家づくりの口コミや体験談から学ぶ「みんなの注文住宅」

みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較

注文住宅の予算の決め方とは?自分に適した予算を立てよう

家づくりコラム 費用・価格

注文住宅の予算の決め方とは?自分に適した予算を立てよう

注文住宅を購入することにしたら、まず決めるべきなのは予算です。使える金額が決まらないと、土地の場所も建物のグレードもどのくらいにできるのか分からないからです。

 

一般的に、注文住宅の購入資金は年収の5〜6倍が目安といわれています。けれど同じ年収でも、月々の出費や自己資金がいくら用意できるかなどの状況には個人差があるので、単純に当てはめただけでは不十分でしょう。

 

そこでこのブログでは、注文住宅を購入する際の予算の決め方についてご紹介します。

 

憧れの注文住宅!予算オーバーしてしまった場合の対策はコレだ
憧れの注文住宅!予算オーバーしてしまった場合の対策はコレだ

家族の理想を反映できる注文住宅。夢も大きく膨らみますね。ただ、ついたくさんの理想を詰め込んでしまい、予算オーバーになったというケースは非常に多いです。新築の注文住宅を購入した場合、建築費用の平均金額は ...

続きを見る

 

予算の決め方の前に!まず注文住宅にかかる費用を知ろう

 

いざ予算を決めようと思っても、注文住宅を建てるにはどのような費用がかかるのかを知らないと、しっかりとしたプランが立てられません。そこで、まず注文住宅にかかる費用をご紹介します。

 

予算の決め方の前に!まず注文住宅にかかる費用を知ろう

 

土地の購入費用

 

注文住宅を建てる際には、土地も購入するかどうかで費用が大きく変わります。一般的には土地も購入する場合が多く、費用のなかで大きな割合を占めるでしょう。

 

土地は立地によって金額に差があり、都心や駅近など便利な場所は高い傾向があります。もし希望する土地がある場合は、事前に相場を調べておきましょう。

 

建築費用

 

注文住宅を建てるための費用で、基礎工事や内装仕上げ、設備機器の設置など建設にかかる工事全般の費用が含まれます。依頼先のハウスメーカーなどによって、坪単価の建築費用もさまざまです。

 

【保存版】ハウスメーカーの坪単価一覧!各業者の費用・相場を比較しよう

  注文住宅で家を建てようか考えている人で、坪単価を基準にして業者選びをする方も多いと思います。坪単価を業者選びの基準にして、建築費用が高い、安いの判断をして業者を選ぶことは間違っていません ...

続きを見る

 

諸費用

 

注文住宅購入では諸費用も高額になり、目安は物件価格の5〜8%、200万円前後もかかります。諸費用には、不動産取得税や印紙税などの税金、所有権移転登記やそれに伴う司法書士報酬、火災保険料などがあります。そのほか住宅が完成したあとの引っ越し代や、家具・家電などを購入する費用も含めておきましょう。

 

上記のほかにも、考えておくべき費用があります。たとえば地鎮祭や上棟式を行うなら、それぞれ10万円前後かかります。また地盤によっては、調査費用や改良費用などが発生する場合もあります。ですから予算を考える際は、あとから出費が増えても対応できるように、余裕を持って設定することがおすすめです。

 

\完全無料/
オリジナルの間取りプラン作成

注文住宅の予算の決め方を解説!

 

注文住宅の魅力は自由度が高いことです。ただ希望を増やすと金額もどんどん高くなってしまうので、まずしっかりと予算を決めることがとても重要です。ではどのようにして予算を決めるとよいのでしょうか。

 

一般的な予算のイメージ

 

まず注文住宅の購入では、どのくらいの金額が一般的と思われているのかご紹介しましょう。

 

イメージされている金額として多いのは、2,000万〜3,000万円台です。およそ80%の人が、このあたりの金額を考えているというアンケート結果があります。できるだけ希望通りの家にすることと生活費との兼ね合いを考えて、このくらいの金額が妥当だと考えている方が多いようです。

 

予算の目安は年収の約5倍

 

注文住宅を購入するための予算は、年収の約5倍が目安とよくいわれます。ただし光熱費や教育費など、生活にかかるお金はそれぞれ違います。また年収が1,000万円の人と500万円の人では、生活費を除いて残る金額も変わるでしょう。

 

ですから一概に年収の5倍とは思わず、ご自分の生活費や将来必要になるお金を貯蓄することも考えたうえで、予算を決めることがおすすめです。

 

予算の決め方で参考にしたい計算式

 

年収×年収倍率+自己資金−諸費用

 

ポイント

注文住宅の購入予算を求めるには、「年収×年収倍率+自己資金−諸費用」に当てはめて計算してみましょう。

 

年収倍率は年収の約5倍が目安とご紹介しましたが、「2015年度フラット35利用者調査」によると約6.1倍が全国平均です。諸費用は仲介料や登記費用などの経費のことで、現金で支払うことになります。ですから現金はすべて頭金にせず、諸費用を残すように注意しましょう。個人差がありますが、平均200万円かかるといわれています。

 

