ローコスト二世帯住宅を比較!低予算で安く建てるコツとは?

ハウスメーカー 二世帯住宅

ローコスト二世帯住宅を比較!低予算で安く建てるコツとは?

 

「ローコスト二世帯住宅を建てたいけど、どのハウスメーカーに依頼すればいいの?」と悩まれている人はいませんか。最近はローコスト住宅をウリにするハウスメーカーが増えています。どこに依頼をするべきか悩んでしまうのも仕方がありません。

 

悩まれているのならば、まずはローコスト二世帯住宅を手掛けるハウスメーカーを比較することが必要です。「構造」や「坪単価」などの情報を参考に、比較をしてみましょう。

 

そこで今回は「ローコスト二世帯住宅の比較」について解説をします。二世帯住宅を安く建てるコツと合わせて参考にしてください。

 

このページを全て読むと...

 

  • 各ハウスメーカーの二世帯住宅のことがわかる
  • 各業者の二世帯住宅の比較ができる
  • 各商品の特徴や価格がわかる

 

ことができます。少しでも家づくりに興味がある方は参考にしてくださいね!

 

まずはお手軽に資料請求から始めたい人

≫ローコスト住宅専門のカタログ・資料請求

 

ローコスト二世帯住宅の比較

 

ローコスト二世帯住宅の比較

 

次のローコストハウスメーカーの二世帯住宅を紹介します。

 

商品(クリックで詳細)坪単価
アイダ設計の二世帯住宅約30万円〜60万円
アイフルホームの二世帯住宅約45万円〜55万円
アエラホームの二世帯住宅約40万円〜60万円
 アキュラホームの二世帯同居の家約45万円〜55万円
 クレバリーホームの二世帯住宅 約50万円〜60万円
タマホームの二世帯住宅約40万円〜80万円
 ヤマト住建の二世帯住宅 約45万円〜55万円
 ユニバーサルホームの二世帯住宅約40万円〜50万円

 

どのハウスメーカーも知名度が高く性能に関しては問題ありません。比較をするなら「構造」「坪単価」「保証期間」に注目しましょう。特徴と合わせて解説します。

 

ローコス犬
二世帯住宅は間取りが命!気になる業者から間取りプランをもらって比較検討しよう!

 

間取りの決め方で悩んだ方はこちらで解決

≫注文住宅の間取りプラン請求方法と決め方

 

アイダ設計のローコスト二世帯住宅

 

アイダ設計は、「正直価格」を掲げるローコストハウスメーカーです。注文住宅では、「なんでこの項目はこんなに高いの?」や、「他のハウスメーカーでは請求のなかった項目がある」など、不透明なことが起こりがちです。アイダ設計は、トラブルの原因になりそうな価格設定を排除することで、誠実にお客様と向き合ってくれます。

 

アイダ設計の二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:30万〜60万円
  • 保証期間:最長35年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

アイダ設計の主力商品は「ブラーボシリーズ」です。それぞれの特徴を持った4種類のブラーボシリーズが用意されており、どちらでも二世帯住宅に対応をしています。希望に近いテーマを掲げている商品を選びましょう。

 

ブラーボシリーズでも十分にローコストですが、さらに抑えたいという人には「コンセプト住宅」がおすすめです。アイダ設計では、お客様の要望で多かったものを反映したコンセプト住宅を用意しています。コンセプト住宅の中にある「二世帯住宅」で気に入るプランが見つかれば、さらに価格を抑えて建てることが可能です。

 

アイダ設計の坪単価は約30万円〜!建てた人の価格相場を知ろう
アイダ設計の坪単価と総額は?実際に建てた方の実例と価格相場

続きを見る

 

アイフルホームのローコスト二世帯住宅

 

二世帯住宅(ハッピーハーモニー)の特徴

参照元:アイフルホーム公式ページ

 

アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。フランチャイズ展開による中間マージンのカットで、ローコストを実現します。LIXILが製造する設備機器が低価格で設置できるのもポイントです。

 

アイフルホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:30万〜70万円
  • 保証期間:最長30年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

