アイダ設計の坪単価は約30万円〜!建てた人の価格相場を知ろう

アイダ設計 坪単価目安

アイダ設計の坪単価と総額は?実際に建てた方の実例と価格相場

 

坪単価の価格が相場よりも安い家と言えばどこを思い浮かべますか?昔のCMを覚えている人ならば「555万円の家」で有名の、アイダ設計を思い浮かべる人も多いはずです。美川憲一さんがCMをされていたので、インパクトがあり記憶にも残っています。

 

「ローコストで建てる=アイダ設計」という考え方を根付かせるには、十分のCMでした。すでに555万円の家は販売していませんが、価格の安さではハウスメーカーの中でも上位クラスです。安く建てたい人は検討するハウスメーカーに、アイダ設計を入れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読めば以下のことを知ることができます!

 

  • アイダ設計のおおよその坪単価がわかる
  • アイダ設計の商品の特徴と費用感がわかる
  • 商品ごとの費用を比較検討できる

 

アイダ設計の商品別坪単価と特徴を解説します。検討されている人は、参考にしてください。

 

こちらもチェック

注文住宅の相見積もりサイトまとめ

 

クリック移動【目次】

アイダ設計の坪単価は約30万円〜60万円が相場【総額目安】

 

アイダ設計の坪単価は約30万円〜60万円が相場

 

アイダ設計の坪単価は30万~60万円程度です。

坪単価が30万円〜60万円とした時の、坪数に応じた建築費用は以下の通りです。

坪数本体価格
【総額目安】
20坪600万〜1,200万円
25坪750万〜1,500万円
30坪900万〜1,800万円
35坪1,050万〜2,100万円
40坪1,200万〜2,400万円
45坪1,350万〜2,700万円
50坪1,500万〜3,000万円

 

坪単価を見るとアイダ設計はローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーということがわかります。アイダ設計は昔、「555万の家」や「888万の家」を販売していました。現在は販売していませんが、坪単価の安さは今もなお受け継がれています。

 

アイダ設計は「正直価格でお客様と向き合う」を掲げるハウスメーカーです。さらに「良い家は高いを覆す」とまで言っています。アイダ設計の坪単価が安くなる主な理由は次のとおりです。

 

ココがポイント

  • 必要以上の利益を求めていない
  • 自社プレカット工場の保有
  • 自社一貫体制
  • 一括仕入れでコストを削減

 

アイダ設計は直接木材を仕入れ、自社プレカット工場にてミリ単位でカットをします。検査をクリアした品質の良い部材を自社工場でカットすることで現場での作業を軽減、品質を上げながらコストが削減できる体制です。

 

また、すべてを自社一貫体制で取り組むことで中間マージンを発生させません。一般的に見積もりは「会社の利益」と「中間マージン」を隠すことで不誠実になります。アイダ設計は、できるだけ利益を抑えて中間マージンを省くことで、正直な説明と見積もりを可能とするのです。適正価格で正直にお客様と向き合っています。坪単価を抑えながらも、品質の良い注文住宅を建ててくれるお客様目線のハウスメーカーです。

 

 

▼資料請求や展示場見学前にすべきこと▼

\完全無料/
間取りプランが豊富に届く

【実例紹介】アイダ設計で実際に建てた方の価格目安

実例1:777万円の家 1,150万円(30坪)/坪単価38万円

実例1:777万円の家 1,150万円(30坪)/坪単価38万円

お客様の声

20代後半で購入しました。関東の都心からは離れた住宅街の土地だったので、安く購入できました。仕事が忙しく、住宅展示場などに足を運ばずに決めてしまい、気がついたら契約していました。建築会社とのやり取りも妻に任せっきりになってしまい、若いうちにローンを組んた方が後々楽になるだろうと、、、今思えば間取りや外壁の色などこだわって決めればよかったなーと後悔しています。

特にLAN配線を各部屋まで引くのにかなり高い金額を提示されて、断ってしまったのですが、自宅で有線でネットに接続出来ないのがとても不便です。自宅購入に興味がないうちに購入するのではなく、こだわりを持って選んだ方が良いと思います。

 