では実際に計算例を挙げてみます。年収500万円、自己資金500万円、年収倍率6.1倍、諸費用200万円で計算してみましょう。すると式は「500万円×6.1倍+500万円−200万円」になり、3,350万円の注文住宅が購入できることになります。
けれども年収倍率と同じく、この計算式も予算の目安にするのがおすすめです。予算を決めるときはこの計算を参考にしつつ、ご自分の家計に見合った金額を設定しましょう。

 

予算の決め方では住宅ローンをいくら借りられるかがポイント

 

注文住宅を建てる場合には、多くの方が住宅ローンを利用することになるでしょう。住宅ローンの年間返済額の目安は、一般的に年収の25%以内といわれています。

 

年収から住宅ローン借入金額を知るためには、住宅金融支援機構の「住宅ローンシミュレーション」がおすすめです。たとえば一般的なローン返済額の年収25%を当てはめて、金利1.5%、ボーナス加算なしで35年ローンを組んだ場合は次のようになります。

 

  • 年収300万円の場合…借入金額2,041万円
  • 年収500万円の場合…借入金額3,396万円

 

ですから、まずご自分が住宅ローンの返済に使える金額は月いくらになるかを考えて、12を掛けて1年分を計算し、それが年収の何%になるかを割り出してシミュレーションしてみましょう。そのようにして算出した住宅ローン借入金額と、頭金に使える自己資金を足したものが、注文住宅の購入予算になるのです。

 

算出した予算に合わせて内容を決めよう

 

注文住宅の購入にかけられる予算がだいたい分かったら、まずご自分がこだわりたい部分を決めて、それからその他にかけられる金額を決めましょう。便利な立地がいい、おしゃれな建物にしたい、設備機器にこだわりたいなど譲れない部分にかける金額を決めてから残りの金額を他に割り振ると、それぞれに使えるおおよその金額を決められます

 

たとえば土地の立地にこだわった結果、建物は1,000万円台の予算になった場合は、その予算に合わせて建てられるハウスメーカーを探したり、予算内におさまるような建物にしたりするとよいでしょう。すると建物の間取りをシンプルにする、建物の坪数を減らすなど、必要な対策も分かってきます。

 

予算オーバーしてしまった場合の対処方法

 

注文住宅の予算は注意点も押さえて決め方を考えよう

 

土地代や建物代にばかり目がいって忘れてしまいがちなのが、注文住宅を建てたあとに必要なお金です。

 

注文住宅を建てたあとに必要なお金

 

たとえば建物の維持費や修繕費。マンションであれば修繕費は毎月積み立てですが、一戸建ての場合はご自分で意識して準備をする必要があります。

 

具体的には、まず10年前後が外壁や屋根、クロスなどの修繕を考える時期になるでしょう。20年目頃からは、キッチンや浴室など水回りのリフォーム、給湯器などの設備の交換、さらに建物本体の修繕が必要になる場合もあります。また家族構成の変化で、間取りを変更することになるかもしれませんね。

 

ですから必要な時期にすぐ対応できるように、少しずつ積み立てを心がけることが大切です。修繕費を積み立てる余裕を残して、予算を考えるとよいでしょう。

 

また固定資産税も重要です。一般的に固定資産税は、月換算すると1〜2万円といわれています。つまり住宅ローンの返済にプラスして、この金額が毎月必要になるのです。ですから住宅ローンの金額を決めるときは、現在の生活費だけではなく、固定資産税の支払いも考えて余裕があるプランにしましょう。

 

まとめ

 

注文住宅を建てることになったら、まず重要になるのが予算の決め方です。はじめに予算をきちんと決めておくと、完成後も安心して生活できることにつながります。また予算が少なくても、希望に近い住宅を建てる方法はいろいろあります。こちらのブログを参考にしていただき、適切な予算で満足できる注文住宅を建てられるといいですね。

月々6万円でフルオーダー可能!理想の家を手に入れる方法

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 家賃の支払いが無駄に感じる
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい
  • 何から初めていいかわからない

 

などなど。

 

私の場合、元々賃貸暮らしで月に8万円近い家賃を支払っていました。東京で8万円の家賃のマンションだと、皆さんのご想像通り、築25年以上・1DK、バストイレ一緒...。しかも、奥さんと2人暮らしだったので、まさに家での生活は苦痛でしかありませんでした。

 

そして何より、絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になることに絶望感すら感じてました....。

 

絶対に返ってこない8万円の家賃が無駄になる

 

で、そこで考えたのが家を建てるという選択肢でした(詳しくは私の家づくり体験談をご覧ください)。家を建てれば家賃程度・もしくわそれ以下の支払いで済むことが多いのです。

 

注文住宅と賃貸暮らしの比較

 

どうせ、同じ金額を支払うのであれば、自分の資産になる注文住宅を建てる方が絶対にいいですよね。老後資金2,000万円問題なども話題になっていますが、このまま家賃をドブに捨てるのはもったいない!老後に備えて賢く資金形成をしてお金をためる必要があるのです。

 

月6万円〜建てれる注文住宅を探す

 

不安を感じている方に朗報!戸建て購入の最大のチャンス

 