アイフルホームの主力商品と言えば、こだわりをカタチにする家「FAVO(フェイボ)」です。アイフルホームは、「どう建てるか」ではなく「どう暮らすか」で選びます。FAVOには11の提案が用意されており、その中の「FAVO for WITH」が二世帯住宅に対応した商品です。

 

アイフルホームは安心安全の住まいに力を注いでいます。小さい子どもからお年寄りまで、安心して暮らせる住まいの提案が特徴です。光触媒でウイルスを除去する「清潔すこやかフロア」は、今の時代だからこそ必要かもしれません。プランも豊富で、長く住める二世帯住宅を建ててくれます。

 

アイフルホームの二世帯住宅ハッピーハーモニーの特徴や価格は?
アイフルホームの二世帯住宅ハッピーハーモニーの特徴や価格は?

続きを見る

 

アエラホームのローコスト二世帯住宅

 

アエラホームは環境設計の家にこだわるハウスメーカーです。品質を重視する傾向が高まってきたことから、以前よりも少々コストは上がっています。とは言っても、十分にローコストと言える二世帯住宅を建ててくれるハウスメーカーです。

 

アエラホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:40万〜60万円
  • 保証期間:初期保証20年(必要な有料点検とメンテナンスを受けることで永年保証)

 

アエラホームの主力商品は基本性能が高い「クラージュ」です。どの商品でも二世帯住宅を建てることができますが、ローコストにも関わらず7項目で最高等級が取得できるクラージュをおすすめします。

 

さらにクラージュは自由設計です。外観デザインも思いのままに提案ができます。またローコストにも関わらず、性能が高くなる外張断熱を採用しているのもポイントです。建物をアルミですっぽり包み込んでくれます。住む人が希望する家族の距離感を実現しながら、心地よい住まいをローコストで建ててくれるハウスメーカーです。

 

アエラホームの坪単価は?建てた人のリアルな価格相場を知ろう
アエラホームの坪単価と総額は?実際に建てた方の実例と価格相場

続きを見る

 

アキュラホームのローコスト二世帯住宅

 

二世帯同居の家の特徴

参照元:アキュラホーム公式ページ

 

アキュラホームは、「建てる時も建てた後もお得な適正価格」を掲げるハウスメーカーです。完全自由設計と高品質な住まいを提供しながらも、ローコストで家を建てます。品質に影響がでない方法でコストを下げる工夫がアキュラホームの魅力です。

 

アキュラホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:30万〜70万円
  • 保証期間:最長35年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

アキュラホームが建てる二世帯住宅は完全自由設計です。住む人の希望を十分に確認し、想いに寄り添った間取りをデザインしてくれます。家族構成や生活スタイルが、世帯ごとに異なるのは当然です。アキュラホームは最適な二世帯住宅を提案してくれます。

 

またアキュラホームは、一邸一邸の住まいのデザインが美しくなるデザインコードを開発しました。住む人たちの好みに合わせたデザインも人気の理由です。豊富な外観事例を見ることで、アキュラホームに決断する人も少なくありません。

 

アキュラホームの二世帯同居の家の特徴は?価格や間取りを解説
アキュラホームの二世帯同居の家の特徴は?価格や間取りを解説

続きを見る

 

クレバリーホームのローコスト二世帯住宅

 

二世帯住宅円居(まどい)の特徴

参照元:クレバリーホーム公式ページ

 

クレバリーホームは、「高品質が生み出す住まいの価値」と「将来の暮らしを見据えたゆとり」の2つをコンセプトに掲げるハウスメーカーです。「美しさ」や「強さ」などを持ちながら、「家計への優しさ」と「暮らしやすさ」を有する注文住宅を建ててくれます

 

クレバリーホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:30万〜75万円
  • 保証期間:最長30年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

クレバリーホームの二世帯住宅商品は「円居(まどい)」です。円居は自由設計なので、二世帯がそれぞれに抱く希望の距離感を、間取りに反映できます。クレバリーホームが確認するのは、住む人が求める「暮らしシェア率」です。どの程度共有しどの程度距離を持つのか、住む人の希望に沿ったプランを提案してくれます。

