家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

レオハウスのCocoLife(ココライフ)の特徴は?二階建て、平屋住宅も自由自在

ハウスメーカー レオハウス

レオハウスのCocoLife(ココライフ)の特徴は?二階建て、平屋住宅も自由自在

 

レオハウスのCocoLife(ココライフ)はライフスタイルに合わせた形で間取りの提案が可能で、二階建て住宅平屋住宅も実現できる商品です。

 

二階建てパンダ
Cocoとはどのような違いがあるんだろう?
自由設計のCoCo(ココ)とは違い、決まったプランを組み合わせて理想の家を実現していく商品だよ。
ローコス犬

 

この記事では「レオハウスのCocoLife(ココライフ)」の特徴や、価格帯について紹介していきます。

 

  • CocoLife(ココライフ)の特徴を知りたい
  • CocoLife(ココライフ)の坪単価を知りたい
  • CocoLife(ココライフ)の耐震性を知りたい

 

少しでも興味のある方は、参考にしてくださいね!

 

レオハウスのメリット&デメリットまとめ!好み・予算に合わせて商品を選べる
レオハウスのメリット&デメリットまとめ!好み・予算に合わせて商品を選べる

  この10年で引き渡し棟数は「23,000棟以上」(平成29年12月現在)という実績を作り上げており、まさに今急成長をしているのがレオハウスです。     目次レオハウ ...

続きを見る

 

レオハウスCocoLifeの特徴

 

レオハウスCocoLifeの特徴

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

「CoCo Life(ココライフ)」とは、レオハウスが提供しているローコスト規格住宅の名称です。どういった住宅ができるのかというと、「2階建て」はもちろん、規格住宅には珍しい「平屋」もラインナップしています。

 

新築住宅は欲しいけど... 「無理しない資金計画」で、「ちょうどいい大きさ」と、「使い勝手が良い間取り」。そして、「ちょうどいい価格帯」それを実現しているのが「CoCoLife」です。

 

CoCoLifeのラインナップ

 

ラインナップ

  • 平屋住宅
  • 2階建て住宅

 

全48プランと厳選された大きさと間取りの中から選べます。とはいえ、規格住宅になるので、外観や内装、設備について選択できるものが少ないと、似たり寄ったりの住宅になってしまい兼ねません。

 

その点、CoCoLifeでは、低価格はそのままに、自由度が高い設計になっています。

 

CoCoLifeが自由度高い理由

 

ローコスト住宅は一般的に、自由度を少なくすることで、低価格を実現しています。つまり、「安いんだからしょうがないでしょう?」「それが嫌なら、自由設計という選択がありますよ。」ということ。この本音は、口に出して言ってくるメーカーはないと思いますが、現実です。

 

その、もう少しだけ、痒い所に手が届く仕様にしたのが「CoCoLife」。似たり寄ったりの規格住宅になってしまいがちな、3つのポイントに自由度を設定し、特徴としています。

 

CoCoLife3つの特徴

  1. 外観カラーが選べる
  2. 内装カラーが選べる
  3. 各種設備が選べる

 

CoCoLifeの選べるカラー

 

CoCoLifeの選べるカラー

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

選べる外観カラー

外観カラーは、ベース色(12色の中から1色)を基本として、アクセントカラー(6色の中から1色)を選べるというこだわりを持ちます。

CoCoLifeの外壁カラーラインナップには、スタンダード(標準12色)のほかに、Gグレードを選ぶことで、スタンダードカラーにない色を選ぶこともできます。また、Gグレードでは、アクセントカラーを2色まで採用可能。

さらに、ワンランク上のこだわりと質感を備えた外壁、「ガルバリウム外壁」が手に入ります。

 

選べる内装カラー

CoCoLifeの洗練された佇まいを演出しているのは、外観の見た目だけではありません。

内装の印象を決定付けるベースカラー(内装部材)は飽きがこない、何にでもマッチするホワイトで統一。あなたの選ぶ「家具」の色が、アクセントとして彩(いろどり)を与えてくれます。

さらに、家具類と併せて検討したいのが、「壁紙」と「床材」です。スタンダードプランでも、6種類の壁紙と、5種類の床材色から選択することができます。

 

例えば、部屋を明るくしたいなら、床材を「ピーチ」もしくは「メープル」で仕上げることで、明るい壁紙と相まって、家の中を一層明るく演出することができるでしょう。

 