上記で記載した通り、家を建てるということに対して、様々な悩みがあると思います。私も最初は、「自分の年収で支払っていけるのか?」「失敗したらどうしよう。。」「建てるからにはこだわりたい」など、かなり悩みました。

 

これから子供が増えて、お金がかかる時期...。しかし、このまま1DKの狭い部屋で生活も大変...。そんな葛藤ばかりでした。しかし、実際に家を建ててみて、住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感してます(笑)。

 

住環境UP、月々の支払いは減り貯金がUP、幸福度UPの三大UPを体感

 

そして今、非常に好条件で家を建てることができます。家を建てるかどうかは置いていて、悩んでいる方はハウスメーカーの話だけでも聞いてみるといいかもしれません。

  1. ハウスメーカーの企業努力で1,000万円台の注文住宅が当たり前
  2. 企業同士の競争もあって、低価格で質の良い施工が可能
  3. 増税後の国の支援策で還元を受けられる

 

ローコスト住宅って聞いたことありますか?簡単に行ってしまうと、安い金額で購入可能な住宅です。ハウスメーカーが広告費や人件費、材料費など余計な費用を使わず建築費用を削減して実現した家です。

 

一戸建て=3,000万という時代は終わりました。私のような低所得者でも、月々10万円以下(6万円〜)の支払いで将来の資産となる一戸建てを建てれます

 

そして、ローコスト=しょぼい家という考えは捨てましょう。先ほどのお伝えした通り、ハウスメーカーの企業努力によって、家の質は全体的に上がっていますし、デザイン性の優れたあなただけの住宅を1000万円台で手に入れることができます。

 

 

試しにカタログをチェックしてみる

 

そして、今なら国の支援を受け家を建てることができます。具体的な支援内容は国土交通省が出している以下の情報を参考にしてください。

 

 

ちなみにこちらの支援は併用可能なので条件によっては100万円以上還元されることもあります。100万円あれば新しい家具や家電にお金を回せますね!

 

このような条件が揃って(私の時は国の支援はなかった....)、2017年に念願のマイホームを手に入れることができました。

賃貸から注文住宅に引っ越した後の変化

 

たくさん悩んだ時間がもったいなく感じますね。住宅ローンは組むなら早い方がいいですし、悩んでいる方は早めに行動することをお勧めします。

 

理想の家を理想の価格で建てれるための業者選び

 

家づくりで一番大切なのがこの業者選びです。この業者選びをミスると、間取りが気に入らない、費用が高くついた、外観デザインが気に入らない...などの後悔が残ってしまいます。特に費用での失敗例で多いのが、他の業者に依頼すればもっと安く家を建てれたという、何とも残念な失敗です。

 

このような失敗をしないためにも、「同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較すること」が大事です。

 

同じ条件・予算内でハウスメーカーをしっかり比較

 

私の家づくり体験談で詳しく語っていますが、知人のアドバイスで「条件にあったハウスメーカーをピックアップしてくれる無料のサービスを使って、効率よく&確実な業者選びができたのです。

 

私が使用した無料サービス

 

なぜ、比較が必要なのかというと、比較することであなたの希望(間取り、予算、設備など)を実現できそうな業者を探すことができるのです。例えば以下のように4社を比較してみると、業者ごとの強みや弱み、相性が浮き彫りになります。

 

 

この場合だと、依頼するしないに限らず、A社かD社は良さそう、B社とC社はNGということがすぐにわかります。

 

無料比較サービスは圧倒的にHOME'S

 

実は、注文住宅の一括無料請求サービスは数多く存在します。その中でも、HOME'S注文住宅が圧倒的におすすめです。

 

 

このようにおすすめ理由はさまざまあるのですが、登録ハウスメーカー数が豊富=選択肢が多いという点は大きなメリットだと思います。選択肢が増えれば、比較できる業者も増えるので、よりよい業者に出会う確率が上がります。

 

そしてHOME'Sを利用すると間取り実例集がもらえるという点も大きなメリットです。いきなり間取りを決めろと言われても、何を考えればいいのかさっぱりですよね?私は全く手も足も出ませんでした(笑)。

 

実際に届いたカタログや間取り参考パンフレット、その他案内

 

間取り実例集には家づくりのアイデアが豊富に眠っています。実例集を参考にイメージを膨らませてみましょう!間取りプランはあなたの家づくりを大きくサポートしてくれるはずです。

 

そして、テーマや予算から業者の絞り込みができるので、効率的に希望にあったハウスメーカーを探し出すことができます。

テーマや予算から探せる

 

そのジャンルに強い業者、予算内で家づくり可能な業者がピックアップされますので、効率よく業者を探し出すことができます。

 

家賃を払い続けるか、資産にして貯蓄を増やして快適な住生活を手に入れるかは、今のあなたの行動次第です!まずは、家づくりの第一歩、から踏み出してみましょう!

HOME'S注文住宅を利用する

-家づくりコラム, 費用・価格

Copyright© みんなの注文住宅|ハウスメーカーを口コミで比較 , 2020 All Rights Reserved.