実例2:ブラーボ・スタンダード 1,800万円(35坪)/坪単価51万円

実例2:ブラーボ・スタンダード 1,800万円(35坪)/坪単価51万円

お客様の声

まずは、複数の業者に見積もりを出してもらうのが大事です。、最低3件くらいは調べたほうがよいです。担当者とも相性も大事ですので、時間を、たっぷりかける必要があるとおもいます。アイダ設計の実際の坪単価は35万~60万円程度です。 高級向け商品やオプション追加によって坪単価65万円を超えるこもあります。 価格帯に幅がありますが、大体が坪単価50万円前後で建ててる人が多いとおもいます。

値引き交渉のコツは決算月を狙うことです。3月と半期決算月は9月なので、この1か月前に値引き交渉すると成功する可能性が高くなります。

 

アイダ設計は高い?安い?他の住宅メーカーと比較

 

アイダ設計の坪単価を人気ハウスメーカーと比較します。

住宅メーカー名構造坪単価
アイダ設計木造30万〜60万円
秀光ビルド木造30万〜50万円
アキュラホーム木造30万〜70万円
クレバリーホーム木造30万〜75万円
アイフルホーム木造35万〜100万円
ユニバーサルホーム木造40万〜70万円

 

アイダ設計の坪単価は30万~60万円程度なので他社と大きく変わりません。ただアイダ設計は、選択肢が多いという特徴を持っています。

選択肢

  • 分譲住宅:早い入居が希望(即入居)
  • 注文住宅:自由設計で建てたい

 

分譲住宅は、多くの人のニーズに応えた住まいに素早く入居ができます。価格も抑えられた住まいです。もし着工前ならば、入居日は遅れますが間取りの変更もできます。

 

注文住宅では、「ブラーボシリーズ」と「コンセプト住宅」を用意、商品の特徴を変えることで、さまざまなニーズに応えられる商品です。
安く早く住み始めたいのならば「分譲住宅」、とことんこだわりたいのならば「注文住宅のブラーボシリーズ」、ある程度の自由がありつつも安く建てたいのならば「注文住宅のコンセプト住宅」と、建てる人の状況によって選べます。

 

ローコス犬
坪単価は似たような価格帯ですが、いろいろと対応できるのがポイントです。

 

アイダ設計はこんな人におすすめ

 

アイダ設計はこんな人におすすめ

 

アイダ設計はローコスト住宅でありながらも高品質の家を求めている人におすすめです。

 

コストパフォーマンスに優れた家を建てたい人

 

アイダ設計は、コストパフォーマンスに優れた家を建てたい人におすすめです。アイダ設計はホームページ上で次の説明をしています。

ココがポイント

「高品質な家を建てるコスト」-「削減可能なコスト」=「高品質でうれしい価格」

 

コスト削減については先ほど説明をしました。ここでは高品質な住まいを解説します。アイダ設計の建てる家は「耐震性」と「断熱性」に優れた住まいです。

 

耐震性

 

アイダ設計の家は大きな地震に備えた「耐震構造」です。「土台「柱」「梁」を耐力面材で一体化、構造体を一つの強固な箱にすることで耐震性と耐風性を上げています。また、オプションになりますが、木造軸組用摩擦ダンパーの採用が可能です。揺れを吸収することで、繰り返し襲う余震からも家を守ります。優れた耐震性は、「震度7相当の耐震実験」で証明されました。

 

 

断熱性

 

アイダ設計では、隙間なく充填できる「発砲ウレタン吹付」を採用しています。断熱性と機密性を向上させることで心地よい住まいを建ててくれるのです。

 

高品質を維持するためアイダ設計では、第三者機関による施工品質チェックを行っています。社内だけでなく第三者にも依頼をする体制です。全6回にわたり約100項目の検査をクリアすることで高品質を維持します。また、商品性能の高さは表彰実績により証明されているのです。
ただしオプション仕様には注意をしましょう。アイダ設計は一括仕入れでコストを削減しています。オプション仕様は坪単価を高額にする要因です。

 

アイダ設計の建てる家は、標準装備でも十分に満足ができます。コストパフォーマンスに優れた住まいを求めている人におすすめです。

 

多くの要望を叶えた間取りの家に住みたい人

 

