安っぽい家の特徴とは?ダサい外観にしない6つのポイント

外構

安っぽい家の特徴とは?ダサい外観にしない6つのポイント

 

注文住宅で建てるのならば、安っぽい家にだけはしたくありません。何千万ものお金を支払うのですから、ダサい外観は避けたいものです。友人を招待したとき、明らかに気を使ったと分かるコメントを言われたらショックを受けることでしょう。外観にこだわりたいと思うのは当然です。

 

安っぽい家にしたくないと悩んでいる人は、まず「安っぽい家の特徴」を確認しておきましょう。特徴を知ったうえで、ダサい外観にしないポイントを実践するべきです。
そこで今回は「安っぽい家の特徴とは?ダサい外観にしない6つのポイント」を解説します。「ダサい外観にだけはしたくない!」と本気で考えている人は参考にしてください。

 

おしゃれな外観の家を建てたい!注文住宅を建てる時どんなデザインがいい?
おしゃれな外観の家を建てたい!注文住宅を建てる時どんなデザインがいい?

続きを見る

 

安っぽい家の特徴

 

安っぽい家の特徴

 

最初に安っぽい家の特徴を紹介します。安っぽい家の特徴を知ることで、ダサい家を回避しましょう。

 

外壁の重厚感がなく安っぽい

 

外壁に重厚感がないと安っぽく見えます。全体的に吹けば飛びそうな家に見えてしまうのです。「強い台風や地震がきても耐えられる?」と言った不安を抱くような住まいが安っぽく見えるのは当然です。次の素材を利用する際は注意をしましょう。

 

ココに注意

  • サイディング
  • 薄い外壁材
  • ガルバリウム鋼板

 

サイディングは、ローコスト住宅に利用されるケースが多い素材です。デザイン性に優れているのですが、それが仇になることもあります。タイル調やウッド調など重厚感を与えるようなデザインが、逆にダサく見えることもあるのです。薄い外壁材が理由かもしれません。重厚感のある外壁は凹凸も重要なアクセントです。薄いサイディングへ、凹凸関係なしに無理やり重厚感のあるデザインを入れるメーカーもあります。背伸びをしているようでダサいです。

 

ガルバリウム銅板も人気の外壁素材ですが、デザインに乏しいのがデメリットです。出来上がりが、倉庫のような外観になるケースも多く、気を付けなければいけません。性能には優れているのですが、デザイン性が残念という口コミが多く見られました。

 

安っぽい家は、外壁に重厚感がありません。邸宅仕様の外壁はそれだけで高額なイメージを与えてくれます。

 

 

軒や庇がなく安っぽい

 

軒や庇がない住まいはボックス型と呼ばれることが多く、ローコスト住宅によく採用されます。ローコスト住宅というイメージが強いため、安っぽい家と感じる人もいるようです。ただし素材や色の使い方次第では、シンプルイズベストになるかもしれません。

 

また、軒や庇が付いてそうで付いていない家も安っぽく見えます。軒や庇は、強い日差しや雨から住まいを守るために必要です。外壁や窓が守られないことから、窓や配管が傷みやすく、数年でみすぼらしくなります。雨漏り被害がおきやすい家は、軒や庇がない家という調査結果があるほどです。経年劣化で蓄積された家のダメージが、安っぽいイメージを与えてしまいます。

 

軒や庇がなくても、新築ならば安っぽい印象を与えないかもしれません。ただ家の損傷が早く、数年で安っぽく見える家になる可能性が高いです。

 

屋根材やデザインが安っぽい

 

屋根を変えるだけで家の印象はだいぶ変わります。屋根材やデザインの内容によっては、安っぽい家になるかもしれません。安っぽい屋根材やデザインの特徴は次のとおりです。

 

安っぽい屋根材やデザインの特徴

  • シンプル過ぎるガルバリウム鋼板の見た目
  • バランスの悪い切妻屋根
  • コロニアルの屋根が平べったくて安っぽい

 

外壁でも説明しましたが、ガルバリウム銅板は倉庫のようなイメージになりやすいです。スタイリッシュでかっこいいと思う人もいますが、安っぽい倉庫のような家とみる人もいます。

 

また切妻屋根や片流れ屋根は、全体的なバランスが重要です。デザイン的には問題がないのですが、全体的なバランスが悪く安っぽく見える可能性もあります。コストを重要視したことで採用したコロニアルが、やぼったく見えることもあるようです。

 

ローコス犬
屋根は家の印象を変える要素のひとつです。素材にこだわらないと安っぽく見られてしまうかもしれません。

 

玄関が安っぽい

 

玄関ドアとタイルが外観の印象を変えます。外構工事を適当に済ますと安っぽくてダサいイメージを与えるかもしれません。

 

