家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

憧れの注文住宅!予算オーバーしてしまった場合の対策はコレだ

家づくりコラム 費用・価格

憧れの注文住宅!予算オーバーしてしまった場合の対策はコレだ

家族の理想を反映できる注文住宅。夢も大きく膨らみますね。ただ、ついたくさんの理想を詰め込んでしまい、予算オーバーになったというケースは非常に多いです。新築の注文住宅を購入した場合、建築費用の平均金額は約2,900万円といわれています。そして予算オーバー額の平均は約250万円とのアンケート結果があり、高額なので多くの方は見直しが必要になるでしょう。

 

そこでこのブログでは、注文住宅で予算オーバーしてしまった場合の対策についてご紹介します。

 

注文住宅の見積もりガイド!効率よく・正しく見積もりをもらうコツ
注文住宅の見積もりガイド!効率よく・正しく見積もりをもらうコツ

  注文住宅で家を建てようと思ったとき、予算はどの位必要なのでしょうか。注文住宅を建てようと考え始めたばかりの人は、一から作り上げる注文住宅にどの位の予算が必要なのか、どの位の予算なら家族が ...

続きを見る

 

注文住宅の購入で重要になる予算の決め方

 

注文住宅を購入する際は、予算がとても重要になります。これから何年も返済することになる住宅ローンの借入金額も、この予算がもとになるからです。では、どのようにして予算を決めるとよいのでしょうか。

 

年収×年収倍率+自己資金−諸費用

 

ポイント

注文住宅の購入予算は「年収×年収倍率+自己資金−諸費用」が基準になります。

 

年収倍率とは買った住宅が年収の何倍かを表す数値で、約6.1倍が全国平均です(「2015年度フラット35利用者調査」)。また諸費用とは住宅購入にかかる経費のことで、仲介料や登記費用などにおよそ200万円かかるといわれています。これらの数字を当てはめて計算すると、おおよその予算金額が算出できます。

 

ただしこの金額はあくまで目安です。家族構成などにより月々に返済可能な金額は変わりますので、算出した金額を参考に、ご自身にとって無理のない借入金額を考えましょう。

 

注文住宅の予算の決め方とは?自分に適した予算を立てよう
注文住宅の予算の決め方とは?自分に適した予算を立てよう

注文住宅を購入することにしたら、まず決めるべきなのは予算です。使える金額が決まらないと、土地の場所も建物のグレードもどのくらいにできるのか分からないからです。   一般的に、注文住宅の購入資 ...

続きを見る

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

なぜ注文住宅を購入するときに予算オーバーになるの?

 

はじめは予算内に収まるはずだったのに、気付いたらオーバーしていたという話をよく耳にします。インターネット上のブログでも、そのような話題が数多く見つかります。ではなぜ予算オーバーしてしまうのでしょうか。それには次のような原因が考えられます。

 

予算オーバーの主な原因

 

オプションを付け過ぎた

 

よくあるのが、設備や資材にこだわった結果、オプション対象が多くなり金額が予算を超えてしまうケースです。
注文住宅は自由度が高く、自分の理想的な家を実現できることが魅力です。ただ、せっかく注文住宅にするのだからと、床暖房をつけたり浴室をオーダーメイドにしたりとこだわりを増やすと、金額もどんどん増えて予算オーバーになってしまいます。

 

外構費用を見落としていた

 

盲点なのが、外構費用です。意外に多くの人が予算に含めるのを忘れがちです。

 

外構費用とは家のエクステリアを整えるための費用で、フェンスやガレージの設置工事などが該当します。費用の平均は住宅本体の10%ほどになり、だいたい100万〜300万円かけて工事をする場合が多いので、もし予算に含めていないと大幅に金額が増えてしまい、予算オーバーにつながるのです。

 

注文住宅購入で予算オーバーを防ぐ方法はある?

