一軒家の間取り動線で一工夫!後悔しないためにすべきこと

間取り

一軒家の間取り動線で一工夫!後悔しないためにすべきこと

ローコス犬
一軒家の間取り動線で悩まれている人はいませんか?

 

「間取り動線で後悔をした」という声も少なくありません。一軒家の間取り動線は一工夫を加えるだけでだいぶ変わります。一工夫に気が付かなかった人が後悔をするようです。

 

ではなぜこだわらなかったのでしょうか。理由はいろいろとあります。

 

プロであるハウスメーカーの担当者を全面的に信頼して後悔をしたという声もありました。住み始めてみたら、自分たちのライフスタイルに合っていなかったと後悔をしています。後悔をしないためにも、できる限りのことをしておくべきです。

 

そこで今回は「一軒家の間取り動線で一工夫!後悔しないためにすべきこと」について解説をします。間取りで重要なのは開放感や部屋の数、収納の充実だけではありません。動線の一工夫か住みやすさを向上させます。悩まれている人は動線ごとの一工夫を参考にしてください。

 

間取りの決め方で悩んだ方はこちらで解決

≫注文住宅の間取りプラン請求方法と決め方

 

一軒家の間取り動線で後悔したくないならタウンライフ家づくりの活用がおすすめ

一軒家の間取り動線で後悔をしないために活用するべきサービスがあります。それは「タウンライフ家づくり」です。タウンライフ家づくりに「家づくり計画書」の作成を依頼すると、複数社の注文住宅メーカーから連絡がきます。その際に次の3つを無料で提案してくれるサービスです。

 

  • 間取りプラン:入力をした希望にもとづいた間取りプラン
  • 注文住宅費用:最適な資金計画
  • 土地探し:法令上の制限などを考慮した土地探し

 

家づくりで大切なのが、生活スタイルのイメージです。冒頭でも説明をしたとおり間取り図面から生活のイメージをしなかった人が、住み始めてからの動線で後悔をします。しかし依頼者は素人、住み始めてからでないと気が付けない後悔もあるのです。

 

では何が必要なのでしょうか。答えは「多くのプロの意見を聞く」こと、自分たちの間取りに対するイメージとライフスタイルから、おすすめの間取りプランを多くもらうことです。相談できるプロが増えるほど、客観的な意見が増えます。動線に関し、後悔ポイントの見落としが防げるという訳です。

 

タウンライフ家づくりでは1度の依頼で複数の優良注文住宅メーカーから連絡がきます。同じ説明をする手間が省けるのです。同じ希望内容が注文住宅メーカーに伝わるので、間取りの比較がしやすくなります。

 

ローコス犬
次のような悩みを持っている人はませんか。

 

  • どこに相談したらいいかわからない
  • 何から始めていいわからない
  • とりあえずいろいろと情報がほしい

 

タウンライフ家づくりは、まず何からするべきか迷っている人にもおすすめです。最初に自分たちの希望が反映された間取りプランを取り寄せましょう。たたき台として活用ができます。また、複数の注文住宅メーカーに相談をすることで、相見積もりが取れるのもメリットです。割引交渉に役立ちます。

 

間取り動線に関する知識を余すことなく増やすためにも、タウンライフ家づくりを活用しましょう。もちろんすでに別のハウスメーカーに相談をした人でも問題はありません。タウンライフ家づくりは相談するハウスメーカーが選べるので安心してください。間取り動線で後悔をしないためのおすすめ方法です。

 

▼資料請求や展示場見学前にすべきこと▼

\完全無料/
間取りプランが豊富に届く

一軒家の間取り動線で後悔しないためにすべきこと

タウンライフ家づくりで複数の間取りプランがそろったら、家族全員で相談をしましょう。後悔をしないためにするべきことを解説します。

 

理想の暮らしを家族全員で考える

理想の暮らしを家族全員で考える

理想の暮らしを家族全員で考えましょう。タウンライフ家づくりの利用でたたき台がそろいました。複数の間取りを見ながら、各々の意見を出し合います。動線に関しては、主に次の項目に関する意見が必要です。

 

チェックポイント

  • 生活リズムのズレについて
  • 設備を利用する時間帯
  • 家族構成の将来性
  • 住む人の距離感(主に二世帯住宅の場合)

 

生活のリズムのズレが、ストレスを生じさせることもあります。寝室の近くが浴室だと、夜中に帰ってきた人の「入浴や排水の音で眠れない」など、迷惑をかけるかもしれません。生活スタイルが異なる場合は、寝室を考えた動線が必要です。

 

また、家族構成の変化も考慮しなければいけません。若い世帯が購入をする場合は、家族が増える可能性が高いです。家族が増えれば家事の負担も高まります。例えば、赤ちゃんが生まれた場合を想像してみましょう。

