家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

アイダ設計の坪単価!新築の価格や費用相場は?

アイダ設計 費用・価格

アイダ設計の坪単価は?商品ごとに2020年最新の費用や相場を解説してみた

 

このページでは555万円の家など、ローコスト住宅を売りにするハウスメーカーアイダ設計の金額に関することを紹介して行きます。アイダ設計は、正直価格で住宅を提供し、不当に自社の利益を求めることはしないというスタイルの営業をしています。そのため、数あるハウスメーカーの中でも比較的低価格で家を建てることが可能です。

 

この記事を読めば以下のことを知ることができます!

  • アイダ設計のおおよその坪単価がわかる
  • アイダ設計の商品の特徴と費用感がわかる
  • 商品ごとの費用を比較検討できる

 

実際にアイダ設計で家を建てた方の口コミアイダ設計で後悔した、失敗した体験談も合わせてご確認ください。

 

注文住宅アイダ設計の坪単価と費用相場

 

アイダ設計の坪単価目安は35万円〜65万円

 

アイダ設計の坪単価は35万〜65万と言われています。555万円の家、888万円の家など低価格を打ち出した住宅以外にも、それぞれのニーズに沿って開発された魅力的な注文住宅を提供しています。商品によって坪単価が上下しますので、合わせて確認しておきましょうね!

 

坪単価が35万円〜65万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

20坪の家700万〜1,300万円
25坪の家825万〜1,625万円
30坪の家1050万〜1,950万円
35坪の家1,225万〜2,275万円
40坪の家1,400万〜2,600万円
45坪の家1,575万〜2,925万円
50坪の家1,750万〜3,250万円

 

アイダ設計で20坪の家を建てる場合、700万〜1,300万円とかなり低コストで済みます。都心でマンションを買う値段よりもだいぶ安いですね。

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

アイダ設計の商品別坪単価

 

アイダ設計の坪単価は35万円〜65万円前後ですが、この価格は商品によって異なります。ロースト住宅の印象が強いですが、高級志向の家やECOの家などコンセプトに応じて価格も上下します。2020年現在アイダ設計の主力となっている商品は以下の通りです。

 

商品(クリックで詳細)坪単価
ブラーボスタンダード約35万円~50万円
ブラーボコンフォート約40万円~55万円
アイベスト約50万円〜65万円
ブラーボゼネクト約40万円~55万円
エコハウス約35万円~40万円
セーフティハウス約35万円~40万円
楽らくご長寿さん約40万円~50万円

 

などがあります。特に「ブラーボシリーズ」はアイダ設計の顔で、低コストだけど自由設計で高品質の家を実現します。商品それぞれの特徴や坪単価を知りたい方のために、まとめてみました。

 

注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?
注文住宅の相見積もりサイトを比較【7サイト】!本当におすすめできるカタログ請求サイトは?

  ネットで簡単に注文住宅の見積もりができるサービスがあるのをご存知ですか?気になるハウスメーカーに電話をかけたり、お問い合わせをしたり、展示場に足を運んだりする手間が掛からず、自宅で簡単に ...

続きを見る

 

ブラーボスタンダードの特徴・坪単価

 

ブラーボスタンダードの特徴

参照元:アイダ設計公式ページ

 

最も優れたコストパフォーマンスを実現しているのがブラーボシリーズの「ブラーボスタンダード」です。「ブラーボスタンダード」は、できるだけ建築費用をシンプルに、本当に必要なものだけを自分好みにカスタムしていく自由設計プランです。

 

ブラーボスタンダードの特徴

 

一般的には、価格を抑えて住宅を提供するとなると、何かしら品質を落とすことをしなければならないと思いますが、ブラーボスタンダードが人気を集めている理由は「コストパフォーマンスの高さ」。つまり、「品質」についても妥協をしていない住宅なんです。

 

アイダ設計の口コミ・評判まとめ!888万円の家や人気商品の評価は?
アイダ設計の口コミ・評判まとめ

  ハウスメーカーを利用したい人は評判が気になるものです。そこで、アイダ設計の提供する商品やサービスについての口コミ・評判をまとめました。   ローコス犬アイダ設計の客観的な評価が ...