アイダ設計は社名に採用されているとおり、設計からスタートしたハウスメーカーです。社内に設計の専門部門を設けることで、優れた設計力を実現します。

 

アイダ設計は、お客様の要望にプラスアルファの提案を紹介しながら作り上げていくのがポイントです。要望と理想を最初に聞いて、細部まで反映をさせながら理想の住まいに近づけます。都心部の狭小地でも問題ありません

 

注文住宅ならば基本的にすべて自由設計です。コンセプト住宅も設備や仕様は決まっていますが、間取りの変更は行えます。自分たちの要望をかなえた間取りを希望している人にアイダ設計はおすすめです。

 

エコ住宅の住まいを建てたい人

 

アイダ設計はZEH住宅の推進にいち早く取り組んだハウスメーカーです。環境と家計にやさしいエコ住宅を建ててくれます。

ココがポイント

  • 2010年:「エコポイント(国の省エネ基準を満たす住宅でリフォームを行った場合に発行されるポイント)」の住宅に対応
  • 2013年:太陽光付オール電化住宅の販売を開始
  • 2018年:ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017「ECOHOUSE」優秀賞受賞

 

アイダ設計は2018年以降4年連続でハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを受賞しています。エコ住宅への取り組みが早かったことも要因のひとつではないでしょうか。優れたエコ住宅を建ててくれることが受賞歴から証明されています。

 

ローコストでエコ住宅を求めている人にはアイダ設計がおすすめです。

 

【アイダ設計】商品別の特徴と坪単価を紹介

 

それでは、アイダ設計の商品ごとの坪単価と特徴を確認していきましょう。アイダ設計の商品は、大きく2つに分けられます。

  1. ブラーボシリーズ:こだわりの自由設計住宅
  2. コンセプト住宅:要望の多いものを反映させた住宅

 

希望をどうしてもかなえたい人はブラーボシリーズがおすすめです。坪単価をさらに抑えたい人はコンセプト住宅を検討するといった選び方ができます。

 

商品(クリックで詳細)坪単価
ブラーボゼネクト40万円〜60万円
ブラーボコンフォート40万円〜60万円
アイベスト45万円〜65万円
ブラーボスタイル30万円〜50万円
ブラーボファミリー35万円〜55万円
ブラーボスタンダード35万円〜55万円
スイートハウス35万円〜
エコハウス本体価格980万円(税別)
セーフティハウス35万円〜
楽らくご長寿さん40万円〜50万円

 

などがあります。特に「ブラーボシリーズ」はアイダ設計の顔で、低コストだけど自由設計で高品質の家を実現します。商品それぞれの特徴や坪単価を知りたい方のために、まとめてみました。

 

注文住宅の相見積もりサイトを徹底比較!おすすめ一括見積もりサービス
注文住宅の相見積もりサイトを徹底比較!おすすめ一括見積もりサービス

続きを見る

 

ブラーボゼネクトの坪単価と特徴

 

ブラーボゼネクトの坪単価は「40万円から60万円程度」

参照元:ブラーボゼネクト公式ページ

 

ブラーボゼネクトの坪単価は「40万円から60万円程度」、コンセプトは「家族の健康を守る、健康な家づくりのすすめ」です。

 

ここがポイント

  • アイダ設計のZEH住宅。
  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2019 特別優秀賞受賞。

 

さらに詳しく

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは、一般財団法人日本地域開発センターが主催する省エネ住宅のトップランナーを選定する表彰制度です。受賞歴はZEH住宅(一次エネルギーの消費量と創るエネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅)の価値を上げてくれます。受賞するだけの価値があるということの証明です。

 

ブラーボゼネクトのコンセプトにある「健康」は、「人」「家」「環境」「お金」を指しています。

 

人の健康

 

家の中には、「ヒートショック」や「室内熱中症」など、突然死によるリスクが存在しています。そのリスクを抑えるため、家の中の温度差を少なくする高性能断熱材を採用、脱衣所やトイレなどの温度差を少なくしました。さらに、20畳用高効率エアコンが標準装備です。

 

また、空調なしでも快適な空気設計になるよう間取りに工夫がされています。多方向に通り抜ける風が、人の健康に大きな影響を与えるのです。

 

