家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

ハウスメーカー

ハウスメーカーの選び方!住宅業者、住宅メーカーの決め手となる要素は?

 

家を建てる際に必ず決めなければいけないことがあります。それは、どのハウスメーカー、工務店に家づくりを依頼するかということです。私は家づくりにおいて、業者選びが一番重要だと考えています。

 

ただ、この業者選びは一番悩んで、迷う部分です。ハウスメーカーの坪単価について紹介した記事でいくつかのハウスメーカー、工務店の名前を出していますが、名前を出している業者は数ある業者の中のほんの一部です。全国には何千社以上の注文住宅業者が存在するのです。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

二世帯つくし君
そんなにある会社の中から1社選ばなければいけないの?
その通り。何千以上もある会社の中から1社に絞る必要があるよ!
ローコス犬

 

では、すでに家を建てた経験をされた人たちはどのような方法で業者を選んでいるのでしょうか?この記事ではハウスメーカー、住宅メーカーの選び方を中心にお話していきます。

 

 

この記事でわかることは...

  • 住宅メーカーの正しい選び方
  • ハウスメーカーの間違った選び方
  • おすすめの業者選定方法

 

です。住宅メーカー選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね!

 

まずは住宅メーカーの情報収集しよう

 

まずは住宅メーカーの情報収集しよう

 

まず、最初にお伝えしておくと家づくりにおいて「大手だから安心」「実績があるから大丈夫」という考えは捨てましょう。あなたの理想を叶えらるかは、業者との相性や、業者の強み・弱みによって大きく変わってきます。要望によっては、地元の小さな工務店があなたの条件にマッチした家を最適な価格で建てることができる可能性だって十分にあるのです。

 

そこで重要なのが情報収集です。できる限りたくさんの候補を見つけ、カタログ・資料請求してみましょう。カタログや資料請求することで、業者選びのヒントが得られます。例えば....

 

  • 地域に根強い工務店
  • デザインが得意なハウスメーカー
  • ローコスト住宅は得意な業者
  • 設計、間取りが豊富な業者

 

このように、ハウスメーカーや工務店によって得意な分野、不得意な分野が見えてきて、どの業者であればあなたの理想を叶えられるかが見えてきます。正しいカタログ請求の仕方をを紹介した記事で詳しく触れていますので参考にしてくださいね!

 

引越しのつもり
情報収集方法はカタログ請求だけでOK?
他にもインターネットで調べたり、口コミサイトを利用したり人それぞれだよ。色んな方法で情報収集しようね!
ローコス犬

 

カタログ、資料請求以外にも、インターネットやYahoo!知恵袋のような体験談を見る、口コミサイトを確認するなど、情報収集方法はたくさんあります。ご自身の目でしっかり業者のメリット・デメリットを確認しましょう。

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

絶対ダメ!間違ったハウスメーカーの選び方

 

絶対ダメ!間違ったハウスメーカーの選び方

 

ハウスメーカーや工務店選びを誤ると、家づくり失敗のリスクが高まります。家づくり失敗した方のほとんどの方は業者選びを誤っています。先ほどご紹介した通り、できる限り複数の業者からカタログ請求をして情報収集をしましょう。

 

引越しのつもり
業者選び失敗したくないよ。
失敗しないために、このページでしっかり勉強しようね!
ローコス犬

 

せっかく高額な料金を支払って建てた家が微妙だったり、思った以上に費用がかかってしまったり、生活しにくい間取りが出来上がってしまったり....家づくりに失敗は付きものなのかもしれませんが、できる限り後悔なく家を建てたいですよね。

 

注意しても失敗してしまうのには、理由があって、失敗するほとんどの方が業者選びの段階で失敗をしてしまっている可能性が非常に高いのです。皆さんには同じ失敗をして欲しくないので、ここでは間違った業者選びの例をいくつか挙げます。皆さんは気をつけて業者を選びましょう。

 

ダメな選び方:有名で知名度があるという理由で選ぶ

 

東証ー部上場?テレビCMをうっている?渋谷の看板に広告?そんなの基準にはなりません知名度がある、大手だからという理由でハウスメーカーを選んでしまうのは危険です。

 

大手の場合、アフターサービスやサポートが充実していて安心感があるのは確かなのですが、あなたの理想の家を建てれるか?は別の話です。ハウスメーカーによって強み、弱みがありますし、しっかりと比較検討するべきです。

 

ダメな選び方:展示場の雰囲気で決めてしまう

 

大手のハウスメーカーの場合、実際の家の雰囲気を感じてもらうために展示場を設けている企業が多いです。展示場では、実際の家の雰囲気を見れるだけではなく、スタッフの方に質問をしたり、家づくりの相談も可能です。