続きを見る

 

ココがポイント

ブラーボスタンダードは、「資材調達をアイダ設計にお任せ」することで打合せの手間を軽減し、さらにカラーやデザインが豊富な「規格設備」を自由に組み合わせていくスタイルを採用することで、トレンドを安価に取り入れることを可能にしています。

 

とくに水回りはお掃除の手間や使い勝手がとっても大事ですよね!!ブラーボスタンダードなら、キッチンには取手レスなモダンデザインのクリナップKTシリーズやLIXILの人気システムキッチンの導入も夢じゃありません。

 

せっかくのマイホームですから、できるだけ質の良い設備を取り入れたい!でも、費用は押さえたい!!という方には、ピッタリのシリーズです。
ローコス犬

 

アイダ設計のブラーボスタンダードは1,000万円台で建てられる!間取りや耐久性は?
アイダ設計のブラーボスタンダードは1,000万円台で建てられる!間取りや耐久性は?

  アイダ設計は555万円の家など、ローコスト住宅を提供するハウスメーカーです。正直価格で住宅を提供し、不当に自社の利益を求めることはしないというスタイルの営業スタイルが多くのユーザーから支 ...

続きを見る

 

ローコス犬
アイダ設計で一番人気なのがブラーボスタンダートです。1,000万円台で理想の家が手に入ると言われています。モダンデザインのシステムキッチンは主婦の皆さんのハートを鷲掴みにするに違いありません。

 

ハウスメーカー全体の坪単価相場と比較するとかなり安い価格設定になっています。この金額で自由設計が可能なので、「コストパフォーマンスがいい」と評判です。

 

不要な部分に「豪華な設備」を採用するのではなく、「最小限にいいもの」を取り入れ理想の家に近づけていくというスタイルが支持されています。

 

坪単価が35万円〜50万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

 

ブラーボスタンダードの坪単価目安

 

20坪の家700万〜1,000万円
25坪の家875万〜1,250万円
30坪の家1,050万〜1,500万円
35坪の家1,225万〜1,750万円
40坪の家1,400万〜2,000万円
45坪の家1,575万〜2,250万円
50坪の家1,750万〜2,500万円

 

この様に一覧化してみるとわかりやすいですね!しかも、この価格で自由設計なので、低コストで理想を追求するのであればおすすめですよ。

 

引越しのつもり
ローコスト住宅だと要望通らなそうだけど、アイダ設計は自由設計なんだね!
そうそう!この金額で自由設計可能なのはアイダ設計だけかもね!
ローコス犬

 

アイダ設計のメリット&デメリットまとめ!自由設計でローコストな業者
アイダ設計のメリット&デメリットまとめ!自由設計でローコストな業者

  ローコスト住宅の代表格アイダ設計のメリット・デメリットをまとめてみました。アイダ設計の特徴や坪単価をまとめた記事も合わせてご覧くださいね!     目次アイダ設計につ ...

続きを見る

 

ブラーボコンフォートの特徴・坪単価

 

ブラーボコンフォートの特徴

参照元:アイダ設計公式ページ

 

アイダ設計で、コストパフォーマンスを極めた住宅「ブラーボスタンダード」の上位タイプとなるのが、「快適性」を求め「住宅性能」に特化した「ブラーボコンフォート」です。ブラーボスタンダードでは、「少し物足りない…」という方にはとてもおススメのシリーズです!

 

ブラーボコンフォートの主な特徴

 

ブラーボコンフォートの設備は、満足度の高いものが採用されているのはもちろんですが、住宅そのものの構造や性能にも自信を持った作りをしています。間取りは、自由設計なのはもちろん、家を支える基礎は「ベタ基礎」が標準仕様

 

いつ災害が起きるかわからない・・・そんな時我が家は大丈夫!と安心できる「住宅性能表示制度」に対応しています。どれくらい安心なのかというと、、、

 

「住宅性能表示制度」に対応

 

1.耐震等級(構造躯体の倒壊・損傷防止)⇒等級3(最高等級)

 

耐震性を高めるために、軸組+面工法を採用して、剛性を高める工夫をしています。さらに火災や地震に強いといわれる耐震ボード「ダイライト」を採用することで建築基準法の1.5倍の強さを確保しています。

 

2.劣化対策等級(構造躯体等)⇒等級3(最高等級)

 

劣化等級とは、通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(おおむね75~90年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられているかどうかについての等級です。

 

等級3は、通常想定される維持管理で100年程度継続で使用できる住宅であることを示しています。ブラーボコンフォートシリーズなら、数世代にわたり構造躯体を維持できます。

 

3.維持管理対策等級(専用配管)⇒等級3(最高等級)

 

等級3は、構造躯体に比べ耐久年数の短い設備などの維持管理(清掃・補修・点検)を容易にすることができる住宅であることを示しています。

 

4.断熱等性能等級⇒等級4(最高等級)