家の健康

 

湿気を通しにくい発泡ウレタン断熱材を採用することで、室内側からの湿気をガードします。室外からの湿気は通気層から掃出、乾燥状態を維持して耐久性を高めました。家の健康を保つため、腐食やカビを防ぐ工夫が施されています。

 

環境の健康

 

環境の健康は地球の健康につながります。ブラーボゼネクトはZEH住宅です。省エネと創エネを組みあわせ一次エネルギーの利用をゼロにします。まさに地球環境の健康を考えた住宅です。

 

お金の健康

 

ZEH住宅はエネルギーの自給自足が目的です。月々の電気代を節約できます。ブラーボゼネクトは、住み始めてからの費用、つまりお金の健康を意識した住まいです。大手ハウスメーカーのZEH住宅の相場から見ても、低価格を実現しています。ZEH住宅を求めている人には、アイダ設計のブラーボゼネクトがおすすめです。

 

ブラーボゼネクトの主な特徴

 

アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介
アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介

続きを見る

 

ブラーボコンフォートの坪単価と特徴

 

ブラーボコンフォートの坪単価は「40万円から60万円程度」

参照元:ブラーボコンフォート公式ページ

 

ブラーボコンフォートの坪単価は「40万円から60万円程度」、コンセプトは「住まう人の快適を叶える上質な性能を持った家」です。

 

ここがポイント

  • 耐震実験による耐震性を実証。
  • 高断熱で健康的な生活。
  • 換気効率が高く住空間が快適。

 

コンフォートとは快適を意味しています。商品名である快適を実現させるためには性能が重要です。コンセプトに掲げた性能の高さをブラーボコンフォートは実現しています。

 

ブラーボコンフォートの主な特徴

 

性能の高さは、「耐震等級(構造躯体の倒壊・損傷防止)」「劣化対策等級(構造躯体等)」「維持管理対策等級(専用配管)」「断熱等性能等級」で最高等級を得ることで証明をしました。第三者機関が性能をチェックし、それだけの等級を認めた商品です。

 

「住宅性能表示制度」に対応

 

耐震性が高く、高断熱の家だからこそ快適な暮らしが実現します。さらに劣化に強く、換気効率が高いのも特徴的です。家は疲れを取る憩いの場でなければいけません。

 

ローコス犬
快適な暮らしができるブラーボコンフォートは、坪単価を抑えたコストパフォーマンスができている商品です。

 

アイダ設計のブラーボコンフォートは性能にこだわった住宅!特徴や坪単価を解説
アイダ設計のブラーボコンフォートは性能にこだわった住宅!特徴や坪単価を解説

続きを見る

 

アイベストの坪単価と特徴

 

参照元:アイベスト公式サイト

 

アイベストの坪単価は「45万円から65万円程度」、コンセプトは「威風堂々、上品で落ち着きのある佇まい」です。

 

ここがポイント

  • 贅沢にも関わらず上品で落ち着きのある住宅。
  • リビング天井の高さは2.7m。
  • 音響機能付1.25坪ユニットバスを採用。

 

アイダ設計の中では設備・構造ともに最高クラスの商品です。高グレードな設備と暮らしを守る構造が特徴的、最上級仕様で至福の毎日が過ごせます。構造体には、4寸柱を採用、太い柱を利用することで建物を強く支え、リビングの天井高さも最大2.7mを確保できました。解放感が得られる商品です。

 

 

断熱性と気密性を得るためウレタン吹付断熱を採用しています。樹脂サッシを利用することでさらに断熱性を高めました。キッチンやバスルームなどの設備面も美しいデザインと機能性に優れた商品を標準仕様としています。オール電化にすることで光熱費を抑え、IHなど清掃の手間も省ける仕様です。

 

贅沢な暮らしを作り上げるアイベストの10のプレミアム

  1. オール4寸柱
  2. リビング天井2.7m
  3. ウレタン吹付断熱
  4. 樹脂サッシ
  5. 基礎断熱施工
  6. 準不燃耐力面材ダイライト
  7. ペニンシュラキッチン
  8. 音響機能付き1.25坪ユニットバス
  9. オール電化
  10. メーターモジュール