逆に、シックな内装がお好みであれば、「チェリー」「ウォールナット」「ビター」などの床材色を選択することで、落ち着きのある内装を作り上げることができます。

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

CoCoLifeの標準仕様について

 

気になる設備については、下記標準仕様にて紹介いたします。

 

ローコス犬
CoCoLifeの標準装備は、規格住宅の枠を超えた欲しいものがすべてそろっています。

 

CoCoLifeの標準仕様

  • キッチンAS(LIXIL:扉カラー4色/パネル3色)
  • ユニットバス アライズ(LIXIL:浴槽カラー4色/アクセスパネル6色)
  • 洗面化粧台PV(LIXIL:W=750 )
  • トイレ(LIXIL)
  • 半畳縁無し畳(大建工業:和室プラン限定)
  • カーテンレール(トーソー)
  • 照明ダウンライト(パナソニック:居室以外)
  • 分電盤(パナソニック)
  • ガス給湯器 エコジョーズ(リンナイ)
  • 第三種換気システム(大建工業)

 

ローコス犬
さらに言うと、標準価格に含まれる目に見えないものまで採用しています。

 

CoCoLifeの屋外標準工事

  • 屋外給排水工事(10m)
  • 雨水排水工事(10m)
  • 屋外電気工事
  • 仮設工事(電気・水道・トイレ・足場等)

 

ローコスト住宅でよくある、後から追加になる設備で、どんどん見積額が上がっていってしまう現象。CoCoLifeでも全くないわけではありませんが、誰にでも必要な設備は大まか含まれています。

 

さらに、+αを加え、こだわりと快適な暮らしを造ることもできます。

 

CoCoLifeの選べる仕様9つのオプション

  1. 外壁:NS型ネオスパンプレミアム
  2. 床材・建具:ラシッサDフロア・パレットシリーズ
  3. 太陽光(カナディアンソーラー)
  4. IHクッキングヒーター(三菱)
  5. カップボード(LIXIL)
  6. 洗面化粧台(LIXIL:W=900 )
  7. 洗面化粧台上部収納(LIXIL)
  8. エコキュート370l(コロナ:フルオート)
  9. サッシ:サーモスⅡ-H(LIXIL:寒冷地仕様)

 

CoCoLifeの価格帯について

 

必要な仕様が備わっているCoCoLifeの価格は、とてもコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

 

価格の目安

平屋→1,070万円(税抜)~
2階建て→1,160万円(税抜)~

 

から提供しています。上記で紹介した標準仕様が含まれてこの価格ですから、どれだけコスパが良いかがわかるでしょう。

 

ローコス犬
そのため、1,000万円台で、こだわりを持った住宅を手にすることが可能です。

 

しかし、紹介した価格はCoCoLifeの中で一番リーズナブルな価格です。実際にあなたが選ぶ大きさや間取りでいくらになるのか?が気になるところだと思います。

 

そんな声にこたえる「CoCoLife料金シミュレーション」が公式ホームページ上にあるので、さっそく試してみましょう。

 

ポイント

CoCoLife料金シミュレーションでは、4つのステップで、あなたの希望する間取りの価格を簡単に知ることができます。ハウスメーカーも多くあれど、公式ホームページ内で価格を教えてくれるところは多くありません。

 

CoCo Life簡単料金シミュレーション4ステップ

 

step
1
プランを選ぶ

平屋、2階建て、大きさ(坪数)間取りの中から一つを選択します。

step
2
グレードを選ぶ

「外装」「内装」ともスタンダードカラーもしくは、Gグレードカラーから選択します。

step
3
外装を選ぶ

実際の外装のカラーをカラーパースを見ながら選ぶことができます。合わせてアクセントカラーも選択します。

step
4
設備を選ぶ

標準設備にするのか?Gグレードから選ぶのかの選択ができます。また標準仕様にオプションを追加して、住宅の質を高める設備も用意しています。

 

ステップ4まで進んだら、「上記の内容でお見積りする」をクリックすれば、お見積り総額(税抜き)が表示されます。

 

オリコンが毎年発表している「金額の納得感」「コストの妥当性・見積りの正確さ」で3年連続No.1を獲得している陰には、このような消費者目線に立ったサービスを用意しているからなんですね。

 

価格の分かりにくさが問われている住宅業界の中で、レオハウスは「明朗会計」なハウスメーカーです。

 

注意

※CoCoLifeの間取りで、どうしてもしっくり来るものが見つからなかった場合は、「大人気の家CoCo」という完全自由設計の商品があるのでそちらもチェックしてみてください。

 

no image
レオハウスの特徴と各商品の坪単価を総まとめ

  レオハウスは木造住宅を販売するローコストハウスメーカーです。安さを売りにした販売戦略で、大きな話題となり順調に販売数を伸ばしています。東証一部上場ナックのグループ会社で、もともとはあのタ ...