 

外壁、窓などを通しての熱の損失の防止を図るための断熱化等による対策の程度の等級は最高の4を確保しています。

 

5.一次エネルギー消費量等級⇒等級4

 

国が定めた「次世代エネルギー基準」を満たし、年間を通して快適・健康的・環境に優しい住空間を実現します。

 

・・・というように、ほとんどが最高等級という安心度の高さが、あなたのマイホームの安心安全を担保してくれます。

 

アイダ設計のブラーボコンフォートは性能にこだわった住宅!特徴や坪単価を解説
アイダ設計のブラーボコンフォートは性能にこだわった住宅!特徴や坪単価を解説

  1,000万円台の家ならブラーボスタンダードがおすすめですが、ブラーボスタンダードよりワンランク上で性能にこだわった住宅が欲しい方はブラーボコンフォートを検討しましょう。   ...

続きを見る

 

ローコス犬
面材工法による強固な耐震構造やウレタン吹付断熱による高い断熱性を採用している住宅です。ちょっぴり贅沢をしたいという方向けに開発された商品です。

 

ブラーボコンフォートはブラーボスタンダートよりもやや高めの価格設定になっていて、坪単価は40万〜55万円前後です。

 

ブラーボコンフォートの坪単価は40万円〜55万円

 

ブラーボスタンダートと比較すると約5万円程度坪単価が上がるイメージです。坪単価が上がる分、硬質ウレタンフォーム断熱材基礎断熱などが標準でつきます。ワンランク上の住宅を希望される方におすすめです。

 

坪単価が40万円〜55万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

20坪の家800万〜1,100万円
25坪の家1,000万〜1,375万円
30坪の家1,200万〜1,650万円
35坪の家1,400万〜1,925万円
40坪の家1,600万〜2,200万円
45坪の家1,800万〜2,475万円
50坪の家2,000万〜2,750万円

 

価格が上がると言っても、他のハウスメーカー・工務店と比べると低コストで済みますね。40坪が1,600万〜2,200万前後で建てれらるので、土地代の安い田舎の場合はかなり費用を抑えられますね!

 

引越しのつもり
安いけど贅沢できるんだね!
そういうことだね。安さ重視だけどある程度しっかりした家を検討される方にはいいかもね!
ローコス犬

 

アイベストの特徴・坪単価

 

アイベストの特徴

参照元:アイダ設計公式ページ

 

アイダ設計はローコスト住宅メーカーですが、ハイグレード商品も提供しています。アイダ設計の中で最高クラスの設備・構造のアイベストという商品は「贅沢」を感じられる上品で落ち着きあるのある住宅です。

 

 

アイベストが標準仕様としている設備は、ただ単にその機能を果たすだけのものとは一線を画した、見た目の豪華さや更なる機能性を追求された仕様となっています。

 

アイダ設計のアイベストはハイグレード!最高性能や価格帯を解説
アイダ設計のアイベストはハイグレード!最高性能や価格帯を解説

  アイダ設計はローコスト住宅メーカーですが、ハイグレード商品も提供しています。アイダ設計の中で最高クラスの設備・構造のアイベストという商品は「贅沢」を感じられる上品で落ち着きあるのある住宅 ...

続きを見る

 

ココがポイント

外観が洋風スタイルなので、個性的な家を求めている方におすすめです。アイダ設計の最高クラスの設備・構造となっているので、他の商品よりも値段は上がりますが、「贅沢」を感じられる上品で落ち着きあるのある住宅を手に入れることができます。

 

アイベストの坪単価は45万〜55万円前後と言われています。

 

アイベストの坪単価は45万〜55万円

 

と言っても、ハウスメーカー全体で見たらローコストですね。この値段で上品かつ設備も上等な家が手に入るのですから、コスパはいいと思います。

 

贅沢な暮らしを作り上げるアイベストの10のプレミアム

  1. オール4寸柱
  2. リビング天井2.7m
  3. ウレタン吹付断熱
  4. 樹脂サッシ
  5. 基礎断熱施工
  6. 準不燃耐力面材ダイライト
  7. ペニンシュラキッチン
  8. 音響機能付き1.25坪ユニットバス
  9. オール電化
  10. メーターモジュール

 

ローコス犬
とくに注目したいのは、7の選べるペニンシュラキッチンです!