 

アイダ設計の中では坪単価は高額ですが、充実した設備をみると相場よりも低価格ではないでしょうか。アイダ設計で邸宅クラスを希望している人におすすめの商品です。

 

ブラーボスタイルの坪単価と特徴

 

ブラーボスタイルの坪単価は「30万円から50万円程度」

参照元:ブラーボスタイル公式ページ

 

ブラーボスタイルの坪単価は「30万円から50万円程度」、コンセプトは「安心と安全、機能と美しさ。自分流の住まいづくりを目指す」です。

 

ここがポイント

  • サイディングの採用。
  • 種類を豊富に揃えた選べる設備。

 

自分流の住まいを実現させるため、バリエーションを増やした注文住宅です。ブラーボシリーズの中でも、ひとつ上のグレードを追及した空間の仕様や機能が備わっています。

 

外壁には、雨で汚れを落とす機能を備えたサイディングの採用、パターンも「プロヴァンステイスト」「南欧スタイル」「ジャパニーズスタイル」など、多彩なデザインから選ぶことが可能です。

 

内装に関しては機能性の高いキッチンの工夫も魅力的に見えます。優れた機能性と心地よさを充実させたこだわりのバスルームは、3つのバリエーションから選ぶことが可能です。洗面化粧台とトイレに関しても機能性にこだわりがあり、暮らしやすさの追求が伝わってきます。理想の暮らしを低価格で求めている人におすすめの商品です。

 

ブラーボファミリーの坪単価と特徴

 

ブラーボファミリーの坪単価は「35万円から55万円程度」

参照元:ブラーボファミリー公式ページ

 

ブラーボファミリーの坪単価は「35万円から55万円程度」、コンセプトは「家族の暮らしにフィットする充実設備の家」です。

 

ここがポイント

  • ファミリー向けプラン。
  • 6つの工夫が施された間取り。

 

アイダ設計のファミリー向けプラン商品です。家族が笑顔になれるような設備がそろっています。幅広い年齢層が安心して暮らせる住まいです。間取りの6つの工夫は次のとおりです。

 

  1. 快適の工夫:ゆとりある空間設計や動線の確保がされた設計が快適を生みます。
  2. 心地よさの工夫:採光や空気の流れを考えた間取り。
  3. 動線の工夫:毎日の家事を時短できるように設計。
  4. コミュニケーションの工夫:リビングに対面キッチンを採用。
  5. 収納の工夫:パンドリーや各居室にクローゼットの設置。
  6. +αの工夫:ユーティリティルームやスタディスペースの採用。

 

ブラーボファミリーの主な特徴

 

6つの工夫で家族が住みやすい商品を実現しました。さらに便利な機能が備わった設備を用意することで使いやすさは倍増します。価格は相場よりも安いですが設備は充実していることから、家族全員が満足できる商品を探している人におすすめです。

 

ブラーボスタンダードの坪単価と特徴

 

ブラーボスタンダードの坪単価は「35万円から55万円程度」

参照元:ブラーボスタンダード公式ページ

 

ブラーボスタンダードの坪単価は「35万円から55万円程度」、1000万円台で建てることが叶うコストパフォーマンスに優れた人気商品です。

 

ここがポイント

  • 自由×規格が標準
  • 成約した8割以上の人が1,000万円台で建てている商品。

 

資材調達をアイダ設計の指定にすることで手間を軽減しました。企画設備にすることでトレンドを安価にして、自由設計の要望に応えてくれます。ブラーボスタンダードは、優れたコストパフォーマンスによる「正規価格の家」です。

 

ブラーボスタンダードの特徴

 

品質が良く、自由設計で希望を叶えたいと考えれば、おのずと価格は相場よりも上がります。その点を豊富なラインナップから選ぶスタイルにすることで、価格を下げることに成功しました。

 

ローコス犬
シンプルに費用を抑え、必要なものだけを自分好みにしたい人におすすめの商品です。

 

アイダ設計のメリット&デメリットまとめ!自由設計でローコストな業者
アイダ設計のメリット&デメリットまとめ!自由設計でローコストな業者

続きを見る

 

