 

CoCoの価格帯(坪単価)について

 

ここまで、「大人気の家CoCo」の特徴や仕様についてお話してきましたが、これだけ魅力が詰まった住宅の、次に気になるところといえば価格でしょう。

 

「大人気の家CoCo」の規格住宅となる「CoCo Life」は、公式ホームページ上で価格を公表しています。

 

CoCo Life料金シミュレーション

2階建て30坪/1160万円~(税抜き)
これを坪単価に落とし込むと、約38,7万円(税抜き)となります。

平屋30坪/1335万円~(税抜き)
これを坪単価に落とし込むと、約44,5万円(税抜き)となります。

 

上記の価格帯は、規格住宅となりますので、自由設計である「大人気の家CoCo」の価格帯(坪単価)が「CoCo Life」より低くなることは考えにくいでしょう。

 

ずばり、「大人気の家CoCo」の価格帯(坪単価)は45万~60万円台になります。

 

CoCoの基準となるベーシックから、好みの部材・仕様をグレードアップしていくことで、少しづつ予算が上がっていくようになりますが、必要と思えるものだけをチョイスして、こだわりの家づくりをすることができます。

 

省エネ猫
ローコスト住宅とはいえ、意外にするな....
いやいや。大手ハウスメーカーの平均坪単価と比較するとだいぶ安いよ。
ローコス犬

 

2018年の大手ハウスメーカーの平均坪単価(住宅産業新聞発表による)は84.6万円でした。

 

この価格は、決算内容から抽出しているので、確かな数字です。そう考えると、コストパフォーマンスに優れたこだわりの住宅が作れるのではないでしょうか。

 

【2020年坪単価】ローコスト住宅ハウスメーカー比較!!各業者・商品毎にレビュー
【2020年坪単価】ローコスト住宅ハウスメーカー比較!!各業者・商品毎にレビュー

  ローコスト住宅を扱うハウスメーカーをまとめて比較したページです(結構頑張ったw)。2020年令和2年の最新情報ですので、これから家を建てたい方はぜひ参考にしてくださいね!   ...

続きを見る

 

CoCoの耐震性について

 

CoCoの耐震性について

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

ローコスト住宅の中で、制振装置を標準で提供している会社はほとんどありません。その中で、CoCoは独自の制震システム「L-SAV」を採用しています。

 

ローコス犬
CoCoは制震システムを導入しているので、地震による揺れに対して、安心感が得られますね!

 

しかし、多くのハウスメーカーが耐震等級3のレベルを謳うなか、レオハウスでは表だって公表をしていませんその理由には、自由設計を売りにしている点が絡んでいます。

 

顧客満足で間取りの自由度を上げることは、ある意味耐震等級を犠牲にすることがあります。希望の間取りを優先すれば、耐震等級3を確保できず耐震等級を優先すれば、希望の間取りを実現することができないことになる可能性を秘めます。

 

国の求める耐震等級は3段階

  • 耐震等級1=建築基準法レベル
  • 耐震等級2=耐震等級1の1.25倍
  • 耐震等級3=耐震等級1の1.5倍

 

耐震等級1を下回る性能は、違法となるのであり得ませんが、顧客満足度(間取りの自由度)を満たしつつ、家の揺れを抑えるようにするため、制震システム「L-SAV」を採用できる「大人気の家CoCo」は安心と満足度を得ることができる住宅です。

 

ただ、建築を依頼するときは自分の家がどの程度の「耐震等級」になっているかは確認しましょう。耐震等級によって、地震保険の割引率が変わってくるからです。

 

耐震等級による地震保険の割引率

  • 耐震等級1=10%
  • 耐震等級2=30%
  • 耐震等級3=50%

 

CoCoの間取りについて

 

大人気の家CoCoは、他社に例を見ない「軸組構法」か「2×4工法」の2つから提案されます。そこで覚えておきたいのが、「間取りの自由度」です。

 

契約をして、間取りの打ち合わせを煮詰めていくと、希望の間取りができないという壁に当たることがあります。希望の間取りが「できる、できない」のその多くは、「構造」が関係しており、それが大手ハウスメーカーであったとしても、構造の制限によって、「希望する間取りが作れなかった。」こんな話はよく聞きます。

 

この解決策は、どうにか打開策を見つけて「妥協点」を探るのが一般的です。

 

引越しのつもり
でも、それでは自由設計の意味が薄れてしまうよな...。

 

その点、レオハウスのCoCoは自由設計なのはもちろんのこと、構造が2種類から提案されます。つまり、2×4工法で厳しい間取りでも、軸組工法(自由度が高い)なら実現できる。というような提案が可能ということです。

 

間取りを含め、一生住むことになる住宅の満足度を高めるには、希望の間取りが実現できるかが大きくかかわってきます。そういった点で見ると、世界に一つしかない自分だけの間取りを実現するには、2つの工法を持っている強みが活かされるのは間違いありません。

 

注文住宅の間取りや設計図プランは業者選定前に無料で一括オーダーしよう
注文住宅の間取りや設計図プランは業者選定前に無料で一括オーダーしよう

  家を建てる準備段階でカタログや資料請求して、ある程度どんな家を建てるか想像できたら業者の選定に入ります。業者選びは非常に重要ですし、あなたの今後の生活を左右する重大な選択なので非常に悩む ...

続きを見る

 

CoCoの評判について

 

顧客満足度を図る指標の一つに「オリコンランキング」があります。その中の「ハウスメーカーランキング」の「コストの妥当性」「金額の納得感」に2016年、2017年、2018年発表で3年連続第1位を獲得しています。

 

単発年でランキングされることはあるかもしれませんが、3年連続というのは、中々成し遂げることが難しいでしょう。そんなレオハウスの評判を見ていきましょう。

 

埼玉県30代女性

予算の範囲内でハウスメーカーを見て回っていましたが、その多くは規格住宅にせざるを得ない状態でした。レオハウスでも「CoCo Life」という規格住宅がありますが、少しだけ予算を上げることで、自由度の高い「大人気の家CoCo」にすることができました。商品ラインナップは正直少ないですが、融通の利くプランがあったのでこれだ!と決めることができました。

 

九州40代男性

我が家は「大人気の家CoCo」のDセレクトを選びましたが、その理由に断熱性能と気密性能にこだわりたかったからというのがありました。ローコスト住宅で採用されることの多い断熱材は「グラスウール」でしたが、Dセレクトになると、吹き付け断熱材が標準で採用されていることから、断熱と気密が確保される点でレオハウスに決定しました。

 

レオハウスの口コミ・評判まとめ
レオハウスの口コミ・評判まとめ

目次建物自体には不満はないです。(静岡県富士宮市)オプションを追加していくと、費用があがる(岐阜県瑞穂市)満足いく家を安く建てて頂けた(群馬県高崎市) 建物自体には不満はないです。(静岡県富士宮市) ...

続きを見る

 

良かった、悪かったの評判や口コミには、どちらも価格的なことが多いイメージです。
その理由には、大人気の家CoCoは、良くも悪くも自由度が高いことから、ローコスト住宅ではなく、かつ大手のような高級なまではいかない、ミドルコスト住宅に位置してるということが挙げられます。

 

予算にしても、間取りへのこだわりにしても、人生で1回の大きな買い物ですから、納得した家づくりができるよう、価格やブランドだけに惑わされない様に気を付けていきましょう。

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-ハウスメーカー, レオハウス

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.