 

クレバリーホームが、二世帯住宅を建てるにあたり重要視しているのがヒアリングです。各世帯はもちろんのこと、個人個人の話を丁寧に聞き取り、間取りの提案をしてくれます。住む人が求める距離感のすり合わせが最も大切だからです。クレバリーホームには、住む人の希望を聞く力と、それをかなえる技術が備わっています

 

クレバリーホームの二世帯住宅円居(まどい)の特徴は?価格帯や評判を解説
クレバリーホームの二世帯住宅円居(まどい)の特徴は?価格帯や評判を解説

続きを見る

 

タマホームのローコスト二世帯住宅

 

木望の家の特徴

参照元:タマホーム公式ページ

 

ローコストハウスメーカーと言えばタマホームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。タマホームの考える家づくりは、「より良いものを、適正価格で提供」です。性能の高い住まいを適正価格で建ててくれます

 

クレバリーホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:35万〜80万円
  • 保証期間:最長60年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

タマホームは、二世帯住宅専用の商品を用意していません。ベストセラー商品である「大安心の家」でも二世帯住宅を建てることができます。二世帯住宅に3階建てを希望されるのならば、「木望の家」で建てることが可能です。

 

間取りは自由設計なので、理想の距離感でプランを決められます。タマホームは、メーターモジュールがメインですが尺モジュールへの変更も可能です。希望に合わせていろいろな提案をしてくれます。

 

タマホームの木望の家の特徴は?3階建て・二世帯住宅にぴったり
タマホームの木望の家の特徴は?3階建て・二世帯住宅にぴったり

続きを見る

 

ヤマト住建のローコスト二世帯住宅

 

ヤマト住建の二世帯住宅の特徴

参照元:ヤマト住建公式ページ

 

ヤマト住建は、「日本の住宅を世界基準に」を掲げるハウスメーカーです。海外の住まいは100年近くの寿命があるのに対し、日本の住宅は約30年と言われています。ヤマト住建は、住宅の長寿命を実現し、資産価値の高い住まいを建てるハウスメーカーです。

 

ヤマト住建の二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:40万〜70万円
  • 保証期間:最長60年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

ヤマト住建でローコスト二世帯住宅を建てるのならば「絆」がおすすめです。ヤマト住建の二世帯住宅が気になる人は、参考プランを確認しておきましょう。「ほぼ独立タイプ」「ほどほど独立タイプ」「ほどよく同居タイプ」「完全同居タイプ」の4つが用意されています。参考プランは、一緒に暮らす人全員で理想の間取りを相談するときにも便利です。

 

ヤマト住建は、「二世帯住宅応援コミコミパック2,650万円」の販売も行っています。諸費用もすべて込みの価格です。外張り断熱や制震ダンパーも備わっています。コストパフォーマンスに優れた、高性能ローコスト二世帯住宅です。

 

ヤマト住建の二世帯住宅(絆)の特徴は?価格帯や間取り、評判をご紹介
ヤマト住建の二世帯住宅(絆)の特徴は?価格帯や間取り、評判をご紹介

続きを見る

 

ユニバーサルホームのローコスト二世帯住宅

 

ウィズ・ハート(二世帯住宅)の特徴

参照元:ユニバーサルホーム公式ページ

 

ユニバーサルホームは、高品質の追及をしながらも独自の販売ノウハウで納得のできる住まいを建てるハウスメーカーです。フランチャイズシステムにより、無駄な経費を発生させません。コストパフォーマンスに優れた住まいを建ててくれます

 

ユニバーサルホームの二世帯住宅

  • 構造:木造(平屋~3階建て)
  • 坪単価:40万〜70万円
  • 保証期間:最長30年(必要に応じ有償メンテナンス工事が必須)

 

ユニバーサルホームの二世帯住宅商品は、「心地よく支え合う二世帯の家」をコンセプトに掲げる「ウィズ・ハート」です。2つの世帯が、ライフスタイルをそれぞれ大切にしながらも、支えあうことができる間取りを提案してくれます。