 

寝室は2階です。キッチンが1階なので、ミルクを作りにいかなければいけません。夜中に何度も階段を下りるのは手間です。もしリビング横に和室などのスペースがあれば、赤ちゃんがミルクをほしがる年齢までは1階で就寝するといった提案ができます。

 

いずれ子どもが大きくなれば、部屋をほしがるかもしれません。一番勉強のしやすい場所を提供したいなど、いろいろな将来を考えておきましょう。理想の暮らしをよりイメージできた人が、間取り動線に一工夫を加えられ後悔を防ぎます。

 

理想の間取りを見つけるための話し合い手順

理想の間取りを見つけるための話し合い手順

理想の間取り動線を見つけるためには、意見だけを出し合ってもよくありません。次の手順をおすすめします。

 

おすすめ手順

  • 言い合いにならないことを約束し、今までの間取りに関する不満を話す
  • 新居でどのようなことをしたいか理想を出し合う
  • 新しい間取りでの新居をイメージする

 

最初に現在住んでいる家の間取りで抱いている不満を、お互いに言い合いましょう。このとき間取りの不満ではなく「ドアの開閉がうるさい」など、関連しているようで個人を責める意見がでるかもしれません。間取りの話し合いは冷静に行うためにも、刺激的な発言は控え、お互い優しく注意をし合いましょう。

 

次に、新居でどのようなことをしたいか話し合います。趣味や休みの日はゆっくりしたいなど、各自のこだわりを上げていきましょう。ただ土地の広さは限度があります。かなうかどうかはわかりませんが、提案するのは自由です。

 

最後にこれからの生活をイメージします。「友達を多く呼べる家がいい」と言った希望を持つ家族がいるかもしれません。家族の意見がバラバラになることもありますが、すべてを箇条書きにしてまとめておきます。

 

話し合いの結果から、家族の希望が一番かなえられそうな間取りをタウンライフ家づくりより送られてきたプランから見つけましょう。先ほど説明をした「理想の暮らし」と合わせて検討をします。

 

良いと思われる間取りを見ながら想像をし、それをベースに営業担当と相談すると、プロの意見が新たに得やすくなります。ただし先ほども言いましたが、すべてをかなえることはできません。話し合いから家族全員が望むことを中心に、優先順位を付けておくとスムーズです

 

一軒家の間取りの主な動線とは?後悔を回避するための一工夫

一軒家の間取りにおける主な動線は次の3種類です。

 

チェックポイント

  • 家事動線:無駄な動きをすることなく家事ができる動線
  • 生活動線:家の中を移動する時に通る動線
  • 来客動線:外から訪問されたお客様が通る動線

 

家事動線以外に、生活動線や来客動線にも一工夫を加えましょう。一軒家における、それぞれの間取り動線で後悔をしないための一工夫を解説します。

 

間取りの家事動線でよくある後悔と回避するための一工夫

間取りの家事動線でよくある後悔と回避するための一工夫

ほとんどの人が家事動線を気にして間取りを作成します。しかし住み始めてから「違った」と後悔をする人もいるのです。まずは家事動線の後悔を確認しましょう

 

間取りの家事動線でよくある後悔

一軒家の中で行う主な家事と言えば「炊事(食事を作ること)」「洗濯」「掃除」です。家事動線を考える場合、3つの家事に注力しなければいけません。

 

炊事の家事動線でよくある後悔が、冷蔵庫やパントリーの開閉です。「冷蔵庫前が狭い」「パントリーの奥行きがありすぎて取り出すのが一苦労」と言った後悔が多く見られました。キッチンに備え付けたコンセントの場所や数で後悔をする人もいます。

 

洗濯の家事動線でよくある後悔が、いったりきたりする状況です。1階で洗濯をし、2階で干したあと1階に収納をします。何度も階段を上り下りする手間に対しての後悔です。また室内干しを設置したが、広さが足りずに後悔をする声も多く見られました。干していると洗面台が使いづらいなどの後悔もあります。

 

掃除の家事動線でよく見られる後悔は掃除機の置き場所です。掃除機の置き場所を考えなかったことで、使いたいときに面倒という後悔が多く見られました。

ただ後悔の声で一番多かったのは、炊事と洗濯の流れです。「食事の用意をしながら別の家事をする際の動線で後悔をしている」という声が、最も多く見られました。

 

一軒家の間取り動線に一工夫

一軒家の家事動線に関する一工夫は、水回りをまとめる方法です。

 