 

壁付レイアウトのオーソドックスなものから、二つのシンクを付けられるラウンド型など4つのタイプから生活スタイルやお好みに合わせて選べるのは、とっても魅力的ですね。10のプレミアムで快適で贅沢な暮らしを実現しちゃいましょう!詳しい説明はアイベストの公式ページで確認してみてください。

 

坪単価が45万円〜55万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

20坪の家900万〜1,100万円
25坪の家1,125万〜1,375万円
30坪の家1,350万〜1,650万円
35坪の家1,575万〜1,925万円
40坪の家1,800万〜2,200万円
45坪の家2,025万〜2,475万円
50坪の家2,250万〜2,750万円

 

先述した10プレミアムが揃っていて、この値段なら納得できるという方も多いのではないでしょうか?金額に差がある通り、要望や間取り、土地などによって費用が上下しますので、見積もりで正確な金額を見た上で判断しましょうね!

 

二階建てパンダ
ハイグレードな家に安く住みたいな!
そんなわがままが、アイベストなら叶うかもね!
ローコス犬

 

ブラーボゼネクトの特徴・坪単価

 

ブラーボゼネクトの特徴

参照元:アイダ設計公式ページ

 

アイダ設計のブラーボゼネクトは坪単価が平均して40万円~55万円程度です。

 

ブラーボゼネクトの坪単価は40万〜55万円

 

家族の健康を守ることをコンセプトとしているZEH住宅です。2018年のハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーで優秀賞を受賞しています。断熱性が高く、ヒートショックや室内熱中症を防ぐことができます。北海道エリアの住まいと同程度の断熱性を実現しているのが特徴です。

 

ブラーボゼネクトの主な特徴

 

「人」・「家」・「環境」・「お金」の4つの健康をコンセプトに掲げるシリーズです。

 

  1. 温度差が少ない家づくりや、自然のエネルギーを有効に取り入れる家にすることで、「人」の健康を守る
  2. 湿気を通しにくい断熱材の家にすることで、「家」の健康を守る
  3. ゼロ・エネルギーの家で、「環境」の健康を守る
  4. 電気を『見える化』する家で、「お金」の健康守る

 

もちろん設備だけでなく美しい外観にもこだわりがあるシリーズなので、ブラーボゼネクトなら家族みんなの健やかな毎日と安定した暮らしに配慮しつつ、エコでスタイリッシュな新生活を送ることができそうですね。

 

アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介
アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介

  ZEH住宅は環境に配慮した上で経済的な住宅として話題です。CMなどで取り上げられることも増えたので一度は聞いたことがあるという方も多いと思います。今回紹介するアイダ設計は、2020年にZ ...

続きを見る

 

エコハウスの特徴・坪単価

 

エコハウスは坪単価35万円〜40万円程

 

エコハウスは坪単価35万円〜40万円程度の商品です。

 

エコハウスの特徴

 

太陽光発電付きのオール電化住宅となっています。省エネルギー性能がとても優れた家であり、エコな暮らしを送れます。オール電化住宅のため光熱費はすべて電気に一体化できるのが特徴です。IHクッキングヒーターが設置されていて、火を使わないため安全です。太陽光パネルによる発電によって余剰電力が生じたときには、それを売電できます。

 

ほかにも、多彩な設備を豊富に揃えているのがエコハウスです。玄関には断熱玄関ドアを設置できます。洗面化粧台はエコハンドルがついていて便利です。トイレは掃除が楽な設備を導入できます。キッチンは2つのメーカーからシステムキッチンを選ぶことが可能です。浴槽も2つから選べるようになっています。

 

実際にエコハウスを建てた人は光熱費0円を実現してとても助かっているという口コミを寄せています。オール電化住宅やエコな暮らしに興味を持っている人はエコハウスに注目してみましょう。

 

アイダ設計の口コミ・評判まとめ!888万円の家や人気商品の評価は?
アイダ設計の口コミ・評判まとめ

  ハウスメーカーを利用したい人は評判が気になるものです。そこで、アイダ設計の提供する商品やサービスについての口コミ・評判をまとめました。   ローコス犬アイダ設計の客観的な評価が ...