 

最終的には展示場に行って雰囲気を味わうことは必要ですが、1つ注意しなければいけないことがあります。それは展示場の家や設備は最新・最高のものと思って見学するようにしましょう。つまり、その家を実現するためにはそこそこの費用が必要になります。

 

最新の家の雰囲気に酔ってしまって「このハウスメーカーに依頼しよう」と流されてしまう方も多いのでご注意を。

 

ダメな選び方:営業マンを信じすぎてしまう

 

「大手の方が安心ですよ」「サポートしっかりしてますよ」「特別に値引きしますね」...など、営業マンの言葉に騙されないように注意しましょう。営業マンは数字が全てです。運が悪いと契約が済むと急に対応が杜撰になったという経験をされた方も多いです。

 

もちろんいい営業マンも多いので、耳を傾けたり、相談したりしてもOKですが、特に金額の部分は他のハウスメーカーの見積もりと比較した上で判断しましょう。

 

ダメな選び方:ハウスメーカーの坪単価で決めてしまう

 

ハウスメーカーの坪単価で業者を選ぶのは危険です。ハウスメーカーの坪単価一覧でもお伝えしておりますが、坪単価は参考までに考えましょう。坪単価は住居のグレードや広さ、形などによって大きく変動します。

 

最終的な費用はしっかりと見積もりをとって比較しましょう。坪単価が安い業者に依頼をすれば費用が安く抑えられるという考えは危険ですよ。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

失敗リスクが低い住宅メーカーの決め方

 

正しい業者の選び方は、しっかり情報収集した上で、各ハウスメーカーをしっかり比較して絞っていくことです。流れとしては以下の通りです。

 

  1. 各業者のカタログ、資料をできる限り集める
  2. 見積もりをもらう(費用の比較)
  3. 間取りプランの比較(未来の生活の比較)
  4. 土地情報の比較(建築予定地の比較)
  5. 展示場へ足を運ぶ(実際の家の雰囲気の比較)

 

この5つの過程を踏めば失敗のリスクが減ると思いますし、僕が考える中では最良の方法だと思います。

 

よく、1社に絞って家づくりを開始する方がいるのですが、非常に危険です。自分が気づいていない部分で失敗を犯してしまうパターンです。例えば料金の比較をすることで、その業者の提示金額が高いのか安いのかを比較することができるのです。

 

各業者のカタログ、資料をできる限り集める

 

この部分は冒頭でもお話した通りです。最初の段階でできる限り多くの情報を集めることが重要です。最初の段階で20社以上の業者をピックアップしている方もいます。多ければいいというものでもありませんが、候補が多ければ比較対象も増えるので失敗のリスクは軽減されるでしょう。

 

カタログは各社、最新の商品ラインアップや一押しの機能、設備、外観デザインなど雰囲気を知るきっかけになります。インターネットでもいいですが、情報量が豊富過ぎるというデメリットがあります。

 

カタログや資料の請求はHOME'Sの一括資料請求サービスがおすすめです。登録している業者の数が豊富ですし「20代に人気」「ローコスト住宅」などの特集ページも多数あるので、条件にマッチした業者を探しやすいという利点があります。

 

見積もり、間取り、土地情報は一気に取得

 

見積もり、間取り、土地情報を集めるのは大変だ!と思っている方も多いと思いますが、とても簡単に取得する方法があります。タウンライフ家づくりというサービスを利用すると、上記の情報が一気に取得できます。

 

タウンライフ家づくりの特徴!townlifeはミラクルな一括資料請求サイト
タウンライフ家づくりの特徴!townlifeはミラクルな一括資料請求サイト

  タウンライフ家づくりは注文住宅に特化したミラクルな一括資料請求サイトです。一括資料請求サイトとは?と疑問をお持ちの方のために、ちょっと解説を入れますね。そして、なぜ僕「ミラクル」と言う表 ...

続きを見る

 

カタログや資料をは外観イメージや、そのハウスメーカーの売りを打ち出すことが多いです。外観や機能面の比較は可能なのですが、実際に発生する費用や間取りのイメージまではわきにくいです。タウンライフを利用して、間取り、見積もり、土地情報を取得すれば、価格の比較や建築予定地の比較、間取りの比較まで可能になるので、業者選びの判断材料としては非常にありがたい内容です。

 

タウンライフで取得できる情報

 

土地情報や間取りは家が建ってからの生活に関わってくるので、業者選びの段階で手に入るのは非常に助かりますね!

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-ハウスメーカー

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.