次からは「コンセプト住宅」を解説していきます。

 

スイートハウスの坪単価と特徴

 

スイートハウスの坪単価は「35万円以上」

参照元:スイートハウス公式ページ

 

スイートハウスの坪単価は「35万円以上」、2階建て3LDKの27坪プランが928万円~(税別)建てられます。

 

ここがポイント

  • スタイリッシュな外観。
  • 安心、安全、快適がつまった新スタイル住宅。

 

スイートハウスには、「玄関電子錠-カードキー」「宅配ボックス」「ただいま洗面台」など、ウイルス対策に関連した装備が施されています。まさに今の時代に必要な商品です。

 

3LDKにワイドバルコニーがプラスされた家が、ここまでの低価格帯を実現しました。相場よりもとことん安く建てたい人におすすめの商品です。

 

エコハウスの坪単価と特徴

 

エコハウスは坪単価ではなく「本体価格980万円(税別)

参照元:エコハウス公式ページ

 

エコハウスは坪単価ではなく「本体価格980万円(税別)」で販売している商品です。もちろん増坪や減坪にも対応ができます。

 

ここがポイント

  • 「ハウス・オブ・ ザ・イヤー・イン・エナジー2017」優秀賞を受賞したオール電化住宅。
  • 充実の設備が標準装備。

 

オール電化なので毎月の電気代を安く抑えることができます。さらに太陽光発電システムだけでなく、エコキュート、キッチン、バスルームなどの室内装備も充実、満足度が非常に高い商品です。

 

エコハウスの特徴

 

本体価格とランニングコストが抑えられるエコハウスは、予算をできる限り抑えたい人におすすめします。

 

アイダ設計の口コミ・評判まとめ!888万円の家や人気商品の評価は?
アイダ設計の評判は?感想と後悔しない家づくりの秘訣を聞いた

続きを見る

 

セーフティハウスの坪単価と特徴

 

セーフティハウスの坪単価は「35万円以上」

参照元:セーフティハウス公式ページ

 

セーフティハウスの坪単価は「35万円以上」、2階建て4LDKの28坪プランが980万円~(税別)建てられます。

 

ここがポイント

  • 耐震性に優れた地震に打ち勝つ家。
  • 充実の標準装備。

 

セーフティハウスは「耐震」「制震」「耐火」に優れた商品です。耐震性と耐火性に優れた構造用面材を使用、地震や強風などの自然災害のエネルギーを面で分散させます。燃えにくい材質が、優れた耐火性も発揮してくれるのです。さらに制振装置を装備することで揺れを2分の1に低減してくれます。

 

セーフティハウスの主な特徴

 

標準装備の設備も豊富で、高い満足度が得られることは間違いありません。コストパフォーマンスに優れた商品です。

 

楽らくご長寿さんの坪単価と特徴

 

楽らくご長寿さんの坪単価は「40万円から50万円程度」

参照元:楽らくご長寿さん公式ページ

 

楽らくご長寿さんの坪単価は「40万円から50万円程度」、シニア層に優しい平屋住宅です。

 

ここがポイント

  • 高齢者目線の安心安全設備。
  • シニア層向け商品。

 

安心安全を考慮した商品です。電動シャッターの採用や、使いやすいキッチンなど設備にもこだわりがあります。

 

楽らく長寿さんの主な特徴

 

子どもたちが独立したので家を建て替えたいと考えている人におすすめの商品です。

 

888万円の家の坪単価

 

自由設計の二階建て、24坪、4LDK本体価格888万円というのが売りの888万円の家。坪単価は単純計算で21.3万円になりますね。

888万円の家の坪単価は21.3万円

アイダ設計といえば555万円の家がCMでおなじみになりましたが、888万円の家は広さも15.12坪から24坪と広くなり、キッチンや浴室など、設備面でもグレードアップしています。

888万円の家の主な特徴

888万円の家は、8にちなんで、

 

ポイント

  • 食器洗い乾燥機
  • 対面式カウンターキッチン
  • タイガーハイクリンボード
  • 収納付きトイレ
  • 浴室暖房換気乾燥機
  • 洗面台
  • 浴室TV
  • 全熱交換換気システム