続きを見る

 

セーフティハウスの特徴・坪単価

 

セーフティハウスの坪単価は35万円程度

 

アイダ設計ではセーフティハウスという商品を提案しています。日本は地震の多い国であり、しっかりと対策することが大切です。そこで優れた耐震性を発揮できる住まいとしてセーフティハウスが提案されています。セーフティハウスの坪単価は35万円程度です。

 

セーフティハウスの主な特徴

 

セーフティハウスはスリーセーフティを実現しています。まず耐震です。構造用耐力面材を使用していて、地震や風による力を面によって分散できます。また、面材そのものが燃えにくくなっていて、耐火性をもたせることにも成功しています。次に制震です。セーフティハウスでは制振装置を装備しているため、建物が揺れるのを1/2に抑えることに成功しています。さらに耐火性能も高いのが特徴です。省令準耐火構造に適合しているため、火事の不安を解消できます。石膏ボードが設置されていて、これが空気の流れを遮断することで延焼を防げるつくりとなっているのです。

 

また、暮らしの快適性を高めることも重視しています。そのために充実した標準装備が用意されているのです。システムキッチンやシステムバス、洗浄便座付きトイレ、断熱玄関ドアなどは標準装備です。さらに、カラーテレビモニター付きインターフォンや省エネ高効率ガス給湯器、Low-Eペアガラスなども標準装備されています。

 

楽らくご長寿さんの特徴・坪単価

 

楽らくご長寿さんの坪単価は40万円から50万円

 

これからの高齢化社会に合わせた住まいとして楽らくご長寿さんが提案されています。こちらは高齢者目線で考えたデザインが取り入れられているのが特徴の商品です。坪単価は40万円から50万円ほどとなっています。随所にさまざまなアイデアが盛り込まれていて、高齢者が快適な生活を送れる環境が整っています。

 

たとえば、ユニバーサルデザインドアであるケアシストを導入しています。こちらはどちら側から押しても開くことができるのが特徴のドアです。廊下側からも部屋側からも扉を開くことができ、弱い力でも開閉できるためお年寄りに最適です。下レールがない構造となっていて、床に段差が生じないのも特徴です。モヘアが設置されていて明かりがもれてしまうのを防ぐこともできます。

 
楽らく長寿さんの主な特徴

手すりがついているシャワートイレも設置されています。丸洗い洗浄の機能があり、水流れは勢いよく、便利を強力に洗い流してくれるため、トイレ掃除の手間を省けます。安全に配慮してL型の手すりが設置されているため、お年寄りでも安心です。壁に設置されているリモコンは機能的でなおかつ使いやすいです。

 

玄関は引き戸となっていて開けやすいです。扉を開けたままの状態にしておくことができ、高齢者が家に入りやすいです。電動シャッターがついていて、窓を開けずに簡単に開閉できます。スイッチで操作できるため、便利です。システムバスは握りバーが設置されていて、表面は滑りにくい加工が施されていてお年寄りが安心してお風呂に入れます

 

ローコス犬
ほかにも高齢者に配慮した設備がたくさん整っているのが楽らくご長寿さんです。

 

ブラーボファミリーの坪単価

 

家族のことを考えた商品であるブラーボファミリーの坪単価は35万〜50万円です。

 
ブラーボファミリーの坪単価は35万〜50万円

家族の暮らしにフィットする充実設備の家というのがこの商品の特徴で、家族構成の変化にも対応し、お子さんから年配の方まで、全ての家族が過ごしやすく安心して暮らせる住まいを提供しています。
 
ブラーボファミリーの主な特徴
自動洗浄のレンジフードやお湯が冷めない魔法びん浴槽、浴室換気暖房乾燥機など、みんなが笑顔になれるような設備を標準装備。

また、対面キッチンやSOHOとしても利用できるカウンターなど、家族が集まりやすく、繋がっている空気感が心地良い工夫が随所にあり、その他にも適材適所の収納動きやすい家事動線などが、家族構成や生活スタイルに合った最適な間取りを提案します。

 

888万円の家の坪単価

 

自由設計の二階建て、24坪、4LDK本体価格888万円というのが売りの888万円の家。坪単価は単純計算で21.3万円になりますね。

 
888万円の家の坪単価は21.3万円

アイダ設計といえば555万円の家がCMでおなじみになりましたが、888万円の家は広さも15.12坪から24坪と広くなり、キッチンや浴室など、設備面でもグレードアップしています。

 
888万円の家の主な特徴

888万円の家は、8にちなんで、

 

ポイント

  • 食器洗い乾燥機
  • 対面式カウンターキッチン
  • タイガーハイクリンボード
  • 収納付きトイレ
  • 浴室暖房換気乾燥機
  • 洗面台
  • 浴室TV
  • 全熱交換換気システム

 

の8つの特別仕様を用意しています。

 

さらに、Low-Eペアガラス省エネ高効率ガス給湯器など暮らしに役立つたくさんの設備が標準仕様となっているため、低価格で快適な住まいづくりができますね。888万円の家はコストを抑えたい方にオススメです。

 

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-アイダ設計, 費用・価格

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.