初めて家に入る人は、玄関を通ることがほとんどです。色やセンスが問われやすい箇所とも言われています。歩くことで「コストを抑えたな」と気が付く人もいるようです。コストを抑えたということは安っぽいと思われています。玄関ドアと外構は全体との調和が必要です。外構によって、与える印象もだいぶ変わります。コストを重視するのも大切ですが、安っぽく見られたくないのならばこだわりが必要です。

 

デザインや外構に統一性がなく安っぽい

 

全体的に統一感のある家はオシャレな家と言われています。逆になると安っぽくなるようです。

 

洋風な外観に和風の玄関と外構を備えた家は、素材が良くても安っぽく見えます。外構が家のイメージを変えてしまうこともあるのです。例え家の調和がとれていたとしても、外構ひとつでイメージが変わります。

 

全体のバランスは重要です。個々にこだわりすぎると、イメージが損なわれます。費用が高額にもかかわらず、ダサくて安っぽい家になるかもしれません。

 

建ててよかったハウスメーカーをまとめた記事はこちら
≫本当に建てて良かったハウスメーカーランキング

 

▼資料請求や展示場見学前にすべきこと▼

\完全無料/
間取りプランが豊富に届く

ダサい外観にしない6つのポイント

 

ダサい外観にしない6つのポイント

 

安っぽくてダサい外観にしたくない人は「外構」「家の形」「窓」「素材」へのこだわりが必要です。ただし別々にこだわると、個性が強すぎてダサくなります。中でも住宅と外構の調和がとれていない住まいは残念です。6つのポイントを参考に、ダサい外観を回避しましょう。

 

タウンライフリフォーム外構特集を活用する

 

より良い外構を安く求めるのならば「タウンライフリフォーム外構特集」の利用がおすすめです。無料で複数のメーカーから外構のデザインを集められます。比較をすることで、調和のとれた外観ができあがるのです。メリットを紹介します。

 

メリット

  • 複数のメーカーからアイデアとアドバイス、見積もり、外構とお庭のプランニングをもらえる
  • 完全無料で情報が手に入る
  • 1度申し込みフォームに入力する(所要時間3分程度)だけで、複数社に連絡できる

 

外構工事は、自分の知識も高めなければいけません。複数社の意見を聞くことで、多くの情報から知識が高まります。

 

タウンライフリフォーム外構特集は、300社以上の優良企業と提携しているのがポイントです。しかも自分で相談をしたい業者を選択できます。口コミなどからデザイン力に定評のあるメーカーを選択しましょう。

 

1社ではアイデアが乏しくなります。複数社から多くのアイデアとアドバイスを受け取ることで、気づきが生まれるのです。その気づきを他のメーカーと共有することで、さらに調和のとれた外構が完成します。調和のとれたデザインが完成したら契約先を絞りましょう。すでに相見積もりが準備できているので、価格交渉も簡単にできます。良い外構が安い価格で手に入る方法です。ダサい外観にしたくない人は、面倒と思わず複数社のアイデアを取り入れましょう。

 

タウンライフリフォーム外構特集を利用すれば、短時間で複数社とやり取りができます。相談までなら無料です。タウンライフリフォーム外構特集を利用することで、他社にも依頼していることが伝わります。競争意識がより良いアイデアの提供につながるのです。

 

家の形にこだわる

 

ダサい外観にしないためにも、家の形にはこだわりましょう。シンプルな形をオシャレに見せるのは難しいです。優れたデザイナーに依頼ができれば、シンプルでも望み通りの外観が手に入ります。しかしデザイン料は覚悟をしなければいけません。それよりは、形にこだわる方が安く済みます。注文住宅メーカーへ伝える前に形やデザインのイメージを固めておきましょう。

 

ココがポイント

  • 洋風や和風、洋モダンなどの明確なイメージを持つ
  • できるだけボックス型を避けた形のイメージをする
  • 統一感に注意をする

 

自分のイメージをハウスメーカーに伝えることで、プロがデザインを完成させます。古さを感じさせない形をイメージしましょう。部分的にこだわるのではなく、全体像で考えてください。主張の強いデザインは、個人によって好みがわかれます。

 

無難にするか、主張を強めるかは本人次第です。家の形は遠くから見たフォルムでダサいかどうかが決まります。遠くから見てふと目に入るようなフォルムが第一印象です。オシャレな外構は第一印象に長けています。家の形にこだわりを持つべきです。

 

迫力のある大きい窓を採用

 

窓の大きさや形で外観の印象はだいぶ変わります。ダサい外観を避けたいのならば、迫力のある大きな窓や形にこだわりを持ちましょう。デザイン性が古い窓サッシは、ダサいイメージを与えます。次の点に注意をしてください。

 