 

の8つの特別仕様を用意しています。

 

さらに、Low-Eペアガラス省エネ高効率ガス給湯器など暮らしに役立つたくさんの設備が標準仕様となっているため、低価格で快適な住まいづくりができますね。888万円の家はコストを抑えたい方にオススメです。

 

アイダ設計の値引き事情

 

アイダ設計は値引きをしないハウスメーカーです。値引きを求めている人にはおすすめできません。

 

値引きをしない理由は「正直価格」です。値引きができないほど、会社の利益も中間コストも元からできる限り抑えています。値引きをする余裕がないほど正直価格でお客様と向き合っているハウスメーカーです。値引きを受ける場合は、どこを削るのでしょうか。値引きは主に次の要因で発生します。

 

ココがポイント

  • 品質を下げることで購入コストを下げる
  • 見積もりに値引きできる金額を上乗せして提示
  • 企業努力

 

アイダ設計は、見積もりを出す時点で十分な企業努力をしています。値引きできる項目がないのです。アイダ設計の営業マンは「大幅な値引きがなぜできるのかが不思議」と説明をします。建売ならば理解できますが、これから建てる注文住宅では考えられないそうです。

 

「適正価格」を掲げている以上、アイダ設計で値引きをするのは難しいと思ってください。しかし逆を言えば値引き不要のハウスメーカーと言えます。

 

アイダ設計で家を建てた方のブログまとめ【実際の坪単価も記載】

 

注文住宅で建てた詳細を紹介するブログはいろいろとあります。その中でも特に参考となりそうな、アイダ設計で家を建てた方のブログを集めました。現在注文住宅で悩まれている人の教科書になるようなブログばかりです。

 

M家のローコスト注文住宅ブログ

 

M家のローコスト注文住宅ブログ

(参照元:M家のローコスト注文住宅ブログ)

 

「M家のローコスト注文住宅ブログ」は、注文住宅に関する知識がゼロだった「RPmamaさん」が運営をするブログです。アイダ設計の営業マンに対するリアルな愚痴なども書かれているので参考になります。

 

ブログの内容

  • アイダ設計の標準仕様が書かれている
  • 追加オプションによる価格の変更がわかる
  • 現場レポートについて詳しく書かれている

 

「M家のローコスト注文住宅ブログ」では、アイダ設計の標準仕様が書かれています。床材やクロスなど、実際に相談をしたからこそわかる情報が満載です。「RPmamaさん」が購入した「ブラボースタンダード」の標準仕様を確認しましょう。

 

書かれているのは標準仕様だけではありません。追加したオプション仕様についても詳しく書かれています。「RPmamaさん」は、外壁材やオール電化などを追加しました。オプションに関する情報も確認できます。

 

特に記事数が多いのは現場レポートに関する内容です。写真付きで丁寧に紹介されています。着工から〇日目という見出しなのでわかりやすいです。作業の流れをあらかじめ把握しておきたい人は、参考にしましょう。

 

アイダ設計で建て替え

 

アイダ設計で建て替え」は、ブログタイトルどおりアイダ設計で家を建て替えた「たけちゃんさん」が運営をするブログです。安心コミコミ価格のチラシを見てアイダ設計に決めたと書かれています。他の人とは一味違う、大胆な決め方です。

 

ブログの内容

  • 地盤改良から建築工事までが詳しく書かれている
  • アイダ設計の断熱材の写真が見られる
  • アイダ設計のミスが紹介されている

 

「アイダ設計で建て替え」のポイントは、画像の量です。豊富な画像がブログを見やすくしています。地盤改良から建築工事の内容まで、多くの写真で説明しているのが特徴です。アイダ設計の工事内容がわかります。

 

工事内容で特に気になるのが断熱材ではないでしょうか。断熱材は完成後に隠れてしまいます。家が建った後は、見ることができない部分です。その断熱材を写真で紹介しています。断熱材が気になっている人は、チェックをしておきましょう。

 

また、アイダ設計のミスも詳しく紹介をしています。内容はうっかりミスが多く、「アイダ設計に任せて本当に大丈夫かな?」と、不安を覚えるミスもありました。担当者レベルなのでアイダ設計に問題があるわけではありませんが、見ておくと参考になります。

 

ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!