洗濯を一カ所で済ませられるようにします「干す」「たたむ」「収納」を一カ所で行えれば、洗濯はだいぶ楽です。水回りを一カ所に集め、回遊できる動線にします。

 

一つの通り道ではなく、左右に動ける回遊動線です。移動距離が短くなる一工夫を加えるだけで、だいぶ家事が楽になります。掃除に関しては、掃除道具の収納場所をあらかじめ考えておきましょう。

 

間取りの生活動線でよくある後悔と回避するための一工夫

間取りの生活動線でよくある後悔と回避するための一工夫

一軒家の間取りにおいて生活動線は重要です。しかし忘れてしまうケースが多く後悔をします。家事動線にばかり気を使い注視しない家族が多いので気を付けましょう。

 

間取りの生活動線でよくある後悔

生活動線でよく見られる後悔は次のとおりです。

 

後悔するポイント

  • 洗面台と玄関が遠いので外出から手を洗うまでに時間がかかる
  • 子どもが入浴をしていると洗面台が利用できない
  • 寝室とトイレが離れているので夜中のトイレが面倒
  • 朝は廊下が混雑する

 

2階にリビングや水回りを集中させると、洗面台までの距離が遠くて後悔をします。汚れて帰ってきた子どもがベタベタと歩けば掃除が大変です。

 

また、お年頃の娘がいる家族によく見られる後悔が浴室に関する内容でした。朝にお風呂を利用されると洗面所が使えないといった後悔が多く見られます。洗面所が利用できず家族で言い合いになることもあるようです。

 

寝室とトイレの位置で後悔していると言った声もありました。子どもが小さいと「何回も起こされる」と言ったトイレ問題が深刻のようです。

 

生活動線は誰にも主張があります。朝は忙しいので主張を曲げたくない家族もいることでしょう。あらかじめイメージをもって間取りを作成しなければ、住み始めてから後悔をします

 

一軒家の間取り動線に一工夫

生活動線の一工夫は移動距離です。できるだけ短くシンプルにすることを心がけましょう。また、先ほど紹介をした後悔に当てはまりそうな項目はありませんか。「この後悔はうちでも起きそう」と思われるのならば、間取り図面に線を書きながらイメージをしてください。

 

一日の始まりである朝は誰もが忙しいです。洗面所が足りないと予想できるのならば、簡易的な洗面の設置を検討しましょう。また、脱衣所と洗面所にドアを設けるのもおすすめです。

 

間取りの来客動線でよくある後悔と回避するための一工夫

間取りの来客動線でよくある後悔と回避するための一工夫

来客動線は家族の考え方によって注力度が変わります。ただ子どもが成長することで、友達を呼ぶ回数が増えるかもしれません。最初から来客は少ないと決めつけるのは危険です

 

間取りの来客動線でよくある後悔

来客動線でよくある後悔は次のとおりです。

 

後悔するポイント

  • 玄関からトイレや洗面台、リビングやキッチンなどが見えてしまう
  • お客様が移動するときにキッチンが見られてしまう
  • トイレが玄関から近いので、使用中に来客があると出にくくなる
  • 洗面所へはリビングを通らないと行けない
  • 洗面所から浴室が見える

 

来客はないと言い切る人もいますが、玄関まで来る人も来客です。営業マンが来られるかもしれません。玄関からいろいろな場所が見える間取りに後悔をする人もいるようです。また、キッチンの裏側を見られるのが嫌という主婦の声も多く見られました。

 

一軒家の間取り動線に一工夫

来客動線の一工夫は、プライバシーの確保が重要です。見せたくない場所は個人によって異なります。「ここだけは絶対に見せたくない」という場所をあらかじめ話し合っておきましょう。間取りを考えるとき、その場所を注視しながら提案をします。

 

すべてを隠すのは相当の費用がかかるので難しいです。ここだけはという場所を決め、一工夫を加えておきましょう。引き戸などで隠す方法がおすすめです

 

まとめ

一軒家の間取り動線で一工夫!後悔しないためにすべきこと」について解説をしました。要点をまとめます。

 

  1. 家事動線で後悔をしないためにはタウンライフ家づくりの活用がおすすめ
  2. ハウスメーカーやプロの意見を多く聞くことで間取りの知識を増やすことが大切
  3. 間取りは住む人全員の意見を確認して進める
  4. よくある後悔を参考に自分たち家族に当てはめる

 

間取り動線で後悔をしないためにはイメージが重要です。

 

より良いイメージをするために、多くのハウスメーカーから知識を得ましょう。最初にタウンライフ家づくりを活用することで、スムーズに情報が集められるのがメリットです。利用は無料なので、まずは依頼されることをおすすめします。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

【PR】タウンライフ家づくり

-間取り

© 2022 みんなの注文住宅