 

注文住宅購入で予算オーバーを防ぐ方法

 

上記でご紹介した以外にも、予算オーバーになる可能性はあります。けれどもいくつかのポイントを押さえておくと、前もって防げる場合もあります。まずもっとも重要なのは、事前に相場を把握しておくこと。相場を知らずにあとから予算が足りなくなり、大幅な値引きをお願いすると、手抜きがあったりや欠陥住宅になったりしてしまう可能性もあります。注文住宅を建てるときには、まず相場を調べることから始めましょう。

 

次に、予算に見合ったハウスメーカーを選ぶこと。ハウスメーカーによって、坪単価は20万円〜70万円と大きく差があります。ですから希望の建物と金額が見合うハウスメーカーを探しましょう。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

そしてわりと効果的なのが、シンプルな間取りを心がけること。複雑な間取りだと材料費や工事費が高くなります。そのためL字型など凹凸がある間取りにするよりも、正方形や長方形などシンプルな形にするほうが、コストカットできます。

 

もし注文住宅が予算オーバーしてしまった場合の対処方法とは

 

では実際に予算オーバーしてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。まず項目ごとに、削減できるものをピックアップします。見直す主な対象は、大きく分けて以下の4点があります。

 

予算オーバーしてしまった場合の対処方法

 

  • 建物本体
  • 設備機器
  • 仕上げ材
  • 外構

 

それぞれについて、ご説明しましょう。

 

建物本体を見直す

 

大きな効果があるのは、坪数を減らすことです。仮にハウスメーカーの坪単価が50万円だとすると、2坪減らせば100万円のコストカットができます。間取り全体を見直して、広い玄関や大きな子供部屋など坪数減少につながるところはないか考えてみましょう。

 

また和室は洋室に比べてコストがかかります。ですからご自分で畳スペースを作ることにするなど、別の方法で代用するのもひとつの手段です。

 

設備機器を見直す

 

太陽光発電システムや床暖房など高額な設備に関しては、本当に必要なのかもう一度考えてみましょう

 

また設備機器の大きさや機能が、生活スタイルに適しているかを考えながら見直すことも有効です。大は小を兼ねると思って食器洗い乾燥機を大きいタイプにしたけれど、スペースがあまるともったいなくて結局使いづらかったという声もあります。お風呂のテレビも憧れますが、家族が多い場合は長風呂しにくいのであまり見る機会がないとも考えられます。
ですから設備を見直す際は、家族にとってちょうどよいものを選ぶようにすると、コストダウンにも使いやすさにもつながるでしょう。

 

仕上げ材を見直す

 

壁は面積が大きいので、漆喰より安いクロスにするとコストカットできます。一部だけ変更すると人件費がかかって費用が増える可能性もあるので、全体を変更するほうがおすすめです。

 

また床材も種類が豊富で、お値段高めの無垢材からクッションフロアまで幅広くあります。金額を抑えたいときは、似たようなイメージでより安いものを探してみましょう。

 

外構を見直す

 

ウッドデッキや屋根付きカーポートなど、外から見える部分なのでこだわりたくなるのが外構です。けれども工事費用が数十万円ほどかかるものも多いので、必要度が低いものをひとつ削るだけでも大幅なコストダウンができます。

 

庭の整備など自分でできそうな部分を削る、フェンスを少し安い種類に変更するなど、調整がしやすい部分ともいえるでしょう。

 

予算オーバー時の対処方法!ただし注意点に気をつけよう

 

いろいろとある予算オーバーの対処方法を選ぶときは、注意点にも気をつけましょう。

 

予算オーバー時の対処方法の注意点

 

まず重要なのが、構造など基礎になる部材はあまり予算を削り過ぎないことです。たしかに大幅なコストダウンが期待できる部分ではあります。けれども柱は安全性、窓は断熱性に関わるので、住み心地に大きく影響します。もし見直す場合は、耐久性や使いやすさに支障が出ない範囲でグレードを下げることがおすすめです。

 

間取りを見直すときも注意点があります。前にも述べたように、注文住宅は自由度が高いことが魅力です。広いリビングや理想の部屋数にできると思って注文住宅を選んだのに、そこを削ってしまうと完成したときの喜びが小さくなってしまいます。できることなら、間取りや構造の見直しは最終手段にしたほうがよいでしょう。

 

またオール電化や高気密高断熱など、のちのランニングコストに影響する部分も慎重に考えましょう。今コストを抑えられても、長い目で見ると導入したほうが安かったということもあるからです。ですから基本的には、あとから足せる設備や自分でできる部分を中心に削減し、それでも予算オーバーする場合に構造や間取りなどを見直すようにするとよいでしょう。

 

まとめ

 

注文住宅を購入することになると、すてきなマイホームにしたい思いが強くなり、設備の充実や資材のグレードアップをしたくなります。けれども今後の返済を無理してまで予算オーバーの家を建てるのは、あまりおすすめではありません。
もし予算オーバーしてしまったら、予算内で希望通りの家が建てられるように見直しを考えましょう。このブログを参考にしていただき、金額面でも設備面でも納得できる家づくりができるといいですね。

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-家づくりコラム, 費用・価格

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.