ココに注意

  • 小さくて同じ大きさの窓が並んでいるだけの家はダサい可能性が高い
  • 新築に古いデザインの窓サッシは残念
  • リビングの窓が小さい家は特別感がない

 

同じ大きさの窓が部屋ごとに設置されている住まいの外観は、見る人に何も感じさせません。ダサいというかつまらない外観です。小さいリビング窓も「安く建てたのだな」と思わせてしまいます。

 

大きな窓に太陽の光が反射している外観を想像してください。光が住まいにアクセントを与えてくれます。光の受け方も外観に必要なのです。統一感が必要と説明しましたが窓には不要、標準的な窓が住まいの外観をつまらなくします。いろいろな形にこだわりましょう。そしてリビング窓はできるだけ大きくしてください。オシャレな外観にするためのポイントです。

 

外観素材のグレードを上げる

 

素材のグレードは重要です。素材の安っぽさがデザインに直結します。外壁や屋根の素材を落とすと、ダサい外観になる可能性が高いです。グレードの低い素材がダサい外観になる理由は次のとおりです。

ココがポイント

  • グレードの低い素材は軽く見えてしまう
  • 汚れが目立ちやすいのでダサい
  • 劣化も早い

 

見た目をいくら良くしても、軽い素材の印象はなかなか抜けません。コント番組で見るような張りぼての住まいに見えてしまいます。汚れも目立ち、傷もつきやすいのでみすぼらしい外観になる可能性が高いです。

 

また、グレードの低い素材を採用するとメンテナンス費用が高額になります。グレードの高い素材で完成した家の方が、トータル的に安くなることもあるのです。建てる時に安さにこだわり過ぎると、住み始めてから痛い目を見ます。オシャレな注文住宅を建てるには、ある程度の資金を投入しなければいけません。費用を安くすることで、安っぽくダサい家が建ちます。重厚感のある住まいを求めるのならば、素材へのこだわりが必要です。

 

玄関や門の明りにこだわる

 

玄関や門の明かりにこだわると、オシャレな外観になります。玄関や門の明かりに夕日がプラスされることで、見た目が2割り増しの外観になるのです。オシャレな外観は、夜でも目立ちます。冬になると1日の半分以上が暗いです。夜に目立つ外観がオシャレな家には必要だと思いませんか。適度な明るさが防犯にも役立ちます。暗い中で家を引き立てるのが、玄関や門の明かりです。こだわった家の形と光の調和がオシャレな外観を演出します。

 

玄関や門の明かりにもこだわることで、本当のオシャレな家が完成するのです。照明にもこだわりましょう。ダサい外観は夜にうっそうとしています。

 

日当たりも重要

 

どんなにオシャレな外観で家を建てても、日陰に建っている家はダサく見えます。日当たりも重要な要素です。日当たりは、部屋を明るくするだけではありません。外観の見た目も変えるのです。暗っぽいイメージがダサく見えます。年数が経つと、日当たりの悪い家の印象はさらに悪くなることでしょう。古くないのに年数が経っているようなイメージを与えることもあります。

 

土地選びは重要です。日当たりは外観にも影響を与えます。土地は慎重に選ぶのが大切です。

 

土地を探す方法は?注文住宅で土地を効率よく探す方法
土地を探す方法は?注文住宅で土地を効率よく探す方法

続きを見る

 

ダサい外観にしない6つのポイントで安い家を回避しよう

 

「安っぽい家の特徴とは?ダサい外観にしない6つのポイント」を解説しました。要点をまとめます。

 

ココがポイント

  • ローコスト住宅は安っぽい家になりやすい
  • 外構、家の形、窓、素材のこだわりが重要
  • ダサい家にしないためにもタウンライフリフォーム外構特集を利用する

 

ローコスト住宅はどうしても安っぽくダサい家になりやすいです。ダサい外観を回避するには、ある程度の予算が必要になります。予算が厳しい場合は、タウンライフリフォーム外構特集を利用して外構の費用を上手に抑えましょう。複数のメーカーに依頼をすることで外構の予算を抑えられると、注文住宅に費用を回せます。無料のサービスを利用しない手はありません。多くの情報を活用してダサい外観を回避してください。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

まず、WEBで簡単に

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

こと知ってましたか?

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

と、家づくりの不安が解消できます。

 

これらの情報が手に入ることで、あなたは

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

ことができるのです。

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
ローコス犬

 

タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

タウンライフ家づくりは

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

日本全国どこにいても利用可能です。

 

タウンライフにアクセスしていただいて、

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

私も同じ気持ちでした。

 

ただ、この入力フォームが非常に重要で、

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを
手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

タウンライフ家づくりをチェックする

【PR】タウンライフ家づくり

-外構

© 2022 みんなの注文住宅