 

ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!

(参照元:ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!)

 

「ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!」は、「Sin san」が運営をするブログです。2012年にアイダ設計で注文住宅を建てました。住み始めてから数年経過したあとの状況も紹介されているブログです。

 

ブログの内容

  • 工事の進捗情報が詳しく書かれている
  • アイダ設計に抱いた不満も正直に書かれている
  • 住み始めてからのリアルな不具合が参考になる

 

「ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!」は、工事の進捗情報が詳しく書かれています。掲載されている写真の枚数も多く、 見やすいのが特徴です。工事中に「Sin san」が抱いた不安に関する内容なども詳しく書かれています

 

また、建築が進むにつれていろいろと不満が増えてくる様子もリアルです。改善を求めるため、何度かアイダ設計の担当者とやり取りをしています。そのリアルなやり取りを確認しておきましょう。アイダ設計の価値観が見えてきます。

 

「ローコスト住宅 アイダ設計で注文住宅を建てる!」は、建ててから数年経過しているのがポイントです。その間にいろいろな不具合が生じています。問題は営業マンや大工などにあるようです。アイダ設計で建てる人は、同様のトラブルが生じないかブログを活用して営業マンに確認をしておきましょう。

 

アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ

 

アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ

(参照元:アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ)

 

「アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ」は、結婚や出産を機にアイダ設計で家を建てた「@kaori_aidasekkeiさん」が運営をするブログです。30坪の土地に夢のマイホームを建てた様子が書かれています。

 

ブログの内容

  • 他のハウスメーカーをやめた理由が書かれている
  • アイダ設計に決めた理由がわかる
  • ハウスメーカーの決め方が書かれている

 

「アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ」は、一条工務店や積水ハウスなども検討をされていました。他のハウスメーカーをやめアイダ設計に決めた理由が詳しく書かれています。ハウスメーカー選びで悩まれている人が共感できる内容です。

 

また、アイダ設計に決めた理由も確認をしておきましょう。アイダ設計に決めた理由は消去法ではありません。明確な理由があります。その理由は、現在悩んでいる人の参考になるような内容です。

 

「アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ」は、ハウスメーカーの選定に特化しています。ハウスメーカーの選定で悩まれている人はいませんか。悩まれている人は、「アイダ設計でマイホームを建てる記録用ブログ」を参考にしましょう。

 

アイダ設計の概要

 

アイダ設計の概要

 

会社設立1981年1月6日
構造耐震構造
居住タイプ2階建て、3階建て、平屋など
新築引渡し実績数年間約2,600棟
保証期間初期保証10年(延長保証で35年)
公式サイトアイダ設計公式

 

アイダ設計は、創立から40年以上にわたり健全な経営を続けているハウスメーカーです。3つの取り組みでお客様の希望をかなえてくれます。

  1. 理想をかなえる設計力
  2. 高品質を維持しながらも中間コストを削減
  3. 35年以上住める丈夫で安心できる家づくり

 

アイダ設計の信念は「一人でも多くの家族に幸せで満足のいく住まいを」です。3つの取り組みで価格にも品質にも満足できる家を提供しています。

 

アイダ設計は建物35年保証が特徴です。充実したアフターサービスもついています。35年保証は有償メンテナンス工事の継続が条件ですが、長きにわたりサポートをしてくれる体制です。ローコスト住宅を手掛ける他のハウスメーカーと比較をしてもトップクラスのサポートを用意しています。建てた後もお客様目線が続くハウスメーカーです。

 

まとめ

 

アイダ設計の坪単価は、相場よりも価格が相当安いことがわかります。予算に不安を抱えている人は、アイダ設計のコンセプト住宅がおすすめです。特に、住み始めた後の電気代までも節約ができるエコハウスは、検討する価値があるのではないでしょうか。

 

大手ハウスメーカーの営業担当者に疲れた人は、アイダ設計を確認してみると心が休まるかもしれません。アイダ設計の掲げている「正直価格」が利用者の強い味方になってくれるはずです。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

【PR】タウンライフ家づくり

-アイダ設計, 坪単価目安

© 2022 みんなの注文住宅