続きを見る

 

CoCoLifeの耐震性について

 

ローコスト住宅は一般的に、材料コストを抑えることも踏まえ、柱の太さを3.5寸角にするところがほとんどです。ただ、3.5寸だから耐震強度に問題があるかというと、そんなことはなく、問題ない数値を出すことができます。

 

それに比べCoCoLifeの基本構造は、ローコスト住宅で採用されることの多い、軸組工法ですが、使用する木材の太さが4寸角を採用しています。

 

柱の太さ比較

3.5寸=10.5㎝
4寸=12㎝

※その差、断面積で1.3倍

 

ローコス犬
3.5寸角の柱でも、建築基準法上問題はないわけですが、1.3倍の差があるということは、それだけ耐震強度的にも、高くなることは明らかです。

 

巨大地震が起き、被害が拡大すると「想定外の事態」のような言われ方がされますが、地震大国の日本に住むのなら、少しでも強度が上がる構造にしておくのが、安心できる一つにはなるでしょう。

 

CoCoLifeの間取りについて

 

CoCoLifeの間取りについて

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

CoCoLifeの間取りは、平屋、2階建て合わせて全48プラン用意しています。自由設計は、自分の理想を実現することができる家づくりですが、何から決めていいかわからないなど、プロにお任せしたほうが良いという方には、CoCoLifeの間取りはとても理想的なものになっています。

 

土地の大きさや形、家族構成、さらには老後の将来などを考えた間取りを選ぶことができたり、わからなければスタッフがあなたに合った間取りを提案してくれます。

 

例えば・・・

20畳を超える広々としたLDKを実現したり、アイランドキッチン、家族共有スペース「ヌック」、ベビーカーも余裕で入る土間続きの玄関収納(エントランスクローク)がある間取りを選んだり。洋服持ちの奥様も満足の、奥行きのあるウォークインクローゼットで、布団もしまえるゆとりの収納がある家を選んだりすることができます。

 

ローコス犬
間取りが決まれば、外装や内装、設備を選択していけば、あなたオリジナルのCoCoLifeの家の出来上がりです。

 

注文住宅の間取りや設計図プランは業者選定前に無料で一括オーダーしよう
注文住宅の間取りや設計図プランは業者選定前に無料で一括オーダーしよう

  家を建てる準備段階でカタログや資料請求して、ある程度どんな家を建てるか想像できたら業者の選定に入ります。業者選びは非常に重要ですし、あなたの今後の生活を左右する重大な選択なので非常に悩む ...

続きを見る

 

CoCoLifeの評判について

 

規格住宅は、間取りが決まっていることから、適当な間取りを作っていては、消費者は見向きもしてくれません。そんな中、レオハウスのCoCoLifeは自由度の高めな規格住宅という新しい位置を獲得しています。そんなCoCoLifeで建てた方の評判を見ていきましょう。

 

茨城県30代女性

規格住宅と聞いていたけど、私たちにはピッタリの住宅でした。休みの日に、主人と子供と、どの間取りが良いかって、盛り上がりながら決めていくことができました。共働きの我が家では、週末ごとの打ち合わせが必要不可欠な自由設計の間取りだったら、まだ家が建っていなかったと思います。

 

山梨県40代男性

大手ハウスメーカーの規格住宅を検討していましたが、選択肢が少なく、要望が叶わないと感じていた時に、CoCoLifeと出会いました。低予算でも、外壁のメンテナンスがかかるのは避けたいという想いで、多くのハウスメーカーを見て回っていましたが、吹き付けサイディングを採用しているところがほとんどの中、ガルバリウム鋼板が採用できるとあって、とんとん拍子に進みました。

 

CoCoLifeは、規格住宅という位置づけから、最初から検討に値しないという人もいることでしょう。しかし、内容を知っている人からは、ある意味規格住宅なのに、自由度が高かったという人が多くいます。

 

まずは、先入観を捨て、まっさらな状態で話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-ハウスメーカー, レオハウス

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.