 

もちろんユニバーサルホームの魅力である「地熱床システム」や「高性能外壁材ALC」を採用している商品です。家をまるごと包み込む「発砲ウレタンフォーム」も採用しています。性能の高いローコスト二世帯住宅が実現できるハウスメーカーです。

 

ユニバーサルホームの二世帯住宅ウィズ・ハートってどう?特徴や価格帯を解説
ユニバーサルホームの二世帯住宅ウィズ・ハートってどう?特徴や価格帯を解説

続きを見る

 

▼資料請求や展示場見学前にすべきこと▼

\完全無料/
間取りプランが豊富に届く

二世帯住宅をできるだけローコストにするコツ

 

二世帯住宅をできるだけローコストに建てるためには、まず通常の住宅と同様の安く建てる工夫が必要です。

 

 

ココがポイント

  • 二階建ての正方形を選ぶ
  • 屋根の形をシンプルにする
  • できるだけオプションを選ばない
  • 企画住宅から選ぶ
  • 水回りを近くにし配管をまとめる
  • 廊下を減らし間取りをシンプルにする

 

上記がローコスト住宅を建てるのに必要な工夫です。二世帯住宅を建てる場合でも、上記の工夫を意識しておきましょう。プラスして、次の2つのコツも必要です。

 

2つのコツ

  1. できるだけ共用箇所を増やす
  2. ローコストハウスメーカーに依頼をする

 

詳しく解説をします。

 

できるだけ共用部分を増やす

 

二世帯住宅は、タイプによって住む人の距離感と価格が変わります。二世帯住宅は、次の3種類に分類するのが一般的です。

 

3種類に分類

  • 完全同居型
  • 部分共用型
  • 完全分離型

 

完全同居型は、水回りの数を減らせます。お風呂やキッチンを共有するので、費用が抑えられるタイプです。生活を始めたあとも、光熱費が抑えられます。最もローコスト二世帯住宅を実現しやすいタイプです。

 

ただ、共有部分が増えるのでプライバシー問題が発生します。住む人が多いと、お風呂やトイレ、洗面所などの順番待ちが発生するかもしれません。家族間のトラブルが多いタイプとも言われています。

 

トラブルを避けたいのならば完全分離型がおすすめです。ただし、設置する設備が増えることから費用が上がります。さらに十分な土地の広さも必要になるので、費用がグンと上がるタイプです。

 

ローコスト二世帯住宅を求めるのならば、できるだけ共有する部分が多い完全同居型を検討しましょう。「トラブルが不安」な人は部分共用タイプを検討するなど、できるだけ部屋数を減らす努力が必要です。

 

ローコストハウスメーカーに依頼をする

 

2つめのコツは、ローコストハウスメーカーに依頼をする方法です。先ほどの比較で紹介をしたハウスメーカーはおすすめです。「適正価格」を掲げているハウスメーカーばかりなので、費用を抑えて建てることができます。

 

完全分離型で建てる二世帯住宅は、ほぼ2棟建てるのと変わりません。大手ハウスメーカーの坪単価で2棟の家を建てたら費用は大変なことになります。ローコスト二世帯住宅を建てたい場合は、先ほど比較をしたハウスメーカーを中心に検討されるのがおすすめです。

 

まずはお手軽に資料請求から始めたい人

≫ローコスト住宅専門のカタログ・資料請求

 

ハウスメーカーを比較してローコスト二世帯住宅を建てよう

 

ローコストで二世帯住宅を建てるハウスメーカーを紹介しました。「ローコストは性能が不安」と思っている人はいませんか?最近はどのハウスメーカーも、品質を落とさず価格を落とす工夫をしています。性能に問題はありません。

 

ただローコストで二世帯住宅を建てる場合は、自由度が若干失われます。そのため、いろいろなハウスメーカーに相談をして比較をすることが大切です。お金をかけず時間をかけて、契約をするハウスメーカーを選びましょう。営業マンとの相性も大切です。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

【PR】タウンライフ家づくり

-ハウスメーカー, 二世帯住宅

© 2022 みんなの注文住宅